レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ しょうが 豚肉 豚こま切れ肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月


玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き

今日は、たっぷりの玉ねぎと豚こま切れを使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

豚肉に片栗粉をまぶして炒め、たっぷりの玉ねぎと調味料を加え、ボリュームたっぷり、とろっとろの炒め煮にします。ほとんどほったらかしで作ります。

玉ねぎの甘味を活かしますので、甘味調味料はごく控えめですが、しっかりと甘いです。

そのままはもちろん、ご飯にたっぷりとかけて、丼飯やワンプレートにもどうぞ。

レシピについて

片栗粉をまぶしつけた豚肉を炒め、玉ねぎと調味料を加えて、とろとろの炒め煮にします。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 2個(300g~400g×2)
  • 豚こま切れ肉 400g
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ4
  • 酒 小さじ4
  • みりん 小さじ4
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分)

8人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 4個(300g~400g×4)
  • 豚こま切れ肉 800g
  • 片栗粉 大さじ8
  • サラダ油 小さじ4
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ8(120ml)
  • 酒 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • みりん 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角1片分)

作り方

step
1
玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って、5mm幅程度(人差し指の幅の1/3目安)に切ります。

写真は新玉ねぎを使用しています。
玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
この作業は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ

step
2
ボウルに合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業も、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉
豚こま切れ肉
豚こま切れ肉

step
4
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順3の豚肉をほぐし入れ、


サラダ油
豚薄切り肉

step
5
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5~6分ほどほったらかしにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。

ほったらかし

step
6
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

ほぐす

step
7
手順1の玉ねぎを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、


玉ねぎ
玉ねぎ

step
8
手順2の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませたら、ふたをします。


合わせ調味料
全体になじませたら
ふた

step
9
3~4分ほど経ち蒸気が充分に出たら、さらに7~8分ほど炒め煮にします。

火加減は弱めの中火のままで構いません。
玉ねぎの甘味を引き出してとろとろにし、豚肉にしっかりと火を通します。
焦げ付きが気になるようなら、途中1度かき混ぜるとよいです。

合わせ調味料

step
10
玉ねぎがとろとろになり、水分が飛んだら、ざっと全体を底からかき混ぜて、汁気を飛ばします。

写真のように、フライパンの底をヘラでなぞれるようになるまで煮切ります。

底からかき混ぜて
汁気を飛ばします

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:糸こんにゃく/お好みのきのこ類/じゃがいも/長芋
  • たっぷりのキャベツを添えたり、リーフレタスをしいた上に盛り付けても。
  • お好みで、輪切り唐辛子や一味唐辛子を加えても。
  • レタスで巻いても。かいわれ大根などと一緒に巻いても良いです。
  • 丼飯や、のっけ弁に。お好みで、青ねぎの小口切り、海苔、七味唐辛子をかけても。こってり味がお好みの方は、卵やマヨネーズを落としても。
  • マヨネーズも合いますが、だいぶこってりします。コテコテです。
  • かた焼きそば、パスタの具材としても。
  • 夏はそうめんや、冷やしうどんにたっぷりとかけても。
  • 肉豆腐としても。だし汁でのばして、豆腐を加えます。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。


しょうが

しょうが大好きです。便利なチューブに頼ることもありますが、基本的には生しょうがを買い、おろしたりカットしながら使っています。

使いさしのしょうがは、水につけて冷蔵庫で保存すると、みずみずしいままずっと長持ちします。週1回水を替えれば、3~4週間は保存できます。

保存容器は、直径3~4cmなら写真のジップロック コンテナー130ml、もっと長いものならカットして長方形300mlがちょうどよいサイズです。


愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

豚肉のレシピはこちらもどうぞ


アスパラガスと豚肉のスタミナ炒め
アスパラガスと豚肉のスタミナ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、アスパラガスと豚こま切れ肉で作る、メインおかずのレシピをご紹介します。 アスパラガスには、 ...

豚こまの梅だれ漬け
豚こまの梅だれ漬け

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚こま切れ肉をあっさりさっぱりといただく、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚肉には、 ...

たっぷりレタスのひき肉味噌炒め
たっぷりレタスのひき肉味噌炒め

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのレタスを、ひき肉味噌で、とろとろの炒め煮にするレシピをご紹介します。 レタスは熱 ...

玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き
玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの玉ねぎと豚こま切れを使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚肉に片栗粉を ...

しょうがたっぷり 豚こまのしぐれ煮
しょうがたっぷり 豚こまのしぐれ煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚こま切れ肉のしぐれ煮のレシピをご紹介します。 砂糖は使っていませんが、しっかりとした甘辛 ...


もっと見る

\ たちまち増刷 / 新刊「やさしい作り置き」ご紹介動画

全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧いただけますと幸いです。

最新刊
やさしい作り置き

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 玉ねぎ, しょうが, 豚肉, 豚こま切れ肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.