人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ お肉のおかず 鶏むね肉 オーロラソース 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

節約簡単豪華おかず えびマヨちゃうよ「鶏マヨ」

更新日:

冷蔵5日

鶏マヨ
今回は、安価な鶏むね肉を使って、ボリュームたっぷりの鶏マヨのレシピをご紹介します。

えびマヨはおいしいですが、えびはだいたい高価です。
鶏むね肉で作ると、安価でおいしく、たっぷりの量がいただけます。また、柔らかく仕上がり、見た目にも豪華です。
鶏肉を炒めて、オーロラソースで絡めるだけで出来上がる手軽さも嬉しいですね。

作り置きしておくと、野菜を付け合わせてさっと晩ごはんに、お弁当のおかずにと、大活躍しますよ。

スポンサーリンク

レシピについて

全般見直しました。写真は8人分です。

材料

【4人分】
鶏むね肉 2枚
片栗粉 大さじ3前後
サラダ油 大さじ1
■下味
塩こしょう 少々(親指と人さし指の指2本でつまんだ量)
酒 小さじ1
酢 小さじ1
■ソース
マヨネーズ 大さじ3
ケチャップ 大さじ1
牛乳 大さじ2
砂糖 小さじ1
レモン汁 小さじ1
■あればおいしい調味料・具材
ジン(ソースに足す)小さじ1
練乳(ソースの牛乳・砂糖と代えて)大さじ2
ナンプラー(ソースに足す)小さじ1
カシューナッツを炒って砕いたもの(仕上げに)大さじ1
【8人分】
鶏むね肉 4枚
片栗粉 大さじ6前後
サラダ油 大さじ2
■下味
塩こしょう 小さじ1/2
酒 大さじ1
酢 大さじ1
■ソース
マヨネーズ 大さじ6
ケチャップ 大さじ2
牛乳 60cc
砂糖 小さじ2
レモン汁 小さじ2
■あればおいしい調味料・具材
ジン(ソースに足す)小さじ2
練乳(ソースの牛乳・砂糖と代えて)大さじ4
ナンプラー(ソースに足す)小さじ2
カシューナッツを炒って砕いたもの(仕上げに)大さじ2

作り方

1 鶏肉はそぎ切りにします鶏肉の下ごしらえをします。

鶏肉は、厚さ1cm程度の一口大に、そぎ切りにします。

「そぎ切り」とは、鶏肉などの厚みのある材料を、そぐように切る切り方のことです。材料の左端から、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ると、うまく、そぎ切りに出来ますよ。

鶏肉は、そぎ切りにすると、表面積が大きくなり、厚さがそろうことから、短時間でまんべんなく火が通り、味も均一に行き渡りますので、今回のように鶏肉を一口大サイズで切って焼く料理には、おすすめの切り方です。

2 下味に漬け込みますビニール袋に、鶏肉と下味用の調味料を入れ、下味用の調味料をまんべんなく鶏肉にもみ込んで、冷蔵庫で10分以上置いておきます。
3 ソースの材料を混ぜ合わせておきますソースの材料を混ぜ合わせておきます。8人分を作る際は、小さめのボウルをキッチンスケールに乗せ、材料を量りながら入れると良いですね。
4 鶏肉に片栗粉をまぶします2の鶏肉に片栗粉をまぶします。ビニール袋に鶏肉と片栗粉を入れ、袋の底をポンポンとたたくようにすると、きれいにまぶすことができます。
5 鶏肉を焼きますフライパンを弱めの中火にかけ、サラダ油を熱し、鶏肉を焼きます。

フライパンに鶏肉を置いたら、さわらず、混ぜたりしないで、動かさずそのままじっくりゆっくり焼くのが、きれいに柔らかく焼くコツです。

片面が焼けたら、ひっくり返し、両面がきつね色になるまで焼いて、完全に鶏肉の中まで火を通します。

6 ソースを絡めて焼きますしっかり鶏肉が焼けたら、ソースの材料を加えます。カシューナッツを加える場合は、ここで加えましょう。

火を強めの中火にし、手早くソースを全体に絡めながら火を通し、ソースがふつふつと煮立ったら完成です。

作り置きのコツ

  • 手順5でフライパンに鶏肉を置いたら、さわらず、混ぜたりしないで、動かさずそのままじっくりゆっくり焼くのが、きれいに柔らかく焼くコツです。焦って強火にしてかき混ぜたりすると、衣がはがれるため肉の旨味が流れ出てしまい、また、肉が縮んで固くなり、残念な仕上がりになります。
  • 手順6でソースを絡める際は、焦げやすいので、手早く行いましょう。焦げ付きが心配な場合は、弱めの中火のまま、ゆっくりと熱しても構いませんよ。必ず、ソースが煮立つまで火を通しておきましょう。
  • 本品と鶏むね肉の甘酢煮は、途中までの手順が同じです。鶏肉を切って、下味に漬けてから粉をまぶし、両面を焼く手順5までは、下味の調味料が若干違うのみで手順は同じですので、同時進行で作ると、2品が手早く完成できますよ。
アレンジのヒント

  • このレシピではむね肉を使っていますが、もちろんもも肉でもおいしいです。
  • サンドイッチの具材としても活躍します。レタス、鶏マヨを薄くマーガリンを塗ったパンに挟んでどうぞ。
  • 4人分を作る際は、むね肉は2枚、ソースの材料は2人分の1.5倍程度の量で充分です。
  • えびマヨの材料を鶏肉に替えていますので、鶏肉をえびに替えると、えびマヨを作ることができますよ。えびは火を通し過ぎないことがぷりぷりに仕上がるコツです。作り置きには向きませんのでご注意くださいませ。
    1. えび(2人分200g)は片栗粉をまぶしつけてよく水で洗って汚れを落とします。
    2. ソースの材料を大きめのボウルに混ぜ合わせておきます。
    3. 水気を切ったえびに片栗粉をまぶし、フライパンの底1cm深さに油を敷いて中火で熱し、えびを入れカラッと揚げ焼きにします。
    4. 3のえびを2のポウルに入れて、よく和えて完成です。出来立てをお召し上がりくださいませ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、ざっくりつぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンと大活躍します。また、耐熱温度が200℃ですので、今回のように炒める際のヘラとして、加熱したままサッとソースを絡めたり、揚げ物をすくう際など充分に使え、食洗機できれいに洗える、優秀キッチンツールです。

-レシピ, お肉のおかず, 鶏むね肉, オーロラソース, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.