鉄分&たんぱく質補給に!ひじきと玉ねぎのツナマヨサラダ

冷蔵5日

ひじきと玉ねぎのツナマヨサラダ
鉄分と食物繊維がたっぷりのひじきは、常備しておくと体調管理の心強い味方になります。

ひじきとスライスした玉ねぎを、たっぷりのごまと一緒にツナマヨで和えて完成。
ひじき煮は苦手という方にもおすすめ。洋風のアレンジが広がる、おいしい一品です。

レシピについて

Cpicon ヘルシーオイシーひじき と ツナのサラダ by しゅう☆みり
このレシピをもとに、ひじきをかなり多め、しょうゆを白だし(めんつゆでもOK)に変更しています。

材料(8人分)

乾燥ひじき 20g
玉ねぎ 3~4個
ツナ 大1缶(165g)
マヨネーズ 大さじ6
白だし(めんつゆでもOK) 大さじ1
すりゴマ 大さじ3
ごま油 大さじ1
(お好みで)枝豆、さやいんげんなど

作り方

1 ひじきは戻して水気を切りますひじきはたっぷりの水に20~30分間浸けて戻します。

上のほうからすくうようにしてざるに取り、ざるに入れたまま2~3度水をかえて軽くすすぎ、水けをよく切ります。

砂などがついていることがあるので、砂を落とすように、ひじきをすくって取り出します。

2 玉ねぎをスライスして水にさらします玉ねぎはスライサーでスライスし、水にさらしてから、水気を切り、手でぎゅっと絞ります。

水にさらすことで辛みが取れ、水気をよく絞ることでシャキシャキの仕上がりになります。

3 ひじきをごま油でサッと炒めますフライパンにごま油を熱し、戻したひじきをサッと炒め、冷ましておきます。

あまり強く炒めると、ひじきの表面がむけてしまうので、全体に油が回るくらいにしましょう。

4 玉ねぎとすりごまを和えますボウルに玉ねぎとすりごまを入れ、よく混ぜ合わせます。
すりごまで玉ねぎの水分を止めます。
5 よく混ぜ合わせます手順4に冷ましたひじき、ツナ、マヨネーズ、めんつゆを加え、よく混ぜ合わせて出来上がりです。
作り置きのコツ

  • 玉ねぎの水気はよく切って、炒めたひじきは冷ましてから和えましょう。
  • 彩りに茹でた枝豆や、さやいんげんを加えると、栄養価も高くなり、見た目にも良いですね。さやいんげんを加える場合は、塩を加えたお湯でさっと茹でて、すぐに冷水に取ってしっかり色止めしておきましょう。
アレンジのヒント

  • 耐熱皿に入れてチーズをかけてグラタンに。とろっとろになった甘い玉ねぎと、マヨネーズ風味のじんわりあつあつソースがおいしいです。
  • パンに乗せて、はさんで。バケットにも合います。
おすすめ食材、ツール
1升パックとの比較
この芽ひじきは、コストパフォーマンス、品質とも、とても気に入りましたので、2袋目を購入しました。中国産、1kgで1,725円という破格値です。

国産よりは少し小ぶりかな?とは思いますが、味、使いやすさ、量に惚れ込みました。なんせ1kgですから、炒り高野はもちろん、サラダ、混ぜご飯に、遠慮なくガンガン使えます。小ぶりなのがかえって使いやすいです。

私は週末の作り置きで、ひじき料理を2~3品作りますので、1回に40~50gほど使いますが、それでも半年ほど持ちます。

海草やミネラルを、惜しみなくたっぷりといただけるのが、何より嬉しいです。上記写真は料理酒1升パックとの比較です。

国産のひじきなら、有明産のこちらがおすすめです。130gで1,080円というお得用サイズが出来たのが嬉しいです。
国産ですので、ちょっとお高めですが、スーパーで購入するよりは安価かと思います。

一つひとつが、肉厚でしっかりしたひじきです。ひじきそのものの歯ごたえ、味、香りを存分に堪能することが出来ますので、私はハレの日のおもてなし用として購入しています。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ