人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず じゃがいも 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

ごはんが、お酒が、ガンガン進む、危険な炭水化物。新じゃがの甘辛味噌炒め煮

更新日:

冷蔵5日

新じゃがの甘辛味噌炒め煮
今回は、小さい新じゃがを使ったレシピをご紹介します。

皮をむかなくて調理できる新じゃがは、時短作り置きの強い味方。それだけの理由で試しに作ってみたら、大量に作ったはずが初回は1日で完食されてしまった、嬉しい悲鳴の一品です。

小さめのコロコロした新じゃがが手に入ったら、ぜひお試しいただきたい素敵レシピのご紹介です。でも、作ってもすぐに完食されてしまうので、作り置きには向いていないかもしれませんね(ノ∀`)

スポンサーリンク

レシピについて

新じゃがの皮をむかずに調理するので、作りやすいですよ。
調味料を見直し、みそをベースに、少し甘めに、甘辛く仕上げています。

材料

4人分
新じゃがいも(小さいもの) 400g
サラダ油 大さじ1
■合わせ調味料
みそ 大さじ1
砂糖 大さじ1
 大さじ1
みりん 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
だし汁 60cc(大さじ4)
(または) 水60cc(大さじ4)+顆粒だしの素小さじ1/4
■仕上げ
ごま油 小さじ1
8人分
新じゃがいも(小さいもの) 800g
サラダ油 大さじ2
■合わせ調味料
みそ 大さじ2
砂糖 大さじ2
 大さじ2
みりん 大さじ4
しょうゆ 小さじ2
だし汁 120cc
(または) 水120cc+顆粒だしの素小さじ1/2
■仕上げ
ごま油 小さじ2

具材 4人分 8人分
新じゃがいも(小さいもの) 400g 800g
サラダ油 大さじ1 大さじ2
■合わせ調味料
みそ 大さじ1 大さじ2
砂糖 大さじ1 大さじ2
大さじ1 大さじ2
みりん 大さじ2 大さじ4
しょうゆ 小さじ1 小さじ2
だし汁 60cc(大さじ4) 120cc
(または) 水60cc(大さじ4)+顆粒だしの素小さじ1/4 水120cc+顆粒だしの素小さじ1/2
■仕上げ
ごま油 小さじ1 小さじ2

作り方

1 新じゃがは泥がなくなるまでよく洗います新じゃがをよく洗います。

新じゃがは大きめのボウルに入れて、じゃがいもの2/3くらいが浸かる程度の水を入れ、手で上からぎゅっと押さえながら、ゴロゴロ転がすようにして泥を取ります。お米を研いでるような感覚に近いですね。

3回くらい繰り返すと、水がきれいになりますので、最後は流水で洗い流します。

2 じゃがいもを茹でます洗ったじゃがいもを竹串がスッと通るまで茹でます。

私は圧力鍋を使って茹でています。鍋底からじゃがいもが半分~2/3くらいが浸かる程度の水を入れ、低圧にセットして加圧後1分→自然放置で、きれいに茹で上がります。

3 調味料を合わせておきますじゃがいもを茹でている間に、調味料を合わせておきます。よく混ぜ合わせて、みそを完全に溶かしておきましょう。
4 フライパンに油を熱し、じゃがいもを炒めますフライパンに炒め用サラダ油をよく熱して、じゃがいもを入れて中火で熱し、皮に焼き色がつくまでしっかりと炒めます。
5 調味料を入れて絡めながら炒り煮にします皮に焼き色が付いたら、火を少し弱めて、3の調味料を入れて絡めながら炒り煮にします。焦げやすいので注意しましょう。

水分が減り、じゃがいもに照りが出て、たれがねっとりしてきたら、仕上げにごま油を回しいれてひと炒めして、出来上がりです。

作り置きのコツ

  • 手順3の調味料を合わせる際は、みそを完全に溶かしておきましょう。また、手順4では、皮に焼き色がつくまでしっかり炒めましょう。皮のパリッとした食感と焦げの香ばしさが、みそダレに本当によく合います。
アレンジのヒント

  • 作り置きして温める際、バターを乗せて温め、崩しながら食べると、バターの風味と香ばしい醤油とみそが絡まり、何とも言えないアツアツのおいしさが広がります。さらに、それをアツアツのご飯にかけて食べると格別ですが、遅い時間はやめたほうがいいと思います。
  • 少し崩したものにマヨネーズを和えて耐熱皿に入れ、お好みでネギを散らしてオーブントースターで5~6分ほど焼くと、とんでもなくおいしくアルコールに合う和風ポテトグラタンが出来上がります。しかしこれも、遅い時間はやめたほうがいいと思います。
おすすめ食材、ツール
これ1本で、みそを使う際にも、それ以外の工程にも重宝します。みそはもちろん、練りごまやコチジャンなどのペースト状の調味料の計量が簡単、そのまま混ぜて溶かしやすい、そして、ドレッシング作りなどの少量の液体をよく混ぜ合わせるような工程にも大活躍しています。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, じゃがいも, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.