豚こまのねぎ塩炒め

レシピ 野菜のおかず 長ねぎ にんにく 豚こま切れ肉 ごま油 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:15分 こどもOK 丼飯・のっけ弁の具材 お弁当のおかず 茶色のおかず 緑色のおかず 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

豚こまのねぎ塩炒め

冷蔵5日/冷凍1か月

豚こまのねぎ塩炒め

今日は、長ねぎと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

たっぷりの長ねぎと香ばしい豚肉に、にんにくとごまの香りをきかせた塩味がトロッと絡みます。

食欲を刺激する風味と味付けが、ごはんにとてもよく合います。

メインのおかずや丼飯の具材にはもちろん、麺類との相性が良いので、ラーメンや塩焼きそばの具材として、たっぷりと加えてもおいしくいただけます。

レシピについて

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶして炒め、斜め切りにした長ねぎを加え、調味料を絡めて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 長ねぎ 2本(130~200g×2本)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • ■合わせ調味料
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • にんにくすりおろし 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/4

8人分

  • 長ねぎ 4本(130~200g×4本)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • ■合わせ調味料
  • ごま油 大さじ4(60ml)
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • にんにくすりおろし 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2

作り方

step
1
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
2
長ねぎは根元を切り落として、5mm幅(人差し指の1/3幅目安)、4~5cm長さ(指3本分の幅目安)の斜め切りにします。

この手順も、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

長ねぎは緑色の部分もすべて使います。
緑色の境目の部分は、泥がついていることがありますので、境目を裂くように縦に切り、さらに水洗いすると良いです。

長ねぎ長ねぎ
長ねぎ長ねぎ
長ねぎ長ねぎ

step
3
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

手順1とは別のボウルです。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。

写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
4
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順3の豚肉をほぐし入れ、

サラダ油サラダ油

step
5
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに5~6分ほどそのままにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし

step
6
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
7
手順3の長ねぎを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、手順1の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませます。

合わせ調味料を加える際は、調味料が残らないように、ヘラでかき出しましょう。

長ねぎ長ねぎ
長ねぎ長ねぎ

step
8
ふたをして、充分に蒸気が出るまで5~6分ほど加熱します。

長ねぎ長ねぎ

step
9
ふたを外し、全体をかき混ぜて、味を具材に絡めます。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:もやし/ピーマン/お好みのきのこ類/にんじん/ゆでたけのこ
  • いただく際に添えておいしい具材:いりごま/青ねぎ小口切り
  • 豚バラ肉、豚ロース肉、豚もも肉で作っても。薄切り、しょうが焼き用、どちらでもおいしくいただけます。しょうが焼き用を使う場合は、5~6cm幅に切って使うとよいです。
  • 丼飯、のっけ弁の具材としても。
  • ラーメン、塩焼きそばの具材としても。

おすすめ食材、ツール

最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。

長ねぎのレシピはこちらもどうぞ



もっと見る