【野菜ひとつ】キャベツあんかけ

レシピ 野菜のおかず キャベツ 野菜ひとつ ごま油 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:15分 こどもOK 丼飯・のっけ弁の具材 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

【野菜ひとつ】キャベツあんかけ

冷蔵5日/冷凍1か月

キャベツあんかけ

今日は、キャベツのあんかけのレシピをご紹介します。

キャベツだけで作るヘルシーなあんかけです。たっぷりのキャベツに、ごま油が香るコク旨とろみあんかけが絡みます。

キャベツを下味と一緒に蒸し煮にし、キャベツの甘味と旨味をたっぷりとを引き出します。

そのままはもちろん、ご飯や麺類、卵や野菜炒めにかけたり、お好みの具材を足してアレンジしたりと、幅広く活用いただけますと幸いです。

レシピについて

ざく切りにしたキャベツを蒸し煮にし、調味料を加え、ひと煮立ちさせて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(600~900g目安 巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 600ml
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 水 200ml
  • 片栗粉 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ1(15ml)
  • ごま油 大さじ1(15ml)
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/4

8人分

  • キャベツ 1個(1200~1800g目安 巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 1200ml
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 水 400ml
  • 片栗粉 大さじ6
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • 鶏ガラスープの素 大さじ2
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/2

作り方

step
1
ボウルに合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順6でキャベツを蒸し煮にしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
片栗粉は、水を先に容器に入れてから片栗粉を加えると、溶きやすいです。

合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料

step
2
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

キャベツの芯キャベツの芯
キャベツの芯キャベツの芯

step
3
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
4
ひと口大(3~4cm角目安)の、ざく切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。扱いやすい大きさに切ってから、端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
5
フライパンか大きめの鍋に、切ったキャベツと蒸し煮用調味料を入れ、ふたをして中火にかけます。

8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を使用するとよいです。
特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなってしまいます。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
6
7~8分ほど経ち、充分に蒸気が立ったら弱めの中火にし、さらに4~5分加熱します。

キャベツ

step
7
キャベツが柔らかくなったら、ヘラで底から上下を返すように全体をかき混ぜ、

お好みの柔らかさまで火を通しても構いません。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
7
合わせ調味料を底からよくかき混ぜてから加え、全体に行き渡るように混ぜながら、2~3分ほど加熱します。

煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが付きません。全体がもったりとするまで、しっかりと火を通しましょう。

味をみて、もし薄く感じる場合は、しょうゆで調整するとよいです。小さじ1/2程度から加え、全体をよく混ぜ合わせてから、味をみながら調整しましょう。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
8
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなってしまいます。
  • 煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが付きません。全体がもったりとするまで、しっかりと火を通しましょう。
  • 味をみて、もし薄く感じる場合は、しょうゆで調整するとよいです。小さじ1/2程度から加え、全体をよく混ぜ合わせてから、味をみながら調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:もやし/長ねぎ/にんじん(薄切り)ピーマン/ゆでたけのこ(薄切り)/しいたけ/にら/にんにくの芽/かにかまぼこ/炒り卵/豚肉/シーフードミックス
  • 一緒に加えておいしい香味野菜・調味料:にんにくすりおろし/ラー油
  • あんかけとして:ご飯/中華麺/ラーメン/かた焼きそば/春雨
  • こんなあんかけにも:野菜炒め/オムレツ/肉団子/豚しゃぶ/そぼろ炒め/ゆで豚/ゆで鶏

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【下味冷凍】キャベツと豚こまの生姜炒め
【下味冷凍】キャベツと豚こまの生姜炒め

2022/9/8

冷蔵5日(加熱調理後)/冷凍3週間 今日は、下味冷凍のレシピをご紹介します。 あらかじめ豚肉に下味をつけて、キャベツも切 ...

【下味冷凍】キャベツと鶏もも肉のガーリック炒め
【下味冷凍】キャベツと鶏もも肉のガーリック炒め

2022/9/8

冷蔵5日(加熱調理後)/冷凍3週間 今日は、下味冷凍のレシピをご紹介します。 あらかじめ鶏肉に下味をつけて、キャベツも切 ...

【野菜ひとつ】キャベツのめんつゆ冷凍漬け
【野菜ひとつ】キャベツのめんつゆ冷凍漬け

2022/8/26

冷蔵4日(解凍後)/冷凍3週間 今日は、キャベツを冷凍して作るレシピをご紹介します。 キャベツとめんつゆを一緒に冷凍して ...

【野菜ひとつ】キャベツの冷凍漬け
【野菜ひとつ】キャベツの冷凍漬け

2022/8/26

冷蔵4日(解凍後)/冷凍3週間 今日は、キャベツを冷凍して作るレシピをご紹介します。 キャベツを切って、調味料と一緒に冷 ...

キャベツと鶏むね肉の豆板醤炒め
キャベツと鶏むね肉の豆板醤炒め

2022/6/30

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、キャベツと鶏むね肉を使ったレシピをご紹介します。 豆板醤をきかせたピリ辛味が食欲をそそる、 ...


もっと見る