レシピ 野菜のおかず キャベツ しょうが 梅干し 魚介のおかず ツナ

【野菜ひとつ】あっさりすっきり キャベツとツナの梅しょうが和え

冷蔵1週間/冷凍1か月


キャベツとツナのごま和え

今日は、キャベツとツナを、あっさりといただくレシピをご紹介します。

くどくなりがちなツナ和えを、梅としょうがで和えると、とてもあっさり、すっきりとした、爽やかな浅漬け感覚の一品が出来上がります。特に、ノンオイルツナ缶で作ると、よりさっぱりとした仕上がりになります。

作り置き向けに、キャベツをしっかりと蒸し煮にして作ります。その際、一緒に下味を付けることで、味の乗りにくいキャベツに、しっかりと味がしみこみ、日持ちもよくなります。

もうあと一品の副菜や、箸休めの一品として、活用いただけますと幸いです。

レシピについて

キャベツをザク切りにして蒸し煮にし、調味料と和えて出来上がりです。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上ねかせると、さらに味がしみ込んで、おいしく召し上がれます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 200ml
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • ツナ缶(ノンオイルがおすすめ) 小1缶(70g)
  • 梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分)

8人分

  • キャベツ 1個(巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 400ml
  • 砂糖 小さじ4
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • ツナ缶(ノンオイルがおすすめ) 小1缶(70g×2)
  • 梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角1片分)

作り方

step
1
キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

キャベツ1/2個なら、たとえば縦6つ程度に切ってから、90度回転させ、端から3~4cm幅に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

ザクザクと切ります
ザクザクと切ります

step
4
フライパンか大きめの鍋に、切ったキャベツと蒸し煮用調味料を入れ、軽くなじませてから、ふたをして強めの中火にかけます。

8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて蒸したほうが懸命です。
写真は巻きのゆるい春キャベツを1個使用しています。

キャベツ
蒸し煮用調味料
蒸し煮用調味料
軽くなじませ
ふたをして

step
5
充分に蒸気が立ったら、そのまま2分加熱し、ヘラで底から上下を返し、ふたをして、さらに1~2分ほど加熱します。


蒸気が立ったら
ヘラで底から上下を返して
そのまま2分加熱し

step
6
ざるに上げます。

フライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、トングや箸を使って少しずつ上げるとよいです。

ざるに上げます
ざるに上げます

step
7
合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。ツナ缶は缶汁ごと加えます。


合わせ調味料

step
8
手順6のキャベツの水分をできるだけ絞り、

時間がない場合は、バットなどに移し、保冷剤の上に乗せて冷ますとよいです。時々かき混ぜて熱を逃がすと、さらに速く冷めます。
写真は撮影の都合から片手ですが、両手で掴んでぎゅっとしっかり絞りましょう。

水分をできるだけ絞り
水分をできるだけ絞り

step
9
手順7のボウルに入れ、ほぐしながら、よく和えます。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

ほぐしながら
よく和えます

step
10
保存の際は、

保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。
充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上ねかせると、さらに味がしみ込んで、おいしく召し上がれます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて蒸したほうが懸命です。
  • 蒸し煮にしたキャベツは、フライパンごとドバッとざるに上げると危ないので、トングや箸を使って少しずつ上げるとよいです。
  • 調味料と和える際は、菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
  • 時間がない場合は、バットなどに移し、保冷剤の上に乗せて冷ますとよいです。時々かき混ぜて熱を逃がすと、さらに速く冷めます。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上ねかせると、さらに味がしみ込んで、おいしく召し上がれます。
  • 保存容器は、充分に消毒してから使用しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:きゅうり/昆布/大葉/ごま
  • いただく際、千切りにした大葉を添えても。

おすすめ食材、ツール

しょうが

しょうが大好きです。便利なチューブに頼ることもありますが、基本的には生しょうがを買い、おろしたりカットしながら使っています。

使いさしのしょうがは、水につけて冷蔵庫で保存すると、みずみずしいままずっと長持ちします。週1回水を替えれば、3~4週間は保存できます。

保存容器は、直径3~4cmなら写真のジップロック コンテナー130ml、もっと長いものならカットして長方形300mlがちょうどよいサイズです。

S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく使いやすいです。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ
【野菜ひとつ】キャベツの粒マスタードマリネ

冷蔵5日 今日は、キャベツを粒マスタードであっさりといただくレシピをご紹介します。 キャベツを塩もみし、熱湯にさらしてか ...

【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨ和え
【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨ和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、キャベツがたっぷり食べられる、ごまマヨ和えのレシピをご紹介します。 ごまをたっぷりと使い、 ...

【野菜ひとつ】キャベツのあっさりピクルス
【野菜ひとつ】キャベツのあっさりピクルス

冷蔵1週間 今日は、キャベツをあっさりとしたピクルスにするレシピをご紹介します。 キャベツを塩もみし、熱湯にさらしてから ...

キャベツと生姜の浅漬け
キャベツと生姜の浅漬け

冷蔵5日 今日は、キャベツとしょうがを使った浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火を使いません。ざくざく切った ...

【野菜ひとつ】ピリ辛塩だれキャベツ
【野菜ひとつ】ピリ辛塩だれキャベツ

冷蔵4日 今日は、キャベツをピリ辛味でたっぷりいただくレシピをご紹介します。 ザク切りにしたキャベツを塩もみし、熱湯にさ ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, しょうが, 梅干し, 魚介のおかず, ツナ