レシピ 野菜のおかず じゃがいも 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

新じゃがの甘辛味噌炒め煮

更新日:

冷蔵5日

新じゃがの甘辛味噌炒め煮
今回は、小さい新じゃがを使ったレシピをご紹介します。

皮をむかなくて調理できる新じゃがは、時短作り置きの強い味方です。大量に作ったはずが初回は1日で完食されてしまった、嬉しい悲鳴の一品です。

小さめのコロコロした新じゃがが手に入ったら、ぜひお試しいただければ幸いです。

スポンサーリンク

レシピについて

新じゃがの皮をむかずに調理するので作りやすいです。
調味料を見直し、みそをベースに、少し甘めに、甘辛く仕上げています。

材料

4人分
新じゃがいも(小さいもの) 400g
サラダ油 大さじ1
■合わせ調味料
みそ 大さじ1
砂糖 大さじ1
 大さじ1
みりん 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
だし汁 60cc(大さじ4)
(または) 水60cc(大さじ4)+顆粒だしの素小さじ1/4
■仕上げ
ごま油 小さじ1
8人分
新じゃがいも(小さいもの) 800g
サラダ油 大さじ2
■合わせ調味料
みそ 大さじ2
砂糖 大さじ2
 大さじ2
みりん 大さじ4
しょうゆ 小さじ2
だし汁 120cc
(または) 水120cc+顆粒だしの素小さじ1/2
■仕上げ
ごま油 小さじ2

作り方

1 新じゃがは泥がなくなるまでよく洗います新じゃがをよく洗います。

新じゃがは大きめのボウルに入れて、じゃがいもの2/3くらいが浸かる程度の水を入れ、手で上からぎゅっと押さえながら、ゴロゴロ転がすようにして泥を取ります。お米を研いでるような感覚に近いですね。

3回くらい繰り返すと、水がきれいになりますので、最後は流水で洗い流します。

2 じゃがいもを茹でます洗ったじゃがいもを竹串がスッと通るまで茹でます。

私は圧力鍋を使って茹でています。鍋底からじゃがいもが半分~2/3くらいが浸かる程度の水を入れ、低圧にセットして加圧後1分→自然放置で、きれいに茹で上がります。

3 調味料を合わせておきますじゃがいもを茹でている間に、調味料を合わせておきます。よく混ぜ合わせて、みそを完全に溶かしておきましょう。
4 フライパンに油を熱し、じゃがいもを炒めますフライパンに炒め用サラダ油をよく熱して、じゃがいもを入れて中火で熱し、皮に焼き色がつくまでしっかりと炒めます。
5 調味料を入れて絡めながら炒り煮にします皮に焼き色が付いたら、火を少し弱めて、3の調味料を入れて絡めながら炒り煮にします。焦げやすいので注意しましょう。

水分が減り、じゃがいもに照りが出て、たれがねっとりしてきたら、仕上げにごま油を回しいれてひと炒めして、出来上がりです。

作り置きのコツ

  • 手順3の調味料を合わせる際は、みそを完全に溶かしておきましょう。また、手順4では、皮に焼き色がつくまでしっかり炒めましょう。皮のパリッとした食感と焦げの香ばしさが、みそダレに本当によく合います。
アレンジのヒント

  • 作り置きして温める際、バターを乗せて温め、崩しながら食べると、バターの風味と香ばしい醤油とみそが絡まり、何とも言えないアツアツのおいしさが広がります。さらに、それをアツアツのご飯にかけて食べると格別ですが、遅い時間はやめたほうがいいと思います。
  • 少し崩したものにマヨネーズを和えて耐熱皿に入れ、お好みでネギを散らしてオーブントースターで5~6分ほど焼くと、とんでもなくおいしくアルコールに合う和風ポテトグラタンが出来上がります。しかしこれも、遅い時間はやめたほうがいいと思います。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。


愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

じゃがいものレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの黒ごまわさび和え
【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの黒ごまわさび和え

冷蔵5日 今日は、千切りにしたじゃがいもを、黒ごまとわさびで和えるレシピをご紹介します。 黒ごまとわさびの香りが豊かな、 ...

【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの梅おかか和え
【野菜ひとつ】千切りじゃがいもの梅おかか和え

冷蔵1週間 今日は、じゃがいもを梅とかつお節で和えるレシピをご紹介します。 じゃがいもは千切りにすると、蒸したりゆでたり ...

長ねぎとじゃがいもの塩炒め煮
長ねぎとじゃがいもの塩炒め煮

冷蔵5日 今日は、長ねぎとじゃがいもを、塩味で炒め煮にするレシピをご紹介します。 長ねぎとじゃがいもを、しょうがをきかせ ...

じゃがいもと鮭のしょうゆバター
じゃがいもと鮭のしょうゆバター

冷蔵5日 今日は、じゃがいもと鮭をバターで絡めるレシピをご紹介します。 皮ごと一口大に切ったじゃがいもと、下ごしらえいら ...

じゃがいもと塩昆布のレモンマリネ
じゃがいもと塩昆布のレモンマリネ

冷蔵5日 今日は、千切りにしたじゃがいもと塩昆布をマリネにするレシピをご紹介します。 じゃがいもを千切りにし、炒めてから ...


もっと見る

新刊「やさしい作り置き」出版

やさしい作り置き


 いちばんやさしいレシピ本を目指しました。食材ひとつ、味付け簡単、フライパンひとつ、火を使わない、包丁いらず、などなど、簡単で、作りやすく、味が決まりやすいレシピばかりを書き下ろし、撮り下ろしました。

 また、今回は、1品作るだけでたんぱく質も野菜もしっかり摂れる、主菜のレシピをたっぷりと詰め込んでいます。もちろん、平日のすき間時間でも作ることができる「野菜ひとつ」の副菜も、より味が決まりやすく、作りやすくパワーアップして、盛りだくさんに詰め込みました。

 簡単料理レシピとして、作り置きの基本として、必ず役立つ内容を、この一冊に、限界まで詰め込みました。一人でも多くの方に、手に取っていただけますと幸いです。

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, じゃがいも, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.