キャベツと豚こま切れ肉の酒蒸し

レシピ 野菜のおかず キャベツ 豚肉 豚こま切れ肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

キャベツと豚こまの酒蒸し

冷蔵5日/冷凍1か月


キャベツと豚こま切れ肉の蒸し煮

今日は、キャベツと豚こま切れ肉を蒸し煮にするレシピをご紹介します。

ザク切りにしたキャベツと豚こま切れ肉を重ね、塩と酒をふりかけ、ふたをして火にかけたら、あとはほったらかしです。

キャベツからにじみ出るたっぷりの水分と豚肉の旨味、これらが組み合わさった味わいは、五臓六腑にしみわたります。

シンプルな料理ですので、お好みの具材や香辛料を加えたりと、幅広くアレンジできます。料理がしんどいときにもどうぞ。

レシピについて

キャベツをザク切りにして、豚こま切れと重ね、塩、酒をふりかけて、蒸し煮にします。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 豚こま切れ肉 400g
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • 塩 小さじ2

8人分

  • キャベツ 1個(巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 豚こま切れ肉 800g
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • 塩 小さじ4

作り方

step
1
キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツ
キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。キャベツ1/2個なら、端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

ザクザクと切ります
ザクザクと切ります
ザクザクと切ります
ザクザクと切ります

step
4
フライパンか大きめの鍋に、キャベツの1/3量を入れます。

8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて蒸したほうが賢明です。
キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。

キャベツ

step
5
豚こま切れ肉の1/2量を並べ入れ、塩の1/2量を振り入れます。


豚肉
1/2量

step
6
その上に、キャベツの1/3量、豚こま切れ肉の1/2量を並べ入れ、塩の1/2量を振り入れます。


キャベツ
豚肉

step
7
残りのキャベツ、酒を回しかけて、


キャベツ
キャベツ

step
8
ふたをして弱めの中火にかけます。

じっくりと蒸し煮にすることで、キャベツの旨味を引き出します。
フライパンによっては、厚手のものなど、熱が行き渡るまで時間がかかることもありますが、「ジューッ……」という音がし始めてからは、蒸気が出るまでは早いです。くれぐれも焦って強火にして焦がす、ということはないようにしましょう。

この写真の場合、次の手順まで約15分間蒸しています。

ふた

step
9
充分に蒸気が立ったら、ヘラで底から上下を返し、再びふたをして、


蒸気が立ったら
蒸気が立ったら
ヘラで底から上下を返して
ふた

step
10
さらに2~3分ほど、再び蒸気が立つまで加熱します。豚肉に火が通り、キャベツがお好みの柔らかさになったら火からおろします(火を止めます)。

ここで味見をします。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

蒸気が立ったら
蒸気が立ったら
ヘラで底から上下を返して
ヘラで底から上下を返して

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて蒸したほうが賢明です。
  • キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。
  • フライパンによっては、厚手のものなど、熱が行き渡るまで時間がかかることもありますが、「ジューッ……」という音がし始めてからは、蒸気が出るまでは早いです。くれぐれも焦って強火にして焦がす、ということはないようにしましょう。
  • 塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/干し椎茸/玉ねぎ/緑豆春雨/お好みのきのこ類
  • いただく際にお好みでふりかけるとおいしい香辛料:ごま油/こしょう/ラー油/一味・七味唐辛子
  • 市販のカレールウを加えても。
  • 酒をたっぷりと(4人分200ml目安)加え、お好みの具材を加えて、鍋料理としても。塩、お好みでしょうゆで味付けします。

おすすめ食材、ツール

私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。特に、味付けがシンプルな料理に使う際には、とても頼りになります。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】キャベツの梅和え
【野菜ひとつ】キャベツの梅和え

冷蔵5日 今日は、キャベツを梅であっさりといただくレシピをご紹介します。 ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たり ...

キャベツとツナのマスタードマヨサラダ
キャベツとツナのマスタードマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、キャベツとツナを使ったレシピをご紹介します。 粒マスタードにマヨネーズを合わせた、マイルドな甘酸っぱさ ...

キャベツとツナのコールスロー
キャベツとツナのコールスロー

冷蔵4日 今日は、キャベツとツナを使ったレシピをご紹介します。 軽い口当たりの、さっぱりとしたマヨネーズ仕立てです。暑い ...

【野菜ひとつ】キャベツの酢の物
【野菜ひとつ】キャベツの酢の物

冷蔵5日 今日は、キャベツを酢の物でいただくレシピをご紹介します。 ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。 ...

【野菜ひとつ】ピリ辛キャベツ
【野菜ひとつ】ピリ辛キャベツ

冷蔵5日 今日は、キャベツをピリ辛味でいただくレシピをご紹介します。 豆板醤を使ったピリ辛ダレでキャベツを和えます。さっ ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, 豚肉, 豚こま切れ肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ