キャベツと豚こまのしょうゆマヨ炒め

レシピ 野菜のおかず キャベツ お肉のおかず 豚肉 豚こま切れ肉 マヨネーズ 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

キャベツと豚こまのしょうゆマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月


キャベツと豚こまのしょうゆマヨ炒め

今日は、たっぷりのキャベツと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

たっぷりのキャベツと豚肉に、焼けたマヨネーズと香ばしいしょうゆがトロッと絡んで、ご飯がモリモリ進みます。

マヨネーズにしょうゆを合わせて加熱することで、意外とあっさりとマイルドに全体をまとめます。

メインのおかずにはもちろん、ご飯にかけて丼飯に、レタス包みの具材にと、野菜もご飯もたっぷりお召し上がりいただけます。

レシピについて

片栗粉をまぶしつけた豚肉を炒め、ザク切りにしたキャベツを加えて蒸し煮にし、調味料と和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2
  • 酒 大さじ3(45ml)
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)

8人分

  • キャベツ 1個(巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4
  • 酒 大さじ6(90ml)
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ6
  • しょうゆ 80ml(大さじ5+小さじ1)

作り方

step
1
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

今回は1個約2.5kgの大きめキャベツですので、1/3個程度にしています。

手順1~3でキャベツの下ごしらえをします。
これらの作業は、手順6~7で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

キャベツ
キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。キャベツ1/2個なら、端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

ザクザクと切ります
ザクザクと切ります
ザクザクと切ります

step
4
ボウルに合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順6~7で豚肉を炒めている間か、手順11でキャベツを蒸し焼きにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
5
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉
豚こま切れ肉
豚こま切れ肉

step
6
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順5の豚肉をほぐし入れ、

8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて作るほうが賢明です。

サラダ油
豚こま

step
7
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5~6分ほどほったらかしにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。

ほったらかし

step
8
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、後の工程でほぐれますので、神経質になる必要はありません。

ほぐす
ほぐす

step
9
手順3のキャベツをほぐして加え、

特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなり、キャベツ嫌いを生むひとつの要因になります。

キャベツ

step
10
酒を全体に振りかけて、ふたをして蒸し焼きにします。

火加減はずっと弱めの中火のままです。
もし焦げ付きが気になるようなら、フライパンの底から豚肉をはがすようにしてヘラを入れて、こすっておいてから、ふたをするとよいです。

酒
ふた

step
11
4~5分程度蒸し焼きにし、充分に蒸気が出て、キャベツがしんなりとしたら、全体を混ぜ合わせ、

ふた
キャベツ
全体を混ぜ合わせ

step
12
手順4の合わせ調味料を回し入れて、全体を混ぜ合わせ、2~3分ほど加熱し、全体を煮詰めます。


合わせ調味料
全体を混ぜ合わせ
加熱します

step
13
煮汁を全体に絡め、火を止めます。

一見たっぷりの煮汁に見えても、ざっと混ぜ合わせると、意外に煮詰まっています。加熱し過ぎて焦がさないようにしましょう。

全体を混ぜ合わせ
全体を混ぜ合わせ

step
14
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて作るほうが賢明です。
  • 豚肉を炒める際は、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • キャベツを加える際は、特に、キャベツの芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなり、キャベツ嫌いを生むひとつの要因になります。
  • 仕上げの際、一見たっぷりの煮汁に見えても、ざっと混ぜ合わせると、意外に煮詰まっています。加熱し過ぎて焦がさないようにしましょう。
  • 保存容器は、充分に消毒してから使用しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/ピーマン/もやし/にんじん
  • ご飯の上にたっぷりと乗せて、丼飯にも。
  • レタスで包んでも。
  • 卵で閉じても。豚平焼き風に仕上がります。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】キャベツの梅和え
【野菜ひとつ】キャベツの梅和え

冷蔵5日 今日は、キャベツを梅であっさりといただくレシピをご紹介します。 ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たり ...

キャベツとツナのマスタードマヨサラダ
キャベツとツナのマスタードマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、キャベツとツナを使ったレシピをご紹介します。 粒マスタードにマヨネーズを合わせた、マイルドな甘酸っぱさ ...

キャベツとツナのコールスロー
キャベツとツナのコールスロー

冷蔵4日 今日は、キャベツとツナを使ったレシピをご紹介します。 軽い口当たりの、さっぱりとしたマヨネーズ仕立てです。暑い ...

【野菜ひとつ】キャベツの酢の物
【野菜ひとつ】キャベツの酢の物

冷蔵5日 今日は、キャベツを酢の物でいただくレシピをご紹介します。 ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。 ...

【野菜ひとつ】ピリ辛キャベツ
【野菜ひとつ】ピリ辛キャベツ

冷蔵5日 今日は、キャベツをピリ辛味でいただくレシピをご紹介します。 豆板醤を使ったピリ辛ダレでキャベツを和えます。さっ ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, お肉のおかず, 豚肉, 豚こま切れ肉, マヨネーズ, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ