レシピ お肉のおかず 鶏むね肉 鶏ひき肉 豆腐 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風

目分量で全然OK!もう買わない!安価で簡単すぎるチキンナゲット

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

簡単すぎるチキンナゲット
おかずにチキンナゲットを出すと子供は大喜び、ビールにも合う。お弁当のおかずにも活躍し、日持ちもする。

でも、本格的に作ると、実は割と面倒です。
肉を叩いて練って寝かせて整形し、バッター液に浸け、油で二度揚げ。これが王道本格の手順のようです。

ところが、テキトーに材料を混ぜてフライパンで焼いたら、速攻出来て、あらおいしい!正直これはちょっとショック。

今回は、びっくりするくらいテキトーで簡単な、しかもおいしいチキンナゲットのレシピをご紹介します。
鶏むね肉特価の日に、ぜひお試しいただきたい一品です。

スポンサーリンク

レシピについて

材料を混ぜて揚げ焼きにしたら出来上がりです。
外はカリッと、中はふっくら仕上がります。

材料

【約4人分(20個くらい)】
鶏むね肉 500g
豆腐 1/2丁(150g)
卵 1個
油 フライパンに5mm~1cm程度
■調味料
酒 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
マヨネーズ 大さじ2
小麦粉 または 片栗粉 大さじ8(約70g・2/3カップ)
塩 小さじ2/3
こしょう 小さじ1/4
お好みのスパイス※(あれば)少々

※スパイスは、後述「アレンジのヒント」で詳しくご紹介します。

【約8人分(40個くらい)】
鶏むね肉 1kg
豆腐 1丁(300g)
卵 1個
油 フライパンに5mm~1cm程度
■調味料
酒 小さじ4
しょうゆ 小さじ4
マヨネーズ 大さじ4
小麦粉 または 片栗粉 大さじ16(約140g・1+1/3カップ)
塩 小さじ1+1/3
こしょう 小さじ1/2
お好みのスパイス※(あれば)少々

※スパイスは、後述「アレンジのヒント」で詳しくご紹介します。

具材 約4人分(20個くらい) 約8人分(40個くらい)
鶏むね肉 500g 1kg
豆腐 1/2丁(150g) 1丁(300g)
1個 1個
フライパンに5mm~1cm程度 フライパンに5mm~1cm程度
■調味料
小さじ2 小さじ4
しょうゆ 小さじ2 小さじ4
マヨネーズ 大さじ2 大さじ4
小麦粉 または 片栗粉 大さじ8(約70g・2/3カップ) 大さじ16(約140g・1+1/3カップ)
小さじ2/3 小さじ1+1/3
こしょう 小さじ1/4 小さじ1/2
お好みのスパイス※(あれば) 少々 少々

※スパイスは、後述「アレンジのヒント」で詳しくご紹介します。

作り方

1 鶏肉はフードプロセッサーで粗挽きにします鶏肉は皮を取り、ぶつ切りにしてから、フードプロセッサー(以下フープロ)で荒目に挽きます。フープロがなくても全く問題ありません。
皮を取った鶏肉を、大雑把で良いので、包丁で叩いて細かくします。むしろ、包丁で叩いたほうがおいしく仕上がります。

フープロを使う場合は、あまり細かく挽かないように注意しましょう。仕上がりが硬くなりやすいです。

2 ボウルに材料を入れますボウルに挽いた鶏肉と塩こしょうを入れ、粘り気が出るまでよく混ぜ合わせます。
ここでしっかりと混ぜ合わせることで、残りの材料が分離せずよく馴染みます。

次に、豆腐、卵、調味料を全て入れます。豆腐は水を切らないで、そのまま加えましょう。えっ、と思われるかもしれませんが、チキンナゲット、肉団子やつくねを作る際は、水分をあえて加えたほうが、パサつかずしっとりし、調味料がよく馴染んだ仕上がりになります。

3 よく混ぜ合わせます粘り気が出るまで、よく混ぜ合わせます。私はいつも手で混ぜ合わせています。
素手で混ぜ合わせる場合は、手を水で濡らしてから行うと、後から油分や粉が落としやすくなります。

アレルギーや手荒れの方は、大きめのビニール袋か、長めのビニール手袋をはめて混ぜ合わせると、問題ないかと思います。私も秋から冬場は、荒れてガビガビの手になりますので、衛生面もありますが、しみて痛いので、ビニールを使って混ぜていますよ。

タネは、整形できない程度の、かなりの柔らかさですが、問題ありません。

4 油をひいたフライパンで焼きますフライパンの底から5mm~1cm程度の油を温め、手順3で出来たタネを一口大ずつ分け入れて、中火で焼いていきます。
油が少な過ぎると、揚がらず、まったく別物の何かになってしまいます。油は最低でもフライパンの底から5mm程度は入れましょう。

一口大ずつ分け入れる際は、水で濡らしたスプーンを使うと良いです。
手で入れていく際は、1)まず両手を水で濡らして、2)片手でタネを適当につかんで、3)ぎゅっと握って人差し指と手のひらの間のくぼみから出したタネを、4)もう片方の手で受けて簡単に丸めるようにすると、あまり手が汚れずに、同じ大きさでタネを分けることが出来ますよ。

5 IMG_1370私はだいたい1度に40~60個作るので、ガスレンジ2台を使って量産しています。
6 薄いキツネ色になったらひっくり返します両端が白くなってきたら、焼いているほうを確認してみて、薄いキツネ色になっていたら、1つずつひっくり返していきます。1つずつひっくり返すのは、すごく面倒に思えますが、裏面がキツネ色になっている時点で整形が固まっていますので、菜箸や木ベラで、手早く簡単にひっくり返すことが出来ますよ。
7 両面を焼きます両面とも薄いキツネ色になったら出来上がりです。手順6でひっくり返したら、3~4分でいい色になっていると思います。予熱でしっかり火が通りますので、薄めのキツネ色のうちに火から下ろし、キッチンペーパーをひいた網か大皿にどんどん受け止めていきます。

これで出来上がりです。
冷凍する場合は、出来上がったチキンナゲットを、粗熱が取れてから、ラップに1回分ずつ平らに並べて、なるべく空気が入らないようにラップで包んでから、ジップロックなどの袋に入れて封をして冷凍します。

作り置きのコツ

  • 柔らかく仕上げるには、1)鶏肉は大雑把に挽き、あまり細かくしすぎないこと、2)手順3で粘り気が出るまでよく混ぜ合わせることです。
  • 卵抜きでも問題ありません。また、豆腐がなくてもOKです。豆腐なしの場合は、卵をもう1個追加すると、なめらかさが増します。
  • 小麦粉(または片栗粉)の量は、お好みの硬さになるよう調整いただければ問題ありません。
  • 油が少な過ぎると、揚がらず、まったく別物の何かになってしまいます。油は最低でもフライパンの底から5mm程度は入れましょう。
アレンジのヒント

  • スパイスを色々使うと、肉の臭みも取れて、風味が良くなり、ぐっとおいしくなります。ただし、入れ過ぎると薬臭い仕上がりになりますので、4人分あたり下記の分量までに抑えましょう。バリエーションの一例をご紹介します。
  • ベース(各小さじ1までOK) 追加(合計小さじ1/2までOK)
    にんにくすり下ろし × オールスパイス
    ナツメグ
    クローブ
    クミン
    黒こしょう
    ガラムマサラ
    +にんにくすり下ろし
    × クミン
    ターメリック
    コリアンダー(パウダー)

     

  • 小麦粉の代わりに、玉ねぎとじゃがいもを1個ずつすり下ろしたものを使うと、野菜たっぷりでふわふわの食感になります。
  • そのままでもおいしいですが、ケチャップや粒マスタードをつけてどうぞ。さらに、いろいろなソースで楽しむことができますよ。
    * ケチャップ1:粒マスタード1:ソース1
    * ケチャップ1:マヨネーズ1
    * マヨネーズ2:粒マスタード1:レモン汁1
    * マヨネーズ3:おろしにんにく1:レモン汁1
    * マヨネーズ3:カレー粉1
おすすめ食材、ツール
愛用品のフードプロセッサーです。「きざむ」「する」「まぜる」「くだく」「あわだてる」「こねる」「おろす」の1台7役、低速から高速まで無段階変速で「思った通り」の仕上がりになります。また、非常に音が静かで、洗いやすく衛生的なのも嬉しい限りです。もっと早く買えばよかったと、使う度に後悔している商品です。

鶏ひき肉メインのおかずは、こちらのレシピもどうぞ

こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ
こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ

豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり
豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり

のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ
のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, お肉のおかず, 鶏むね肉, 鶏ひき肉, 豆腐, , 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.