レシピ 野菜のおかず キャベツ わかめ いりごま ごま油 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 中華・エスニック

わかめとキャベツの炒めナムル

冷蔵5日/冷凍1か月


わかめとキャベツの炒めナムル

今日は、わかめとキャベツを使ったレシピをご紹介します。

歯ごたえの良い塩蔵わかめを使い、キャベツを塩もみしてから使うことで、ボリュームたっぷり、野菜と海藻をモリモリ食べられる、ミネラルや食物繊維が豊富なおかずです。

しっかりと火を通し、水分を飛ばしますので、作り置きとしての日持ちも問題ありません。

にんにくは使用していませんので、お弁当のおかずに、朝食の付け合わせなどにも、手軽に活用いただけます。

レシピについて

戻して切った塩蔵わかめ、太めの千切りにして塩もみしたキャベツを、調味料で炒めて出来上がりです。
写真は8人分です。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 塩蔵わかめ※ 50g
  • キャベツ 1/4個(巻きのゆるい春キャベツなら1/2個)
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • ごま油 小さじ2
  • 輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • こしょう 小さじ1/4
  • いりごま 大さじ1
  • ※今回は肉厚なわかめの歯ごたえを味わいたいので、年中入手しやすい塩蔵わかめを使用しています。生わかめなら150g、乾燥わかめなら15gを目安に使用するとよいです。

8人分

  • 塩蔵わかめ※ 100g
  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • ごま油 小さじ4
  • 輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)
  • 鶏ガラスープの素 小さじ4
  • しょうゆ 小さじ4
  • こしょう 小さじ1/2
  • いりごま 大さじ2
  • ※今回は肉厚なわかめの歯ごたえを味わいたいので、年中入手しやすい塩蔵わかめを使用しています。生わかめなら300g、乾燥わかめなら30gを目安に使用するとよいです。

作り方

step
1
塩蔵わかめは塩を洗い落とし、


わかめ
わかめ

step
2
たっぷりの水に5分浸けて戻します。

わかめを戻している間に、手順5以降のキャベツの下ごしらえを行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
塩蔵わかめを戻すと、3倍程度の重量になります。
わかめを戻す時間は5分までにしましょう。それ以上の時間、水に浸してしまうと、歯ごたえや風味が飛んでしまいます。

わかめ
わかめ
わかめ

step
3
4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切ります。いったん広げて、根元の繋がりを切ってから切ると、食べやすく仕上がります。


わかめ
わかめ

step
4
水気をぎゅっと絞っておきます。

写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

わかめ

step
5
キャベツを切ります。キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツの芯
キャベツの芯

step
6
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
7
7~8mm幅程度(人差し指の1/2幅目安)の、太めの千切りにします。


太めの千切り
太めの千切り

step
8
ボウルに入れ、塩を加え、底からもみ込むように全体を混ぜ合わせ、

ずっともみ込む必要はありません。塩が全体に行き渡るように、底からしっかりとかき混ぜてから5分ほど置くと、次の手順の写真のように、水分がしっかりと抜けます。

キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
9
5分ほど置いてから、水気をぎゅっと絞っておきます。

こちらも写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

キャベツ
キャベツ

step
10
フライパンに、手順4のわかめと、手順9のキャベツ、合わせ調味料を入れ、全体をよく混ぜ合わせて、

まだ火はつけません。

キャベツ
合わせ調味料
合わせ調味料
混ぜ合わせて

step
11
ふたをして、弱めの中火にかけます。


ふたをして

step
12
充分に蒸気が立ったらふたを取り、底から全体を混ぜて水分を飛ばします。


蒸気が立ったら
ふたを取り
水分を飛ばします

step
13
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
出来たてでもおいしいですが、できれば冷蔵庫で2時間ほどよく冷やすと、さらにおいしくいただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • わかめを戻す時間は5分までにしましょう。それ以上の時間、水に浸してしまうと、歯ごたえや風味が飛んでしまいます。
  • キャベツを塩もみする際、ずっともみ込む必要はありません。塩が全体に行き渡るように、底からしっかりとかき混ぜてから5分ほど置くと、水分がしっかりと抜けます。
  • 出来たてでもおいしいですが、できれば冷蔵庫で2時間ほどよく冷やすと、さらにおいしくいただけます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/にら/にんじん(千切り)/もやし
  • 加えておいしい香辛料:にんにくすりおろし/しょうがすりおろし
  • いただく際にトッピングしておいしい具材:青ねぎ小口切り/ごま油
  • スープやラーメンの具材としても。

おすすめ食材、ツール


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。

わかめのレシピはこちらもどうぞ


高野豆腐とわかめの酢の物 柚子胡椒風味
高野豆腐とわかめの酢の物 柚子胡椒風味

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、高野豆腐の酢の物のレシピをご紹介します。 高野豆腐を柔らかく煮て、だし醤油かポン酢をかけて ...

鶏むね肉とわかめの柚子胡椒味噌和え
鶏むね肉とわかめの柚子胡椒味噌和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉とわかめを使ったおかずのレシピをご紹介します。 酒蒸しにした鶏むね肉と、さっとゆで ...

わかめとにんじんの和風ラペ
わかめとにんじんの和風ラペ

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、わかめとにんじんを使ったレシピをご紹介します。 わかめと、スライサーで千切りにしたにんじん ...

わかめとキャベツの炒めナムル
わかめとキャベツの炒めナムル

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、わかめとキャベツを使ったレシピをご紹介します。 歯ごたえの良い塩蔵わかめを使い、キャベツを ...

ノンオイル 糸こんにゃくとわかめの酢の物
ノンオイル 糸こんにゃくとわかめの酢の物

冷蔵1週間 今日は、糸こんにゃくとわかめを酢の物でいただくレシピをご紹介します。 味のしみ込みにくい糸こんにゃくは、下ゆ ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, わかめ, いりごま, ごま油, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 中華・エスニック