レシピ 野菜のおかず スナップえんどう 野菜ひとつ すりごま 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】スナップえんどうのごま和え

冷蔵4日/冷凍1か月


スナップえんどうのごま和え

今日は、スナップえんどうを、たっぷりのごまで和えるレシピをご紹介します。

豆の旨味と甘味を最大限に活かして作ります。味付けは、すりごま、しょうゆ、かつお節のみ、旨味調味料と甘味は使用せず、しょうゆも控えめの分量ですが、かなりしっかりとした、豆の香りと甘さが引き立つ、コクたっぷりの味に仕上がります。

ビタミン、ミネラルたっぷりの副菜です。もうあと一品に、酒の肴に、お弁当のおかずに、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

筋をとったスナップえんどうをゆで、カットして調味料と和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • スナップえんどう 300g(40本程度)
  • ■合わせ調味料
  • すりごま 大さじ4
  • しょうゆ 大さじ1
  • かつお節 小袋1袋(2.5~3g×1)

8人分

  • スナップえんどう 600g(80本程度)
  • ■合わせ調味料
  • すりごま 大さじ8
  • しょうゆ 大さじ2
  • かつお節 小袋2袋(2.5~3g×2)

作り方

step
1
たっぷりのお湯を沸かし始めます。スナップえんどう300gで2リットル程度目安です。


たっぷりのお湯を沸かし始めます

step
2
スナップえんどうの筋を取ります。ヘタ(帽子のような形をしたほう)を下にして、上側の先を爪でポキッと折って、弓なりの内側(短いほう)に、スーッと引っ張って、太い筋を取ります。

スナップえんどうの筋は硬いです。普段きぬさや、さやいんげんの筋は取らないという方も、スナップえんどうの筋は、しっかりと取りましょう。
写真は撮影の都合から片手でアクロバティックなことになっていますが、しっかり両手を使って行いましょう。

えんどう
えんどう

step
3
ヘタ側も同じように爪でポキッと折って、弓なりの外側(長いほう)に、スーッと引っ張って、細い筋を取ります。

ヘタの反対側から内側の筋を取ってから、ヘタ側から外側の筋を取ると、途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。

えんどう
えんどう

step
4
慣れないうちは、途方もないような作業に感じるかもしれませんが、慣れると、2拍×2の4拍で1本分の筋が取れます。

4人分なら4秒×40本=160秒、2分40秒くらいで全部取り除けます。

えんどう

step
4
お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にし、


沸騰

step
5
沸騰したお湯に、筋を取ったスナップえんどうを一気に入れます。

スナップえんどうの歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。やわらかめにゆでたい方は、塩を2リットルあたり小さじ1/2入れるとよいです。
また、このあと、ごままみれにし、しょうゆで味付けしますので、特に緑色を強く出す必要はないと考えています。

えんどう

step
6
300gで2分30秒、600gで3分目安です。再度しっかりと沸騰したら、ざるに上げ、自然に冷まします。

水に浸けると水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。割とすぐに、さわれる程度に粗熱が取れます。
急ぐ場合は、氷水にさらして(3分以内)、水気をしっかりと絞ってから、調味料と和えましょう。

えんどう
えんどう

step
7
2つに斜め切りにします。

切ることで、味がしっかりと入ります。
大きい場合は3つに切るとよいです。

えんどう
えんどう

ゆでる前に切らなかったのは、切ってからゆでると、さやの中に水気が入り、その水気が抜けにくく、水っぽい仕上がりになるためです。
また、ゆでる前に筋を取ったのは、ゆでてから筋を取るとパカッと割れてしまうことと、加熱後にたくさん指で触ることから雑菌がつきやすく、作り置きには向かないためです。

step
8
ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。このとき、かつお節はすり潰して加えます。

かつお節は、手でもむようにしてすり潰すか、ゴムベラで切るようにして砕くとよいです。

合わせ調味料
合わせ調味料

step
9
手順7のスナップえんどうを加え、全体をよくほぐしながら和えます。

ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

和えます
和えます

step
10
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • スナップえんどうの筋は、ヘタの反対側から内側の筋を取ってから、ヘタ側から外側の筋を取ると、途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。
  • 水に浸けると水っぽい仕上がりになりますので、水にはさらしません。割とすぐに、さわれる程度に粗熱が取れます。急ぐ場合は、氷水にさらして(3分以内)、水気をしっかりと絞ってから、調味料と和えましょう。
  • 和える際は、菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り・ゆで)/ごぼう(ささがき・ゆで)/切干大根(ゆで)/お好みのきのこ(ゆで)/砕いたナッツ類/
  • 混ぜご飯、お茶漬けの具材にもどうぞ。
  • 卵焼き、オムレツ、ココットやキッシュの具材にもどうぞ。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

スナップえんどうのレシピはこちらもどうぞ


スナップえんどうの酒蒸し
スナップえんどうの酒蒸し

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを酒蒸しでいただくレシピをご紹介します。 スナップえんどうは、シンプルに塩 ...

スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め
スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 オイスターソース ...

スナップえんどうとちくわのごま照り焼き
スナップえんどうとちくわのごま照り焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうとちくわを使ったおかずのレシピをご紹介します。 スナップえんどうとちくわに ...

スナップえんどうとパプリカのペペロンチーノ風
スナップえんどうとパプリカのペペロンチーノ風

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを使った、カラフルなおかずのレシピをご紹介します。 スナップえんどうとパプ ...

【野菜ひとつ】スナップえんどうのごま和え
【野菜ひとつ】スナップえんどうのごま和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを、たっぷりのごまで和えるレシピをご紹介します。 豆の旨味と甘味を最大限に ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、事前の段取りから、飾り切りの方法、重箱への詰め方、2日目以降のおせち料理のいただき方などもご紹介しています。

おせち料理特集

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, スナップえんどう, 野菜ひとつ, すりごま, 時間がたってもおいしい, 和風