レシピ 野菜のおかず ピーマン なす パプリカ 鶏肉 ナンプラー 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 中華・エスニック タイ料理

簡単速攻!爽やかな辛さ!野菜たっぷりグリーンカレー

更新日:

冷蔵5日

グリーンカレー
カレーは何だかんだ手間がかかります。
香辛料を揃えて丁寧に挽いて、もしくはちょっとおいしいルーを調達して、肉を下味に漬けている間に、玉ねぎを丁寧に炒めて、じっくり煮込むスパイスは何にしよう……。

そんなふうにあれこれ考える時間は楽しいかもしれませんが、忙しい毎日、そこまで考えているヒマはなく、ごはんまだーのステレオ合唱が。だいたいそんな時は自分も腹が減ってます。

おなじみのタイ料理のひとつ、グリーンカレー。これは、簡単・短時間で完成します。
野菜たっぷりで彩り良く、作り置きが利くのもいいですね。
何より、決まったスパイスを順に加えるだけ、しかもおおざっぱでOK!なのが嬉しいです。

今回は、爽やかな辛さがおいしい、野菜たっぷりグリーンカレーのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

レシピについて

グリーンカレーペースト、ココナツミルク、ナンプラーを調達すれば、あとは順にどんどん加えていくと出来上がります。
写真はたっぷり8人分です。

材料


【4人分】
鶏肉(牛肉、豚肉でもOK) 300g
濃いココナツミルク(ココナツクリーム) 120ml
薄いココナツミルク(ココナツクリーム+ほぼ同量の水を混ぜて作る) 250~280ml
グリーンカレーペースト 大さじ1~3
なす 3本
パプリカ 1個(赤色と黄色半分ずつがキレイ)
お好みの野菜(ピーマン、ししとう、しめじ、細切りたけのこなど) 合計200gくらい
ナンプラー 大さじ2
パームシュガー または きび砂糖か三温糖 大さじ1
鶏がらスープの素 大さじ1
■飾り用トッピング(あれば)
バジル、パクチー、ミント、バイマックル お好みでどうぞ

【8人分】
鶏肉(牛肉、豚肉でもOK) 600g
濃いココナツミルク(ココナツクリーム) 180ml
薄いココナツミルク(ココナツクリーム+ほぼ同量の水を混ぜて作る) 380~420ml
グリーンカレーペースト 大さじ2~5
なす 6本
パプリカ 2個(赤色と黄色1個ずつがキレイ)
お好みの野菜(ピーマン、ししとう、しめじ、細切りたけのこなど) 合計400gくらい
ナンプラー 大さじ2~3
パームシュガー または きび砂糖か三温糖 大さじ1.5
鶏がらスープの素 大さじ1.5
■飾り用トッピング(あれば)
バジル、パクチー、ミント、バイマックル お好みでどうぞ

具材 4人分 8人分
鶏肉(牛肉、豚肉でもOK) 300g 600g
濃いココナツミルク(ココナツクリーム) 120ml 180ml
薄いココナツミルク(ココナツクリーム+ほぼ同量の水を混ぜて作る) 250~280ml 380~420ml
グリーンカレーペースト 大さじ1~3 大さじ2~5
なす 3本 6本
パプリカ 1個(赤色と黄色半分ずつがキレイ) 2個(赤色と黄色1個ずつがキレイ)
お好みの野菜(ピーマン、ししとう、しめじ、細切りたけのこなど) 合計200gくらい 合計400gくらい
ナンプラー 大さじ2 大さじ2~3
パームシュガー または きび砂糖か三温糖 大さじ1 大さじ1.5
鶏がらスープの素 大さじ1 大さじ1.5
■飾り用トッピング(あれば)
バジル、パクチー、ミント、バイマックル お好みでどうぞ お好みでどうぞ

作り方

1 グリーンカレーの材料グリーンカレーは、このような材料を使って作ります。
2 鶏肉は一口大に切ります肉は一口大に切ります。

今回は鶏むね肉を使っています。仕上がりに臭みがなく、あっさりしておいしいですよ。

3 ココナツミルクを温め、グリーンカレーペーストを加えて溶かします鍋を中火にかけ、ココナツミルクを温め、グリーンカレーペーストを加えて溶かします。
4 ペーストが溶けたら、鶏肉を加えますペーストが溶けたら、鶏肉を加え、表面が白くなるまで加熱します。
5 薄いココナツミルク薄いココナツミルクは、元のココナツミルクに、適当に水を混ぜればOKですよ。
6 鶏肉の表面が白くなったら、薄いココナツミルクを加えます鶏肉の表面が白くなったら、薄いココナツミルクを加えます。
7 なすは一口大に切ります鶏肉に火を通している間に、なすを準備します。

なすはヘタを取り除いて、一口大に切ります。皮はむかなくてもいいですし、すぐに調理するのであれば、アク抜きもいらないですよ。

8 なすが柔らかくなるまで煮ますなす、鶏がらスープを加え、なすが柔らかくなるまで煮ます。
9 パプリカを切りますなすを煮ている間に、パプリカを切ります。ヘタと種を取り除き、縦に細切りにします。
10 ししとうなら半分の長さに斜め切りにしますお好みの野菜を切ります。今回はししとうを使っています。キッチンバサミなどでヘタを取り除いたら、半分くらいに斜め切りにしましょう。
11 煮込みますパプリカ、ししとう、お好みの野菜、ナンプラー、パームシュガーを加え、再びよく沸騰するまで煮ます。

全体がよく沸騰したら、味見をします。
味の調整は、単純です。辛すぎたりココナツミルクが濃すぎる場合は、ここで余ったココナツミルクまたは水を追加します。甘味がもっと欲しい場合は、パームシュガーを追加します。

12 ひと煮立ちしたら、出来上がりですひと煮立ちしたら、出来上がりです。

いただく際に、バジル、パクチー、ミント、バイマックルなどを添えると、より本格的で、見た目にもおいしいですよ。

作り置きとして保存する際は、粗熱が取れたら、充分に消毒した容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • グリーンカレーペーストは、見た目よりうんと辛いです。火を通すほど辛さが増します。ですので、辛いのが苦手な方は、手順3では大さじ1程度の控え目の量から作り始め、手順11で味を見てから、少しずつ加えると良いです。
  • ナンプラーはおいしいので外せませんが、入れ過ぎると塩辛くなるので注意しましょう。
  • 鶏ガラスープの素+水の代わりに、蒸し鶏を作る際に出来たスープを加えると、とってもおいしいですよ。
  • よく消毒した容器に入れて保存しましょう。
アレンジのヒント

  • 普通の国産米と一緒にいただいても充分おいしいですが、ジャスミン米、そうめん、フォー、春雨が良く合います。その際、そうめん、フォー、春雨は、あらかじめ戻したものを使用しましょう。グリーンカレーで戻すと、非常に辛くなり、スープもなくなり、残念な感じになります。
  • 付け合わせは、ぜひヤムウンセンで。そしてお時間があれば、棒々鶏(バンバンジー)をライスペーパーでゴイクン(生春巻き)にしたものも添えると、立派なエスニック料理のおもてなしメニューになります。ちなみにグリーンカレーとヤムウンセンはタイ料理、ゴイクンはベトナム料理です。
  • 手順11でムキエビやイカなどの魚介類を加えると、さらにおいしいですよ。
おすすめ食材、ツール
グリーンカレーは独特の調味料が多いですが、意外と安価で入手しやすいのがうれしいです。
私の使用している調味料をご紹介しますね。
リンクを貼っておきますが、もしお近くにカルディコーヒーファームがあれば、すべてカルディのほうがお安く入手できるはずです。

■グリーンカレーペースト
メープロイが入手しやすく、独特の風味と爽やかな辛さがおいしいです。ユウキ食品が輸入販売している商品が多いですね。

■ココナツミルク
チャオコーのココナッツミルクは風味が良くて、使いきりの少量パックでとても使いやすいです。紙パックなのでゴミに出しやすいのもいいですね。

■ナンプラー
天秤マークが目印の「トラチャン バランス」のナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、タイ料理の仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識がえっ?と変わるくらい、とてもおいしくいただけます。ふたを開けると突起が付いていますので、その突起をキッチンバサミやナイフなどでカットして使います。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, ピーマン, なす, パプリカ, 鶏肉, ナンプラー, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック, タイ料理

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.