【野菜ひとつ】調味料いらず もやしの梅昆布おかか和え

レシピ 野菜のおかず もやし 梅干し 野菜ひとつ かつお節 塩昆布

【野菜ひとつ】調味料いらず もやしの梅昆布おかか和え

冷蔵5日/冷凍1か月


もやしの梅昆布おかか和え

今日は、もやしの簡単な和え物のレシピをご紹介します。

調味料は使いません。ゆでたもやしを、梅肉、塩昆布、かつお節で和えて出来上がりです。

さっぱりとした味ですので、疲れ気味のときや、食欲がないときでも、箸が進みます。

安価で簡単にできますので、料理がしんどい時の野菜補給にもどうぞ。

レシピについて

4人分でもやし2パック目安です。
写真では、緑豆もやしを使っていますが、大豆もやしでも構いません。
ひげ根は取るにこしたことないですが、取らなくても臭みが気にならない方法をご説明します。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • もやし または 大豆もやし 2袋(400g)
  • 水 400ml(2カップ)
  • 酢 大さじ1
  • ■和え衣
  • 梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
  • 塩昆布 10g(大さじ2目安)
  • かつお節 小袋2袋(2.5~3g×2)

8人分

  • もやし または 大豆もやし 4袋(800g)
  • 水 800ml(4カップ)
  • 酢 大さじ2
  • ■和え衣
  • 梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
  • 塩昆布 20g(大さじ2目安)
  • かつお節 10g(小袋なら4袋(2.5~3g×4))

作り方

もやしはひげ根を取るのがおいしく仕上がるコツですが、面倒な方(私とか)は、次のようにするとよいです。
たっぷりの水に浸して洗い、ざるに上げる際は、すくうようにして上げ、ゆでる時に酢を加えると、クセがだいぶ抑えられます。また、水からゆでることで、シャキッと仕上がります。順を追ってご説明します。

step
1
もやしを洗います。もやしは、たっぷりの水につけて洗い、


もやしを洗います

step
2
すくうようにして、ざるにあげます。

汚れや臭みの部分は、ボウルの中に残ります。

ざるにあげます
ざるにあげます
ざるにあげます

step
3
ボウルに、和え衣の材料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順5で、もやしをゆでている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

和え衣

step
4
フライパンか鍋に、もやし、水、酢を入れ、


もやし、水、酢を入れ
もやし、水、酢を入れ

step
5
ふたをして強火にかけます。沸騰して充分に湯気が立ったら、緑豆もやしはすぐに火を止めて、大豆もやしなら+1分加熱し、


強火にかけます
強火にかけます

step
6
ざるにあげます。

水からゆでて、余熱で仕上げることで、作り置きをしても、シャキシャキの歯ざわりでいただくことができます。
水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。

ざるにあげます
ざるにあげます

step
7
もやしの水気をできるだけ切って(絞りません)、手順3のボウルに入れて和えます。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。

和えます
和えます

step
8
出来立てでもおいしいですが、30分ほどねかせると、全体の味がなじんで落ち着き、さらにおいしく召し上がれます。

充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • もやしは水からゆでて、余熱で仕上げること、できるだけ水気を切ってから(絞りません)調味料と和えましょう。
  • 水にさらすと水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。
  • 和える際は、菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:大葉(千切りまたはちぎって)/枝豆(ゆで)
  • いただく際にトッピングしておいしい具材:かつお節/青ねぎ小口切り/大葉(千切りまたはちぎって)/梅しそ

おすすめ食材、ツール


S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく、手軽で使いやすいです。
梅干し特有の紅い色はありませんので、とりあえず使いたい場合や梅の色を出したくない場合はこれを使い、梅の色を活かしたい場合は漬梅を使用しています。


塩昆布は業務用がコストパフォーマンス良しです。ジップロックに移し替えて使っています。このお品は少し昆布が細かいのか、食材となじみやすいので気に入っています。


愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

もやしのレシピはこちらもどうぞ


もやしとツナのしょうが和え
もやしとツナのしょうが和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしとツナを使ったレシピをご紹介します。 しょうがと酢をきかせた、あっさり、すっきりとし ...

もやしのピリ辛ツナ和え
もやしのピリ辛ツナ和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしとツナを使ったレシピをご紹介します。 豆板醤と酢を使った、辛くて酸っぱい味付けです。 ...

【野菜ひとつ】もやしの柚子胡椒和え
【野菜ひとつ】もやしの柚子胡椒和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしと柚子胡椒を使ったレシピをご紹介します。 柚子胡椒の風味をきかせた、あっさり、さっぱ ...

【野菜ひとつ】もやしの豆板醤和え
【野菜ひとつ】もやしの豆板醤和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、もやしを使ったレシピをご紹介します。 豆板醤を使ったピリ辛味です。暑い日や、食欲の無い時に ...

もやしのアジアンサラダ
もやしのアジアンサラダ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、もやしをアジアンテイストでいただくレシピをご紹介します。 ナンプラーを使い、シャキシャキの ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, もやし, 梅干し, 野菜ひとつ, かつお節, 塩昆布

© 2020 スガ