レシピ 常備菜 野菜のおかず きゅうり しょうが 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

あっさりすっきり きゅうりの即席しょうが漬け

投稿日:

冷蔵5日

きゅうりの即席しょうが漬け
今日は、きゅうりの即席浅漬けのレシピをご紹介します。

材料は、きゅうり、塩、しょうが、ごま油だけです。
旨味も、その他の調味料も入らないシンプルな味付けです。
あっさりすっきりとした後味で、つい、いくらでも食べてしまいます。

スポンサーリンク

レシピについて

きゅうりを塩で揉み込み、塩を洗い流してから、しょうがとごま油を絡めて完成です。

材料

4~5人分
きゅうり 4~5本
 大さじ1
しょうが (すりおろす)  1片(3~4cm角)分
ごま油 大さじ1
8~10人分
きゅうり 8~10本
 大さじ2
しょうが (すりおろす)  2片(3~4cm角×2)分
ごま油 大さじ2

作り方

1 きゅうりはヘタの部分を切り落とし、きゅうりはヘタの部分を切り落とし、

2 包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、

3 2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。
ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味が染み込みやすくなります。

4 ボウルにきゅうりと塩を入れ、ボウルにきゅうりと塩を入れ、
5 塩がきゅうりのすみずみまで行き渡るように、揉み込みます。塩がきゅうりのすみずみまで行き渡るように、揉み込みます。

6 切った白瓜と塩をボウルに入れ、揉み込みます。1~2分ほど揉んで、きゅうりから水分が出てきたら、たっぷりの水を加えて塩を洗い、

7 ざるに上げます。ざるに上げます。
このとき、ボウルに残った塩が白瓜にかからないようにしましょう。もし塩がかかった場合は、流水で洗い流します。

8 保存袋に水気を切ったきゅうり、しょうがすりおろし、ごま油を入れ、保存袋に水気を切ったきゅうり、しょうがすりおろし、ごま油を入れ、袋の上から揉んだり、袋の底をポンポンとたたくようにして調味料を行き渡らせます。

9 このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

10 冷蔵庫で保存この時点で完成していますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。

作り置きのコツ

  • 塩で揉み込んだきゅうりを水で洗い流してざるに上げた時、ボウルに残った塩がきゅうりにかからないようにしましょう。もし塩がかかった場合は、流水で洗い流します。
  • 袋のまま保存する際は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、だいたい漬かっていますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
アレンジのヒント

  • いただく際、かつお節や塩昆布を混ぜ込んでもおいしくいただけます。
  • 大葉やみょうがを刻んだものを加えてもよいです。
おすすめ食材、ツール
ジップロック コンテナー、現在は2016年2月のリニューアル後のものも使っています。
評判は割とけちょんけちょんで、amazonレビューは炎上気味ですが、どうなんでしょう、私はかなり機嫌良く使っています。軽い、薄い、冷蔵庫内で無理なくコンパクトに積み重ね出来るので、旧型使用時よりもさらに冷蔵庫が広々としています。
今回のようなサラダや和え物は、正方形 700mlがぴったりのサイズです。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, きゅうり, しょうが, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.