レシピ 野菜のおかず きゅうり 野菜ひとつ 冷蔵1週間 ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】きゅうりの甘酢漬け

更新日:

冷蔵1週間

きゅうりの甘酢漬け
今日は、甘酢味のきゅうりレシピをご紹介します。

できるだけ洗い物が少なく、でもしっかりおいしくなる手順をご説明します。
はちみつを使い、柔らかな酸味と甘味に仕上げています。

スポンサーリンク

レシピについて

きゅうりを塩で揉み込み、水気を絞ってから、調味料を絡めて完成です。

材料

4人分

  • きゅうり 4本(5本まで漬けられます)
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • 酢(米酢がおすすめ) 大さじ3
  • はちみつ 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)~

8人分

  • きゅうり 8本(10本まで漬けられます)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 酢(米酢がおすすめ) 大さじ6
  • はちみつ 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • ごま油 大さじ2
  • 輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)~

作り方

1 きゅうりはヘタの部分を切り落とし、きゅうりはヘタの部分を切り落とし、

2 包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、包丁のみね(背の部分)か、めん棒でたたき、

3 2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。
ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味が染み込みやすくなります。

4 丈夫な袋にきゅうりと塩を入れ、丈夫な袋にきゅうりと塩を入れ、よくもみ込み、10分ほど置きます。
5 水分を捨てます水分が出てきますので、袋をねじり絞るようにして、水分を捨てます。
写真は撮影の都合から片手で行っていますが、両手を使って絞りましょう。
6 合わせ調味料を加え、軽くもみ込みます。合わせ調味料を加え、全体に混ざるよう、軽くもみ込みます。
このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

7 保存充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存することをおすすめします。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。

作り置きのコツ

  • きゅうりをちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味が染み込みやすくなります。
  • 冷蔵保存の際は、できれば袋のままではなく、充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口からの液漏れ事故を防ぐことができます。
アレンジのヒント

  • 一緒に混ぜ込む&添えておいしい具材:千切りしょうが/かぶ/わかめ/トマト/ゆでだこ/ラー油
おすすめ食材、ツール
内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, きゅうり, 野菜ひとつ, 冷蔵1週間, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.