アレンジ、リメイクも満載!野菜たっぷりポテトサラダ

冷蔵5日

野菜たっぷりポテトサラダ
今回は、たっぷりの野菜で和えたポテトサラダのレシピをご紹介します。

来客時にはよく作ります。下ごしらえをした状態で、これが冷蔵庫にあると、副菜がさっと準備できて、とても便利なのです。

おかずに、付け合わせに、酒の肴に、アレンジやリメイクがきいて、何通りにもおいしさが楽しめる優秀な一品です。
ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

じゃがいもは塩ゆでし、熱いうちに酢とこしょうで下味をつけ、野菜は塩でもみます。それぞれの具材に下味をつけておいてから和え、ゆで卵でコクを加えるので、味がしっかりと決まります。特に、酢と玉ねぎが良い仕事をしますので、もし単品では苦手でも、ぜひ加えましょう。

レシピを全体的に見直し、マヨネーズ控えめ、そして半調理として作り置きをするポイントも併せて記載しました。

材料

具材 3~4人分 7~8人分
じゃがいも 3~4個(400g) 7~8個(800g)
2個 4個
玉ねぎ 1/4個 1/2個
きゅうり 1本 2本
にんじん 1/3本 2/3本
■じゃがいもの下ゆで用
じゃがいもがかぶる程度 じゃがいもがかぶる程度
小さじ1 小さじ1.5
■じゃがいもの下味用※
米酢 小さじ2 大さじ1+小さじ1
砂糖 小さじ2/3 小さじ1+1/3
少々(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量) 小さじ1/4
■生野菜の下ごしらえ用
小さじ1/4 小さじ1/3
■仕上げ用調味料
マヨネーズ 大さじ2~3 大さじ4~5
こしょう 2~3振り 4~5振り

※もし「すし酢」があれば、3~4人分小さじ2、7~8人分大さじ1+小さじ1で代用できます。

作り方

1 じゃがいもは皮を取り、縦半分に切って2cm厚さに切りますじゃがいもは皮を取り、縦半分に切って2cmくらいの厚さに切ります。
2 鍋に入れてひたひたの水と塩を加えますじゃがいもを鍋に入れ、じゃがいもがかぶる程度の水と、じゃがいもの下ゆで用の塩を加え、ゆでます。
3 竹串がスッと通るまでゆでますじゃがいもは竹串がスッと通るまでゆでます。
4 ゆで上がったら湯切りしますゆで上がったじゃがいもは、ざるにあけて、湯切りします。
5 中火で1~2分、水分を飛ばしながら潰します湯切りしたじゃがいもを鍋に戻し、中火に1~2分ほどかけ、水分をしっかり飛ばしながら潰します。
6 じゃがいもの下味用の調味料を加えて混ぜ合わせます火を止め、熱いうちに、すぐにじゃがいもの下味用の調味料を加え、全体を混ぜ合わせます。
下味用の調味料は、味見をして、酸っぱすぎない程度に加えるようにしましょう。

ポテトサラダに使うじゃがいもは、ホクホクして調味料と良くなじむ男爵がおすすめですが、今回ご紹介する、じゃがいもをあらかじめ切っておいてからゆで、湯切りをし、水分をしっかり飛ばしながら潰して下味を付ける方法では、メークインでもキタアカリでも、とてもおいしく仕上がりました。

作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。粗熱が取れたら、よく消毒した保存容器に入れて保存します。

7 ゆで卵を作りますゆで卵を作ります。

ゆで卵は、卵のとがっていないほうに画鋲やキリで浅く穴を開けてから、お湯に酢を少量入れてゆで、ゆで上がったらすぐに写真のように氷水に粗熱が取れるまでつけておくと、とても簡単に殻をむくことができます。

作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。

8 野菜は薄切りにし、塩でもみます野菜はスライサーで薄く切り、生野菜の下ごしらえ用の塩でもんでしんなりさせます。

しんなりしたら、水に放って余分な塩分を洗い、水気をぎゅっと絞っておきます。
作り置きの際、半調理として保存する場合は、この時点で保存します。次の手順に進む際、今一度よく水気を切ってから、じゃがいもと和えると良いです。

9 ゆで卵は粗くつぶしますゆで卵をボウルに入れ、粗くつぶします。
10 じゃがいもと卵をよく混ぜ合わせますじゃがいも、ゆで卵の粗熱が完全にとれたら、仕上げに入ります。

まずは、じゃがいもと卵をよく混ぜ合わせます。

11 野菜を加えて和えます今一度よく水気を切った野菜とマヨネーズ、こしょうを加え、全体をよく混ぜ合わせて出来上がりです。

マヨネーズを加える際は、少し少なめの量でいったん味見をするようにしましょう。器ごとキッチンスケールに乗せて、量をはかりながら加えると調整がしやすく、自分の好きな味の目安が良くわかりますよ。

作り置きのコツ

  • 半調理としての作り置きがとても便利で、美味しく仕上がります。じゃがいもの下ゆでと味付け、ゆで卵、生野菜の下ごしらえまでしておき、それぞれを冷蔵庫で保存します。いただく際に、ゆで卵をつぶし、生野菜の水分を今一度よく切ってから、すべての材料とマヨネーズを和えると、余分な水分や熱が飛び、失敗なく、とても美味しくいただけますよ。
  • じゃがいもが熱いうちにマヨネーズと和えると、マヨネーズが分離してしまいますので、じゃがいもの粗熱がとれてから、マヨネーズと和えましょう。
  • 野菜の水気は、両手でぎゅっと絞っておきましょう。絞り方が甘い場合、時間が経つと、だんだん余分な水分が出てしまい、水っぽいサラダになってしまいます。
アレンジのヒント

  • 具材は、ハムやコーン、たらこなども良く合います。たらこは日持ちしませんので、その点はご留意くださいませ。
  • にんじんは生ではなく、ゆでて加えてもおいしいです。その場合、ピーラーで皮を取ってから、じゃがいもと同様に切り、じゃがいもと一緒にゆで、以降は同じ手順でOKです。
  • クレソンとも合います。2cm長さ程度に刻んだお好みの量のクレソンを手順11で和えます。その際、粒マスタードを4人分あたり小さじ1程度加えると、とてもよく合いますよ。余ったクレソンがあれば、ぜひお試しくださいませ。
  • ポテサラは作っておくと、いろいろな料理にアレンジ、リメイクできます。
    • ココット:ココット皿にポテサラを入れ、真ん中にくぼみを作り、卵を割り入れて、オーブントースターで7~8分ほど焼いて出来上がりです。
    • グラタン:耐熱皿にポテサラを敷き、コーンととろけるチーズをかけ、レンジで温めてから、オーブントースターで2分ほど焼き、お好みでパセリをふりかけて出来上がりです。
    • オープンサンド:バケットを1cm幅に斜めに薄切りにし、ポテサラ、お好みでとろけるチーズを乗せ、オーブントースターで焼いて出来上がりです。もちろん食パンでも。
    • サンドイッチ:サンドイッチ用食パンを焼き、粗熱が取れてからマスタード、レタス、ポテサラを挟んで、食べやすい大きさに切って出来上がりです。
    • オムレツ:フライパンにオリーブオイルとにんにくみじん切りを入れて弱火にかけて香りを出し、卵3~4個と、おたま一杯分のポテサラを混ぜ合わせたものを、両面こんがりと焼き、食べやすい大きさに切り分けて出来上がりです。
    • ベーコン巻き:ポテサラをベーコンでくるくる巻いて、熱したフライパンに巻き終わりの部分を下にして焼き、焼き目が付いたら転がしながらこんがりと焼いて出来上がりです。お弁当にどうぞ。
    • 生鮭と:耐熱皿にバターを塗り、塩こしょうした生鮭の上にポテサラを乗せ、アルミホイルを被せてオーブントースターで10分ほど焼き、お好みでパセリをふりかけて出来上がりです。
    • ドリア:耐熱皿にサラダ油を塗り、ご飯、ポテサラお玉半分、カレーお玉半分、とろけるチーズの順にかけてレンジで温めてから、パン粉少々をかけ、オーブントースターで2分ほど焼いて出来上がりです。
    • おつまみ:ポテサラお玉1杯、角切りにしたチーズをよく混ぜ合わせ、餃子の皮で包んで、やや高温の油でカラッと揚げて油を切って出来上がりです。カレー粉小さじ1を混ぜ込んでもおいしいですよ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べらとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

こちらのレシピもどうぞ

鶏肉とさつまいも炒め

ご飯もお酒もガンガン進む!鶏肉とさつまいも炒め

冷蔵5日 今回は、さつまいもを使った、ご飯もお酒もガンガン進むレシピのご紹介です。 そも

レシピをみる

若竹煮

春の酒満喫王道レシピ 若竹煮 筍(たけのこ)のあく抜きもご紹介

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、若竹煮のレシピを、たけのこのあく抜きとあわせてご紹介します。

レシピをみる

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、黒豆を赤ワインで煮た、甘さ控え目、つやつやに仕上がるレシピをご

レシピをみる

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

冷蔵5日 今回は、うちのお雑煮のレシピをご紹介します。 お雑煮といいつつ、毎年11月頃か

レシピをみる

にしんの昆布巻き

旨味ふっくら にしんの昆布巻き

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使った、にしんの昆布巻きのレシピをご紹介します。 にしんの昆

レシピをみる

ぶり大根

きちんと絶品!ぶり大根

冷蔵5日/冷凍1か月 寒い季節に美味しい魚、ぶり。 今回は、その中でも安価に手に入る、ぶりの

レシピをみる

鶏マヨ

節約簡単豪華おかず えびマヨちゃうよ「鶏マヨ」

冷蔵5日 今回は、安価な鶏むね肉を使って、ボリュームたっぷりの鶏マヨのレシピをご紹介します。

レシピをみる

ハレの日のおもてなし えびのうま煮

ハレの日のおもてなし えびの旨煮

冷蔵4日 今回は、ハレの日にぴったりの、えびの旨煮のレシピをご紹介します。 ハレの日は、

レシピをみる

大豆と野菜のシンプルマリネ

基本の豆マリネ 大豆と野菜のシンプルマリネ

冷蔵1週間 豆を使った基本のマリネです。乾燥大豆を戻し、大豆の甘みを活かして、たっぷり作り

レシピをみる

新じゃがの照り照り甘辛味噌炒め煮

ごはんが、お酒が、ガンガン進む、危険な炭水化物。新じゃがの甘辛味噌炒め煮

冷蔵5日 今回は、小さい新じゃがを使ったレシピをご紹介します。 皮をむかなくて調理できる

レシピをみる

Comment

  1. 作り置き初心者 より:

    スガさん初めまして。最近作り置き生活を初めまして、レシピや保存方法など参考にさせて頂いて追います。
    ポテトサラダは野菜や卵を入れると日持ちが悪いというイメージでしたが、こちらは酢が入っているのでキチンと容器や調理用具を消毒すれば一週間も日持ちするのでしょうか。
    マヨネーズを使用したサラダは傷みやすいですし、ポテトサラダを日持ちするように作るポイントのようなものがあれば、教えて頂けませんでしょうか。

    • スガ より:

      作り置き初心者さん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!ご参考いただき、また、コメントもいただきまして、ありがとうございます!(´∀`人)

      そうなんです作り置き
      卵、生野菜をポテサラにIN、これ、絶対3日くらいでアウトな感じやろなぁと私も思うてたんですが、実は私、関西にいる頃、よく作り置きをしていたんですが、何度か(10数回ほど)1週間普通に冷蔵庫にいて、あと、最高で10日間もったことがあり(おすすめはしませんが……)、「これは作り置きレシピ1週間コースでもいけるなぁ」と思い、1週間と掲載した次第です。

      免責事項もお読みください http://mayukitchen.com/about/#menseki とは書いているものの、今、お知りになりたいのは、そこやないし、そういう問題やないですよね。
      日持ちのポイントは、次のようなことです。
      もちろん他のレシピでも同じことがいえますので、このポテサラを中心に、ご説明いたしますね(´∀`)

      ■1. 水気を充分に切る
      作り置きのコツ・ポイント http://mayukitchen.com/tips-point/ でも記載させていただきましたが、保存の大敵のひとつは、水分なのです。
      手順8で、野菜を塩もみして、水分をぎゅっと絞っていますが、ここでよーーく水分が出るまで、よくもんで、よーーくぎゅっと絞り、なるべく余分な水分を逃がしておくと良いです。

      それでも、もしご心配なら、火を通せる野菜はあらかじめ火を通します。このレシピなら、にんじんは、じゃがいもと一緒にゆでて、一緒にマッシュにすると良いですよ。ちなみに上の子は、にんじんをマッシュしたほうが好きですね。

      ■2. じゃがいもの水分もよく飛ばす
      上記1と同じ理由です。
      焦げるのはいけませんが、できるだけしっかりと、水分を飛ばすと良いです。
      じゃがいもは冷めるうちに水分が飛ぶとはいえ、冷めると、そもそも意外と「くたぁー」としていることがあります。

      手順6では、弱火にしてもまったく問題ありませんので、じゃがいもは、できるだけしっかりと、水分を飛ばしてあげましょう。

      ■3. 具材とマヨネーズは、具材がしっかりと冷めた状態で和える
      ご懸念のように、マヨは生ものに調理すると、傷みやすいです。
      また、加熱しない具材を中途半端に加熱「してしまう」のは、雑菌が繁殖する危険性が高いです。
      このため、手順9や10では、じゃがいも、卵が、しっかりと冷めた状態で混ぜましょう。

      「冷たいものと温かいものを混ぜたら、結果として、ちょうど良い温度に冷めるから、えぇんやないの?」
      確かに、結果として、「温度」は、良い感じになります。
      ですが、冷たかった具材、温かかった具材、この両方に、温度差によって水滴が付いたり、余分な水分が出てしまったりするのです。
      上記1にも書きましたように、余分な水分は、本当に保存の大敵ですので、それらを生み出すようなことは、やめることが賢明です。

      ■4. 卵は、芯まで固ゆでにする
      私は油断するとやってしまうのですが……
      ゆで卵を作る際、まだ黄身の中央が水っぽい時点で「できたー」としてしまうんですね。。。
      明らかに中心が半熟ですので、日持ちが良いわけありません。でもこれ、ゆで卵としていただくには、すごく美味しいんですよね。。

      このレシピのように、「固ゆでにして、つぶして混ぜる」場合は、多少ゆで過ぎても、黄身の周りの灰色などは気になりませんので、充分に固ゆでにすると良いです。

      ■5. 火を通さない食材を扱う際は、使い捨て手袋を使う
      野菜を切ったり、具材を和える際に、手を直接使うようであれば、使い捨て手袋のご使用をおすすめします。

      このレシピの写真には掲載していませんが、私は暖かい(暑い)時期に作り置きをする場合に、「火を通すことのない具材」が入る場合は、使い捨ての手袋を使っています。
      あと、寒い時期は、手が荒れてガビガビになりますので、やっぱり、使い捨て手袋を使っています。ということで、年がら年中かもしれませんね。
      (ひとりで写真を撮影しながら調理するため、なかなか、手袋で作りながらでの撮影は、実現できていません。。。)

      食中毒を防止するために 知識と実践 http://mayukitchen.com/food-poisoning-prevention/ に記載させていただきましたが、人や食材がそもそも持っている雑菌というのがありまして、これが万が一、ワーッと繁殖すると、食中毒を起こしてしまうのです。。
      手袋を使用するのは、そのためです。
      ですので、「ピーラーしか使わないよ!」という場合は、素手でも問題ありませんよ。ちなみに、このレシピでは、それが可能です。

      ■6. 半調理
      「そんな手間とか面倒くさいし……結局、長期は、あぶないんでしょ?」
      いろいろ書き連ねましたので、上記のようなご感想を持たれたかもしれません。これまでのご説明&消毒で大丈夫なんです。とはいえ、ご家庭の環境にもよりますので、もうひとつ、書かせてくださいませ。「半調理」についてです。

      「半調理」は、おすすめです。すぐにいただく、というのは少し手間がかかるのですが。。
      私が、おもてなしの際に対応する方法なんです。「作り置き」というより、「ねかせる大切な時間」として扱うのです。

      このレシピですと、手順7、ゆで卵、生野菜の下ごしらえ、までそれぞれ作っておき、それぞれを分けて冷蔵庫に入れておきます。

      そして、いただく際に、生野菜の水分を今一度よーく切ってから、すべての材料とマヨネーズを和えます。

      私が思う、このポテサラの、特に素晴らしい部分は、「じやがいもがしっかりと温かいうちに、下味、つまり酢とこしょうを和えてから冷ますと、とんでもなく美味しい」点なのです。
      この下ごしらえだけは逃さずに、かつ、ゆっくりとねかせて、あとは、ご都合のつくタイミングで、残りの材料を加えると、「順を追った出来立てよりも美味しい」ポテサラが出来上がりますよ(´∀`)b

      以上になります。
      ものすごく書き連ねてごめんなさい(´Д` )
      おわかりにくい点や、ご不明な点などがありましたら、どうぞ、ご遠慮なくお申し付けくださいませ(´∀`)

      コメント、ありがとうございました!
      では、よろしくお願いします(´∀`)ノ

  2. 作り置き初心者 より:

    スガさん、こんにちは。

    アドバイスありがとうございます。
    こんなに早く、こんなにご丁寧に返信頂けるとは思っておらず、
    とても感激しています。

    ポテトサラダはメインの調理の合間にちゃちゃっと作ってしまいがちで、
    じゃがいもが完全に冷めないうちに仕上げてしまったり、
    きゅうりの水切りが甘かったり、今まで詰めが甘かったと反省しました。

    半調理、目からうろこです。この方法でしたら実践できそうです。
    頂いたアドアイスを他の作り置きメニューにも応用して、
    自分なりに作り置き生活を楽しみたいと思います。

    どうもありがとうございました。

    追伸。最初のコメント推敲が足らず誤字脱字ばかりで申し訳ありませんでした。

    • スガ より:

      作り置き初心者さん
      スガです(´∀`)ノ ものすごくご丁寧なご返信をいただき、すんごいありがとうございます!!なのに、ご返信がものすごーーーく遅れて、本当にごめんなさい!!><

      いえいえもう、推敲とかそんなん、全然えぇですよ(´Д` )
      お気軽にわーっと書いていただいて、全然かめへんです!
      私こそ、なかなか記事には反映できていないことが多いので、ほんまお気軽に何でもおっしゃってくださいまし(´∀`人)

      そうなんですポテトサラダ
      おっしゃるように、メインの調理の合間にちゃちゃーーっとやっちゃいがち、なんですよね。私もそうでした(ノ∀`)
      ちゃっちゃーでも全然いいんですが、私の場合は、メインや他の調理と並行して作る場合は、「放置時間」を長めに取るようにしていますね。じゃがいもが冷える時間と、野菜たちから余分な水分が出る時間を充分に取っていますね。

      そうなんです半調理(´∀`人)
      これ、ポテトサラダだけやなくて、本当に色々なお料理に応用出来て、かつ、とても美味しくなるお料理もあるので、ぜひぜひ、色々なレパートリーを増やしてくださいませ!!ヽ(´∀`)ノ
      で、もしわからんこととかありましたら、またお気軽にコメントいただければ良いですよ(´∀`)
      すんごい遅筆ですが(ノ∀`)、ご説明いたしますね!

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年5月28日の作り置き(12品)
2017年5月28日の作り置き(12品)

今日はこれから野暮用があるので早めに仕上げました。 新緑

2017年5月22日の作り置き(9品)
2017年5月22日の作り置き(9品)

週末は関西に行ってました。 東京に戻ってから野暮用を片付

2017年5月14日の作り置き(9品)
2017年5月14日の作り置き(9品)

昨日今日と一日中出ていました。 ということで、品数少なめ&量

2017年5月7日の作り置き(11品)

お久しぶりです。そんな気がします。 ゴールデンウィーク後半も

生レタスサラダ
生レタスで作り置き?目からウロコの生レタスサラダ

冷蔵5日 今回は、レタスが生のまま、おいしく、しかも簡単に作り置

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog