レシピ 玉ねぎ にんにく お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

鶏むね肉で作るやわらかチキン

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月


鶏むね肉で作るやわらかチキン

今回は、簡単に鶏むね肉が驚くほど柔らかくなり、和風であっさり、なのにジューシーに仕上がるレシピをご紹介します。

鶏むね肉を、玉ねぎのすり下ろし、はちみつの力で柔らかくし、ゆっくりと火を通すことで、ふっくらと焼き上げます。
しょうゆベースのあっさり味です。

レシピについて

「味付けがくどい」「味が決まらない」というご指摘をふまえ、長年作っている間に見直しを行った内容を反映します。写真は8人分です。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 鶏むね肉 2枚
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 大さじ1
  • ■漬け汁
  • 玉ねぎのすり下ろし 1/2個分(100g目安)
  • にんにくすりおろし 1片分(小さじ1)
  • しょうゆ 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1
  • こしょう 小さじ1/3

8人分

  • 鶏むね肉 4枚
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 大さじ2
  • ■漬け汁
  • 玉ねぎのすり下ろし 1個分(200g目安)
  • にんにくすりおろし 2片分(小さじ2)
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • はちみつ 大さじ2
  • こしょう 小さじ2/3

作り方

step
1
鶏むね肉は、観音開きにします。皮を下にして、肉を縦長に置き、中央から斜め左、斜め右に包丁で肉に切り込みを入れます。

観音開きとは、肉に切り込みを入れて、中央から左右に開くことをいいます。真下に包丁を入れず、斜め左側、斜め右側に、そぐように包丁を入れると、きれいに左右に開き、平らな薄めのむね肉になります。ロールチキンなども、この方法で下ごしらえをすると、まんべんなく火が通り、きれいに仕上がります。

観音開きにします

step
2
観音開きにした鶏むね肉は、両面にフォークで穴を開けます。特に皮の面は念入りに穴を開けておきましょう。

焼き縮みや、焼いた後に硬くなることを防ぎます。

フォークで穴を開けます

step
3
漬け汁の材料を保存袋またはボウル、保存容器に入れ、下ごしらえをした鶏むね肉を入れ、よく揉み込み、そのまま冷蔵庫に入れて、1時間漬け込みます。

4人分までなら保存袋で充分ですが、大量に作る際は、大きめの保存容器に漬け込むとよいです。
この状態で3日間、冷蔵保存することが出来ます。

漬け込みます

step
4
漬け込みが終わったら、むね肉だけを取り出し、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取ってから、片栗粉をまぶします。

漬け汁は、後で使いますので、取っておきましょう。
きれいなビニール袋やボウル、バットなどに片栗粉を入れて、そこに水分を拭き取ったむね肉を入れて片栗粉をまぶすと、ムダにならず、きれいにまんべんなくまぶすことができます。

拭き取る

step
5
フライパンを熱し、サラダ油をひき、皮目を下にして鶏むね肉を置き、ふたをして、弱めの中火にかけます。


鶏むね肉を置き
ふたをして、弱めの中火にかけます

step
6
7~8分ほど経ち、表面が白っぽくなったら、皮目に焦げ目がついているか確認し、きつね色になっていたら、ひっくり返します。

余計な油は、キッチンペーパーで拭き取ります。

ひっくり返す

step
7
5~6分ほどそのままにし、焼き色が付いたら、取っておいた漬け汁を回しかけ、水分を飛ばすように照り焼きにします。

多少火を強めにしても構いませんが、焦げ付きやすいですので、時々鶏むね肉をひっくり返しながら、焦げ付かないように炒りつけて仕上げていきましょう。
煮汁を完全に煮飛ばす必要はありません。ソースとしてかけていただきます。

照り焼きにします

step
8
粗熱が取れてから、キッチンバサミなどで、食べやすい大きさに切ります。

アツアツの状態で切ろうとすると、モロモロになってしまいます。2~3分ほど置いて、軽く触れるくらいに熱が落ち着いてから、切り分けましょう。

切ります

保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

作り置きのコツ・ポイント

  • 鶏むね肉は観音開きにして厚さを均一にし、フォークでまんべんなく穴を開けることで、いっそう柔らかく、また、焼き縮みも防ぐことが出来ます。
  • しょうゆベースで、はちみつが入っているため、焦げやすいです。手順4でしっかり水分を拭き取り、その後片栗粉をまんべんなくまぶし、焼く時はふたをして、弱めの火加減で熱していきましょう。また、鶏むね肉はゆっくりと熱するほうが柔らかく仕上がりますので、弱めの火加減を心がけることが、おいしい仕上がりのコツです。
  • 鶏むね肉を柔らかくするため、漬け汁には1時間程度漬け込みましょう。漬け込みで冷蔵保存3日が可能ですので、鶏むね肉が特価の日に買って、焼くタイミングまで漬け込んでおくと良いです。
  • 保存容器は充分に消毒してから使いましょう。

アレンジのヒント

  • 唐揚げにもできます。溶き卵+片栗粉と上新粉を4:1でよく溶き、衣からねっとりとした細い糸が引く程度の粉の配合にしたものにくぐらせ、180度より少し高めの油で20~30秒揚げ、網に上げて20~30秒休ませて、さらに20~30秒揚げ、20~30秒休ませて、最後に高温でざっと仕上げます。絶品の唐揚げをいただくことができます。
  • 丼にも合います。漬け汁ごと熱し、卵を半熟でとじたものを、ご飯に乗せていただきます。あっさりなのに、たっぷりコクがあって、おいしいです。
  • 作り置きを温める際は、オーブントースターやフライパンでゆっくりと熱すると、とても柔らかくいただけます。

おすすめ食材、ツール

愛用品のキッチンバサミです。皮やスジ付き、調理済みの肉、骨付きの魚、ヌルヌルのイカも、皮ごと滑ることなくスパッと切れます。カーブがあるので、まな板、バットやお皿に乗っているままの食材も切りやすく、また、野菜などはこれでスパスパ切っています。錆びないのも嬉しいですね。使い方のコツは、大きく刃を開いて一気に切ることです。面白いように切れます。紙を切ったり、刃先だけで切るのは不得意ですので、完全に調理用専用バサミとして使用しています。

鶏肉のレシピはこちらもどうぞ


鶏肉とピーマンのカレー炒め
食欲刺激 鶏肉とピーマンのカレー炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉とピーマンを使ったレシピをご紹介します。 タレがしっかりと絡んだピーマンは、苦味と ...

食欲刺激 レッドホットチキンナゲット
食欲刺激 レッドホットチキンナゲット

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、辛いチキンナゲットのレシピをご紹介します。 チリパウダーや唐辛子を使い、スパイシーに仕上げ ...

鶏むね肉のにんにく照り焼き
手早くやわらか 鶏むね肉のにんにく照り焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉を使ったレシピをご紹介します。 固くなりがちな鶏むね肉は、いろいろな調理方法があり ...

誘惑の脂 鶏皮ねぎ酢
誘惑の脂 鶏皮ねぎ酢

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、鶏皮をたっぷりのねぎで和えた酢の物のレシピをご紹介します。 鶏皮がカリカリになるまでじっ ...

鶏むね肉のハニーナンプラー
クセになる甘辛味 鶏むね肉のハニーナンプラー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉をナンプラーとはちみつで仕上げるレシピをご紹介します。 むね肉に片栗粉をまぶしてゆ ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 玉ねぎ, にんにく, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.