レシピ 野菜のおかず トマト 玉ねぎ にんじん キャベツ セロリ にんにく ベーコン オリーブオイル ローリエ 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風 スープ・汁物

野菜を食べるスープ 具だくさん本格ミネストローネ

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

具だくさん本格ミネストローネ

ミネストローネは、イタリアの代表的なスープで、トマト・にんじん・玉ねぎなどたくさんの野菜を煮込んだスープのことです。

どんな具材とも相性の良いスープですので、野菜容器の在庫一掃レシピとしても大活躍します。

野菜たっぷりで体に良く、アレンジ無限大のヘルシーなミネストローネは、朝昼晩はもちろん、小腹が空いたとき、そして酔い覚めにも重宝しています。

スポンサーリンク

レシピについて

ソフリットをベースにして、圧力鍋で時短&野菜そのものの甘さを引き出しています。写真はたっぷり8~9人分です。

材料

4~5人分

  • にんにく 2~3片
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ベーコン 4枚
  • にんじん 1本
  • セロリ 1本
  • 玉ねぎ 1個
  • キャベツ 1/4個
  • トマト缶 1缶
  • 白ワイン(または酒) 50ml
  • 水 (圧力鍋の場合)400ml
  • 水 (普通のお鍋の場合)800ml~1.2L
  • ブイヨンスープの素 1個
  • ローリエ 1枚
  • 塩 小さじ1/3程度~(味見して適宜)
  • こしょう 小さじ1/4~

8~9人分

  • にんにく 4~5片
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ベーコン 8枚
  • にんじん 2本
  • セロリ 2本
  • 玉ねぎ 2個
  • キャベツ 1/2個
  • トマト缶 2缶
  • 白ワイン(または酒) 100ml
  • 水 (圧力鍋の場合)600ml
  • 水 (普通のお鍋の場合)1.2L~1.6L
  • ブイヨンスープの素 2個
  • ローリエ 2枚
  • 塩 小さじ1/2程度~(味見して適宜)
  • こしょう 小さじ1/3~

作り方

step
1
にんにくはみじん切り、ベーコンは1cm幅に切ります。


にんにくはみじん切り、ベーコンは1cm幅

step
2
野菜はすべて1cm幅に切り揃えます。

材料が多く難儀ですので、フードプロセッサー(以下フープロ)を使っても良いです。フープロがある場合は、まだ野菜は刻まなくて良いので、次の手順に進みましょう。具材に火を通しながら、刻んでいきます。

1cm幅に切り揃えます

step
3
鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけます。


オリーブオイルとにんにく

step
4
ふつふつして良い香りがしてきたら、ベーコンを入れます。

弱火のまま炒め、焦がさないようにしましょう。

ベーコン

step
5
にんじんをフープロにかけます。

1cm角と粗めに刻みますので、コツはあらかじめ野菜を大きめの乱切りにしておき、フープロの数値は低めに設定し、ほんの少し長めに回すと、刃にかかることもなく、粗い目で上手く刻むことができます。

にんじん

step
6
鍋ににんじんを加え、油が回るように炒めます。火加減は弱火のままです。


にんじん

step
7
同じ要領で、刻んだセロリを加えます。葉の部分も入れて、まったく問題ありません。

油が回るよう、かき混ぜながら炒めます。

セロリ

step
8
玉ねぎを加え、油が回るよう、かき混ぜながら炒めます。

火加減はずっと弱火です。じっくりとソフリットを作りましょう。

玉ねぎ

step
9
同じ要領で、キャベツを追加します。

キャベツをフープロにかける際は、ざっくり芯と葉の部分を分けます。芯は煮込むと苦味が出ますので、使わないほうが良いです。芯に近い部分は細かいみじん切りにして、鍋に入れます。
葉の部分は、少し大きめに、ほぼ同じ大きさに切っておいてからフープロの小さめの設定にかけることで、同じような大きさでスムーズに切りそろえることができます。

キャベツ

step
10
キャベツを全て刻んだら、全体をよくかき混ぜてからトマト缶を加え、白ワインも加え、トマト缶を洗うように水を入れて鍋に加えます。

  • 圧力鍋で作る場合:この時点では、鍋底から1/3量のかさまでの水を入れます。分量の水がそれ以上のかさになる場合は、手順12で加えます。そうしないと、加圧中あふれることがあり、危険です。
  • 普通のお鍋の場合:すべての材料が完全につかる程度の水を入れます。
  • 鍋に加えます

    step
    11
    ブイヨンスープの素を加え、ざっと混ぜてから、ローリエを加えます。

    • 圧力鍋で作る場合:圧力鍋のふたを閉め、低圧にセット、加圧後1分で火を止め、自然放置します。圧が抜けたら次の手順に進みます。
    • 普通のお鍋の場合:煮立ったら弱火にし、30~40分コトコト煮込み、そのまま塩、こしょうで味を整えて仕上げます。
    • 煮込みます

      step
      12
      圧が抜けたら、ふたを開け、残りの量の水を加えて、ひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を整えて出来上がりです。

      もし、アクが気になるようでしたら取り除きましょう。
      8~9人分を作る場合は、まず100~200ml程度を加え、沸騰させて、味をみるのが賢明です。

      出来上がり

      スープ皿、カップによそい、お好みでパルメザンチーズやパセリ、オレガノ、バジルなどをかけると良いです。

      具材のバリエーション

      タイトルに「具だくさん本格ミネストローネ」と書きましたが、ミネストローネはそもそも「具だくさんスープ」という意味ですので、いろんな具材が本当によく合います。
      また、「本格」と書きましたが、この材料でこの手順でなければならない、ということはありません。

      ミネストローネが世界中で人気なのは、家庭にある材料で簡単に出来て、野菜たっぷりの滋味ある、ホッとする暖かい味だからだと思います。
      いろんな具材や香辛料を試してみて、ぜひ、「これがうちの味」というのを探してみるのも、すごく楽しいと思いますよ。

      私が試しておいしかった具材をメモしておきます。ご参考になれば幸いです。

      野菜

      • 玉ねぎ
      • にんじん
      • セロリ
      • パプリカ
      • ピーマン
      • 生のトマト(皮は湯むきしましょう)
      • かぶ
      • 大根
      • 白菜
      • なす
      • ズッキーニ
      • かぼちゃ
      • じゃがいも
      • しめじ
      • まいたけ
      • しいたけ
      • エリンギ
      • マッシュルーム
      • ポルチーニ(高い……)

      たんぱく質・穀類

      • ベーコン
      • パンチェッタ
      • ハム
      • ウインナー
      • 鶏肉(むね、もも、手羽)
      • あさり
      • チーズ(仕上げに)
      • 白いんげん豆
      • 大豆
      • ひよこ豆
      • 押麦
      • 玄米
      • マカロニ

      香辛料

      • オレガノ
      • バジル
      • パセリ
      • ローリエ
      • ナツメグ

      作り置きのコツ・ポイント

      • 煮込みに入るまでは、弱火で焦がさないようにしましょう。焦げやすい鍋の場合は、フライパンであらかじめ具材を炒めてから、煮込み鍋に入れると良いです。
      • 具材にかぼちゃ、じゃがいもを使う場合は、加圧後に加え、15分程度煮込みます。普通の煮込み鍋で作る際は、30~40分程度煮込んだ後に加えて、さらに15分ほど煮込みます。いずれも、溶けすぎないようにしましょう。
      • 塩は、よく味見してから少しずつ加えましょう。もし貝類を入れるのであれば、味・塩味とも濃くなりますので、コンソメや塩は、控えめの分量から、味見しつつ加えたほうが良いです。
      • 作り置きとして保存する際は、出来上がったら鍋ごと冷水に浸けて急速に冷やして冷蔵庫に入れましょう。室温10℃以下ならキッチンに置いたままでも構いませんが、その場合は、朝晩1日2回、煮返して、そして急冷しましょう。ですので、冷蔵庫で保存し、いただく分だけ温めたほうが、食中毒防止の観点からは賢明です。煮詰まってきたら、少し(30ml前後)水を足しながら煮返すと良いです。

      アレンジのヒント

      • イタリア家庭料理ですので、パスタやリゾットに応用できます。茹でたパスタにかけて、パルメザンチーズ、お好みでパセリ、オレガノ、バジル、挽いた黒こしょうをかければ、速攻スープパスタの出来上がりです。
      • 同じ要領で、1人前のスープに、冷ご飯をお茶碗軽く一杯入れて鍋にかけ、ひと煮立ちさせ、パルメザンチーズか、とろけるチーズと、お好みでパセリ、オレガノ、バジル、挽いた黒こしょうをかければ、速攻リゾットの出来上がりです。朝食に、晩酌のシメにどうぞ。
      • 1人前のスープに、マカロニを加えて茹で、チーズとパン粉をかけて耐熱容器に入れ、オーブントースターで軽く焦げ目が付くまで焼いたら、グラタンの出来上がりです。マカロニの代わりにお餅を切ったものでも格別です。
      • 肉団子や、ロールキャベツを煮てもおいしいですよ。

      おすすめ食材、ツール

      このカットトマト缶は、すごくトマトが濃く、決して水っぽくなく、トマトの味と風味がとても濃く仕上がるので、お気に入りのトマト缶です。amazon定期おトク便ですとかなり得ですが、24缶届きますので、収納場所を確保してから注文しましょう。

      スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


      具だくさん激辛スープ(キムチ鍋風)
      具だくさん激辛スープ(キムチ鍋風)

      冷蔵4日 今日は、激辛スープ(キムチ鍋風)のレシピをご紹介します。 材料の種類は最小限にしていますので、お好みの具材を足 ...

      くずし冬瓜の澄まし汁 冷やしても温めても
      くずし冬瓜の澄まし汁 冷やしても温めても

      冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、冬瓜をとろとろに煮て作る澄まし汁のレシピをご紹介します。 冬瓜は、利尿作用、解毒作用があり ...

      【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ
      【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

      食べ切り 今回は、特別編「鍋料理のレシピ」です。 本当にたくさんのリクエストをいただいていました、私がよく作る鍋料理「ス ...

      だしの取り方&だしがらの活用法
      だしの取り方&だしがらの活用法

      冷蔵1週間 今回は、以前からたくさんのリクエストをいただいていた、だしの取り方&だしがらの活用法をご紹介します。 黄金色 ...

      ルウ不要のクリームシチュー
      ルウ不要のクリームシチュー 2種類のレシピと具材のバリエーション

      冷蔵5日 今回は、クリームシチューが、ルウ不要で簡単に出来上がる、2種類のレシピと具材のバリエーションをご紹介します。 ...


      もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, トマト, 玉ねぎ, にんじん, キャベツ, セロリ, にんにく, ベーコン, オリーブオイル, ローリエ, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風, スープ・汁物

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.