レシピ 常備菜 お肉のおかず 鶏むね肉 いりごま 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

あっさり 鶏むね肉のさっぱり焼き

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

鶏むね肉のにんにく照り焼き
今日は、鶏むね肉をあっさり甘酸っぱく仕上げるレシピをご紹介します。

固くなりがちな鶏むね肉は、いろいろな調理方法がありますが、今回は、あらかじめ細かく切っておき、片栗粉とごま油が入った調味料に漬け込むことで、しっとり柔らかく仕上げる、という方法をご紹介します。
細かく切るので、すぐに火が通るのもうれしい点です。
今回の味付けは、あっさりと食べやすい甘酢味に、たっぷりのごまを絡めました。

スポンサーリンク

レシピについて

鶏むね肉を1.5cm程度の幅に切り、調味料に漬け込んでから焼きます。
調味料に付けた状態で半調理保存可です。

材料

4人分
鶏むね肉 2枚(250g~350g×2枚)
ごま油 小さじ2
いりごま 大さじ2
■合わせ調味料
酢(米酢がおすすめ) 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
ごま油 大さじ1
片栗粉 大さじ1
8人分
鶏むね肉 4枚(250g~350g×4枚)
ごま油 小さじ4
いりごま 大さじ4
■合わせ調味料
酢(米酢がおすすめ) 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
ごま油 大さじ1
片栗粉 大さじ1

作り方

1 鶏むね肉は、1.5cm幅×7~8cm長さ鶏むね肉は、1.5cm幅×7~8cm長さ=人差し指ぐらいの大きさになるように切ります。
まずは、取り扱いやすい大きさに切ってから、

2 分厚い部分は、肉の厚さをそぐように切り、分厚い部分は、肉の厚さをそぐように切り、

3 肉の繊維を断つように、肉の繊維を断つように、1.5cm厚さ程度になるように切ります。だいたいで構いません。

4 人差し指程度の幅に切っていきます。人差し指程度の幅に切っていきます。
多少細くなっても構いませんので、太すぎることのないようにしましょう。

5 もみ込みます。丈夫な袋に、切った鶏むね肉と、合わせ調味料の材料を入れ、もみ込みます。
この状態で冷蔵3日/冷凍1か月保存可能です。

6 弱めの中火フライパンを弱めの中火にかけます。炎が、フライパンの底よりも少し下くらいになるようにするとよいです。

7 ごま油をフライパン全体に薄くひきます。ごま油をフライパン全体に薄くひきます。

8 手順5の鶏むね肉を、漬け汁の水気を軽く切ってフライパンに広げます。手順5の鶏むね肉を、漬け汁の水気を軽く切ってフライパンに広げます。残った漬け汁は、あとで使いますので、捨てずにおきましょう。

9 ふたをして4分ほど加熱し、蒸気が立ってきたら、ふたをして4分ほど加熱します。蒸気が立ってきたら、

10 ざっと全体を混ぜ合わせ、ふたを開けてみて、焼き目が付いていることが確認できたら、ざっと全体を混ぜ合わせます。

この時点で、水分がたっぷり出ていることがあります。失敗ではありませんので、あわてなくて大丈夫です。
ふたを外し、しばらくそのまま放置して加熱し、時々ざっとかき混ぜ、水分を飛ばしてあげるとよいです。

11 ふたをして、さらに1~2分ほど加熱し、ふたをして、さらに1~2分ほど加熱し、鶏むね肉に火を通します。

12 鶏むね肉が焼けたら、強めの中火にします。鶏むね肉が焼けたら、強めの中火にします。
炎がフライパンの底に当たり、少し折れ曲がるかな、という程度が目安です。

13 残った漬け汁をフライパンに加え、残った漬け汁をフライパンに加え、ざっとかき混ぜて全体に絡め、

14 いりごまも加えて、いりごまも加えて、ざっとかき混ぜて、全体に絡めて火を止めます。

15 冷蔵庫で保存します保存する際は、粗熱が取れてから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 鶏肉は人差し指の大きさを目安に切ります。多少細くなっても構いませんので、太すぎることのないようにしましょう。
  • 保存する際は、粗熱が取れてから、よく消毒した保存容器に移し替え、冷蔵庫で保存しましょう。
アレンジのヒント

  • 丼や、のっけ弁にどうぞ。トッピング例:白髪ねぎ、青ねぎの小口切り、海苔、七味唐辛子、卵、マヨネーズ
  • おかずサラダの具としてもどうぞ。冷蔵庫にあるレタスなどの葉野菜、カットしたトマトや、買って来たカット野菜に鶏肉をどっさり乗せて、お好みでゆで卵か温泉卵を落とし、マヨネーズをかけると、おかずにもなるボリュームサラダの出来上がりです。大皿に盛り付けると、とても豪勢なサラダになります。
  • サンドイッチの具材例:レタス、白髪ねぎ、練り辛子。ロールパン+大葉+酢の物+これでバインミー風
  • お好みで一味唐辛子を加えても。
おすすめ食材、ツール
愛用品のキッチンバサミです。皮やスジ付き、調理済みの肉、骨付きの魚、ヌルヌルのイカも、皮ごと滑ることなくスパッと切れます。カーブがあるので、まな板、バットやお皿に乗っているままの食材も切りやすく、また、野菜などはこれでスパスパ切っています。錆びないのも嬉しいですね。
使い方のコツは、大きく刃を開いて一気に切ることです。面白いように切れます。紙を切ったり、刃先だけで切るのは不得意ですので、完全に調理用専用バサミとして使用しています。

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

いりごまはこちらを愛用しています。amazon定期おトク便で1kg689円という圧倒的なコストパフォーマンスです。南米産、香りがとても良いです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, お肉のおかず, 鶏むね肉, いりごま, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.