レシピ 野菜のおかず キャベツ 野菜ひとつ オリーブオイル マスタード 冷蔵5日 ねかせておいしい 洋風

【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ

冷蔵5日


キャベツの粒マスタードマリネ

今日は、キャベツを粒マスタードであっさりといただくレシピをご紹介します。

キャベツを塩もみし、熱湯にさらしてから作ります。このひと手間で、余分な水分が抜けてカサが減るとともに、キャベツ独特の苦味や臭いが抜けますので、より味がしみ込みやすく、短時間で漬かり、たっぷり食べやすく仕上がります。また、殺菌もできますので、作り置きとしての日持ちも良くなります。

ほんのり甘酸っぱく、あっさり、やさしい味わいに仕上がります。シャキシャキとした歯ざわりは、そのままはもちろん、サンドイッチの具材にもよく合います。

レシピについて

太めの千切りにしたキャベツを塩もみし、熱湯に浸してから、水にさらして冷やし、調味料と和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 塩 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 酢 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • オリーブオイル 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • 粒マスタード 小さじ4
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/4

8人分

  • キャベツ 1個(巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 塩 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 酢 80ml(大さじ5+小さじ1)
  • オリーブオイル 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • 砂糖 大さじ2+小さじ2
  • 粒マスタード 大さじ2+小さじ2
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2

作り方

step
1
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツ
キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
1.5cm幅程度(人差し指の幅目安)の、太めの千切りにします。

キャベツ1/2個を半分に切り、90度回転させ、端から切っていくとよいです。

千切り
千切り
千切り

step
4
キャベツを大きめのボウルか鍋に入れ、塩をふりかけ、もみ込むようにして、塩をキャベツ全体に行き渡らせます。このまま10分ほど置きます。

ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩が全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。
芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。

キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
5
キャベツを浸ける熱湯(4人分1.5リットル、8人分3リットル目安)を沸かします。

8人分を作る場合は、4リットル以上の大鍋を用意し、鍋にキャベツを浸す想定で進めましょう。

熱湯

step
6
手順4のキャベツを熱湯に放ち、10数えます。

やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。
8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。
写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。やけどをしない安全な方法を取りましょう。

熱湯
キャベツ
キャベツ

step
7
ざるに上げ、水にさらして冷やします。

暑い時期や、暖房がきいた場所であれば、水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。氷水を使っても構いません。栄養価が流れ出ないように、水にさらす時間は2分以内にしましょう。

ざるに上げて
水にさらして冷やし
ざるに上げて
水にさらして冷やし
ざるに上げて

step
8
ボウルに、合わせ調味料をよく混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
9
手順7のキャベツの水気をぎゅっと絞り、

かなりの水分が出ます。写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。

ぎゅっと絞ります

step
10
手順8のボウルにほぐしながら入れ、よく和えます。

ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせるとよいです。

よく和えます
よく和えます

step
11
保存します。

できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • キャベツに塩をする際は、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。
  • 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。
  • やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。
  • 8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。
  • 写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。やけどをしない安全な方法を取りましょう。
  • 下ごしらえをしたキャベツからは、かなりの水分が出ますので、両手を使ってしっかりと絞りましょう。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:にんにくすりおろし/ナッツ類/にんじん/玉ねぎ/ハム
  • 酢の半量をレモン果汁に差し替えても。
  • サンドイッチの具材にもどうぞ。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく絞ってからにしましょう。

おすすめ食材、ツール


粒マスタードはマイユを常備しています。使いやすい手頃なサイズ感に、大粒つぶつぶプチプチがたっぷりと詰め込まれています。酢ではなく白ワインに漬け込んで作られているとのこと、かなり風味が良くマイルドなので、いろいろな料理に使いやすいです。


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


オリーブオイルは一周回って味の素さんのを使っています。指定農園しぼりで、国内充填なので安心・安全です。近所のスーパーで安価に購入できるのもうれしい点です。
このオリーブオイルと塩ひとつまみで、たいがいのものは、おいしくいただけます。ありがたい限りです。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ
【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ

冷蔵5日 今日は、キャベツを粒マスタードであっさりといただくレシピをご紹介します。 キャベツを塩もみし、熱湯にさらしてか ...

【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨ和え
【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨ和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、キャベツがたっぷり食べられる、ごまマヨ和えのレシピをご紹介します。 ごまをたっぷりと使い、 ...

【野菜ひとつ】キャベツのあっさりピクルス
【野菜ひとつ】キャベツのあっさりピクルス

冷蔵1週間 今日は、キャベツをあっさりとしたピクルスにするレシピをご紹介します。 キャベツを塩もみし、熱湯にさらしてから ...

キャベツと生姜の浅漬け
キャベツと生姜の浅漬け

冷蔵5日 今日は、キャベツとしょうがを使った浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。ざくざく切った ...

【野菜ひとつ】ピリ辛塩だれキャベツ
【野菜ひとつ】ピリ辛塩だれキャベツ

冷蔵4日 今日は、キャベツをピリ辛味でたっぷりいただくレシピをご紹介します。 ザク切りにしたキャベツを塩もみし、熱湯にさ ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, 野菜ひとつ, オリーブオイル, マスタード, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 洋風