レシピ 野菜のおかず 長ねぎ キャベツ しょうが にんにく お肉のおかず 豚肉 豚こま切れ肉 赤唐辛子 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風 スープ・汁物

キャベツと豚こまの香味スープ

冷蔵4日/冷凍1か月


手羽先とキャベツの中華風スープ

今日は、キャベツと豚こま切れ肉を、たっぷりの香味野菜と煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。

もつ鍋の作り方を応用した作り方です。安価な豚こま切れ肉を、キャベツ、長ねぎ、にんにく、しょうが、赤唐辛子で煮込みます。野菜を切って煮込んだら出来上がりです。

調味料はシンプルにだし汁と酒、しょうゆだけですが、それぞれの素材の香りと旨味がふんだんに溶け込んだ味わいに仕上がります。

もちろん、お好みで色々な具材を追加して、鍋料理としても活用できます。

レシピについて

ザク切りにしたキャベツ、香味野菜、豚こま切れ肉、スープ材料を煮込んで出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/4個(300~450g目安)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 長ねぎ 1本(130~200g×1本)
  • にんにく 2片
  • (または)にんにくすりおろし 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 800ml
  • (または)水800ml+顆粒和風だしの素 小さじ2
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角×1片分)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)

8人分

  • キャベツ 1/2個(600~900g目安)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 長ねぎ 2本(130~200g×2本)
  • にんにく 4片
  • (または)にんにくすりおろし 小さじ4
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 1600ml
  • (または)水1600ml+顆粒和風だしの素 小さじ4
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • しょうがすりおろし 大さじ2(3~4cm角×2片分)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)

作り方

step
1
キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

写真は小ぶりのキャベツを使用しています。

キャベツ
キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
4
長ねぎは、斜めに7mm幅(人差し指の半分の幅目安)×4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切ります。

多少太めになっても構いません。

長ねぎ
長ねぎ
長ねぎ

step
5
にんにくは薄切りにします。


にんにく
にんにく
にんにく
にんにく

step
6
フライパンか鍋に手順3のキャベツ、手順4の長ねぎ、手順5のにんにくを入れ、豚こま切れ肉をほぐし入れ、

キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。

具材
具材

step
7
合わせ調味料の材料をすべて加え、ふたをして強火にかけます。

沸騰したら吹きこぼれることがありますので、煮立ってきた頃に様子を見るとよいです。

具材
具材
具材

step
8
沸騰したら、中火にして、ヘラで底から上下を返し、再びふたをして、さらに6~7分ほど加熱します。


煮込み
煮込み
煮込み
煮込み
煮込み

step
9
キャベツがお好みの柔らかさになったら火からおろします(火を止めます)。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。
保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:もやし/水菜/にら/お好みのきのこ類/ごぼう(ささがき)/豆腐/薄揚げ・厚揚げ/つくね
  • 豚こま切れ肉と差し替えておいしい具材:豚ロース薄切り肉/豚バラ薄切り肉/牛もつ(もつ鍋用に下ごしらえしたもの)
  • 合う麺類:中華麺/うどん

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


もやしときくらげのスープ
もやしときくらげのスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、もやしときくらげを使ったスープのレシピをご紹介します。 食物繊維がたっぷりと摂れる、ヘルシ ...

キャベツと豚こまの香味スープ
キャベツと豚こまの香味スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚こま切れ肉を、たっぷりの香味野菜と煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 ...

手羽先とキャベツの中華風スープ
手羽先とキャベツの中華風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、手羽先とキャベツを使った中華風スープのレシピをご紹介します。 手羽先の旨味が溶け込んだ、具 ...

白菜と厚揚げの具だくさんスープ
白菜と厚揚げの具だくさんスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 あっさりやさしい和風スープです。ざく ...

もやしと豚こまのピリ辛ごまみそスープ
もやしと豚こまのピリ辛ごまみそスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、もやしをたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 コクたっぷりの中華風スープです。冷 ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、事前の段取りから、飾り切りの方法、重箱への詰め方、2日目以降のおせち料理のいただき方などもご紹介しています。

おせち料理特集

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 長ねぎ, キャベツ, しょうが, にんにく, お肉のおかず, 豚肉, 豚こま切れ肉, 赤唐辛子, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風, スープ・汁物