レシピ 野菜のおかず 里芋 梅干し かつお節 きざみのり ごま 冷蔵1週間 時間がたってもおいしい 和風

すっきり旨い!里芋の梅和えサラダ

更新日:

冷蔵1週間

里芋の梅和えサラダ
今回は、梅風味が美味しい、里芋の梅和えサラダのレシピをご紹介します。

梅をたっぷり使用していますが、里芋のねっとり感と見事にコラボし、また、里芋は余分な塩分を排出するカリウムが豊富ですので、美味しいだけでなく、体にとてもやさしい一品です。

梅干しの殺菌効果で、作り置きとしても日持ちし、ご飯にはもちろん、酒の肴にもぴったりの一品です。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク


分量を見直しました。里芋、梅肉の量がわからん、味が決まらないというご意見を反映しています。

材料

【4人分】
里芋 6~8個(500g/正味400g)
■合わせ調味料
梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
かつお節 2パック(2.5g~3g×2)
昆布茶 または 昆布だしの素 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
いりごま 大さじ1
■仕上げ(お好みで)
ねぎ小口切り 少々
きざみのり 大さじ2~3(1人分あたり大さじ1目安)
大葉千切り 少々

【8人分】
里芋 12~16個(1kg/正味800g)
■調味料
梅干し 大さじ4(梅干し大8個分)
かつお節 4パック(2.5g~3g×4)
和風だしの素(顆粒) 小さじ4
しょうゆ 大さじ2
いりごま(白、黒どちらでも) 大さじ2
■仕上げ(お好みで)
ねぎ小口切り 少々
きざみのり 大さじ4~6(1人分あたり大さじ1目安)
大葉千切り 少々

具材 2~3人分 4~6人分
里芋 約350g 約700g
■合わせ調味料
梅干し 中4個(ご自宅で漬けた大きなサイズなら2個でOKです) 中6~7個(ご自宅で漬けた大きなサイズなら3個でOKです)
かつお節 1パック(3~5g) 2パック(3~5g×2)
和風だしの素(顆粒) 小さじ2 大さじ1
しょうゆ 大さじ1 大さじ1.5
いりごま(白、黒どちらでも) 大さじ1 大さじ2
■仕上げ(お好みで)
ねぎ小口切り 少々 少々
きざみのり 大さじ2~3(1人分あたり大さじ1目安) 大さじ4~6(1人分あたり大さじ1目安)
大葉千切り 少々 少々

作り方

1 里芋はきれいに洗い、皮ごとゆでます里芋の下ごしらえをします。

里芋はよく洗って、皮のまま蒸すかゆでて柔らかくします。
私は圧力鍋を使ってゆでています。圧力鍋に里芋を入れ、里芋が半分浸かる程度の水を入れて、高圧にセットします。

2 圧力鍋でゆでます圧力がかかったら火を弱めて5分加圧し、火を止め、自然放置で冷ましておきます。

もちろん、普通の鍋でもゆでることができます。鍋に里芋と、里芋がかぶるくらいの水を入れ、竹串がスッと通るまでゆでます。

3 するっと皮がむけます里芋の粗熱が取れたら、皮をむきます。手で簡単にするっと皮をむくことができます。
4 梅干しは種を取り除いて包丁でたたきます合わせ調味料の準備をします。
梅干しは種を取り除いて、包丁でたたきます。
5 ボウルに材料を入れ、全体をよく混ぜ合わせますボウルに、里芋の2/3量を入れて、マッシャーなどで潰します。そこに、手順4の梅干し、合わせ調味料の残りの材料をすべて加え、全体をよく混ぜ合わせます。
6 里芋の残りを加え、ざっくりと混ぜ合わせます手順5で残しておいた、里芋の残りの1/3量を加え、全部潰さないように、切るようにざっくりと混ぜ合わせます。
これで完成です。しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
7 里芋の梅和えサラダいただく際は、1人分ずつ器に盛り、お好みで、仕上げの材料を振りかけていただきます。
作り置きのコツ

  • 里芋は皮ごとゆでたり蒸したりして柔らかくすると、するっと皮をむくことができ、手もかゆくなりません。圧力鍋を使う場合は、高圧にかけましょう。皮ごとゆでますので、低圧だとうまく火が通らず、中が固いままになってしまうことがあります。
  • 味見は手順6のタイミングで行いましょう。4~6人分の調味料の材料は、2~3人分の約1.5倍にしていますので、もし薄いと感じるようでしたら、梅1個分、顆粒だしの素小さじ1、しょうゆ小さじ1を加えて、調整しましょう。
  • 梅干しが入っていますので、殺菌作用が高く日持ちしますが、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 酒の肴にぜひどうぞ。突き出しとして、小鉢に1人前の半量を盛り付け、仕上げの材料を天盛りにしていただくと、梅の風味が食欲をそそり、食が進みます。
  • 梅干しがたっぷり入っていますので、お弁当にも衛生的でよく合います。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、ざっくりつぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べらとしても充分に使え、食洗機できれいに洗える、優秀キッチンツールです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, 里芋, 梅干し, かつお節, きざみのり, ごま, 冷蔵1週間, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.