キャベツと生姜の浅漬け

レシピ 野菜のおかず キャベツ しょうが 赤唐辛子 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

キャベツと生姜の浅漬け

冷蔵5日


キャベツと生姜の浅漬け

今日は、キャベツとしょうがを使った浅漬けのレシピをご紹介します。

このレシピは、火を使いません。ざくざく切ったキャベツ、千切りにしたしょうがを漬け込みます。火を使いませんが、たっぷりの酢としょうが、鷹の爪を用いた調味料に漬け込みますので、作り置きとしての日持ちも問題ありません。

キャベツにしょうがを合わせると、キャベツ独特の青臭さが見事に無くなり、とても食べやすい仕上がりになります。ほんのり甘酸っぱくノンオイルでさっぱりとした口当たりは、蒸し暑い日でも、たっぷりと、いくらでも食べたくなります。

レシピについて

ザク切りにしたキャベツを塩と砂糖でもみ込み、千切りにしたしょうがと調味料を入れて漬け込みます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • しょうが※ 50g(大1~2片目安/しょうががお好きな方は、ぜひ60gでどうぞ)
  • ■もみ込み用調味料
  • 塩 小さじ1+1/2
  • 砂糖 大さじ1
  • ■漬け込み用調味料
  • 酢 大さじ2
  • 顆粒昆布だしの素(または昆布茶) 小さじ1
  • 赤唐辛子(鷹の爪) 1本

※しょうがは、ひねしょうが、新しょうが、どちらを使っても構いません。新しょうがのほうが、辛味がマイルドに仕上がります。

8人分

  • キャベツ 1個(巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • しょうが※ 100g(大2~4片目安/しょうががお好きな方は、ぜひ120gでどうぞ)
  • ■もみ込み用調味料
  • 塩 大さじ1
  • 砂糖 大さじ2
  • ■漬け込み用調味料
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • 顆粒昆布だしの素(または昆布茶) 小さじ2
  • 赤唐辛子(鷹の爪) 2本

※しょうがは、ひねしょうが、新しょうが、どちらを使っても構いません。新しょうがのほうが、辛味がマイルドに仕上がります。

作り方

step
1
キャベツの芯は取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツ
キャベツの芯

step
2
流水でよく洗い、汚れを落とします。特に外側の葉は、1枚ずつ芯からはがしてから、念入りに洗いましょう。

生のまま仕上げますので、この後、ゆでたり蒸したり、湯通しするといった手順がありません。しっかりと洗いましょう。

キャベツ
キャベツ

step
3
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
4
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。キャベツ1/2個なら、端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

ザクザクと切ります
ザクザクと切ります
ザクザクと切ります

step
5
丈夫な袋に、キャベツと、もみ込み用調味料を入れます。

袋がない場合は、大きめのボウルを使っても構いません。また、8~9人分を作る際は、袋を2枚使って4人分ずつ2セットにするか、大きめ(5リットル前後)の鍋を使うと良いです。それらの場合、使い捨て手袋をはめて調理すると、衛生的に安心です。

芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。

キャベツ
キャベツ

step
6
空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておき、袋の上から、全体をよくもみます。

全体を振って調味料を行き渡らせ、底を真下からポンポンとたたいたりして、全体が混ざるようにしながら、3分の2くらいのかさになるくらいまで、もみます。

キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
7
しょうがは千切りにします。

スライサーを使うと、きれいにラクに、素早く千切りにできます。

しょうが
しょうが

step
8
手順6の袋を絞るようにして、出てきた水分を捨てます。

割とたっぷりの水分が出ます。一見そんなことなさそうですが、袋をしばらく(10~20秒ほど)下に向けていると、たっぷりと水分が落ちてきます。

キャベツ

step
9
手順7のしょうがと、漬け込み用調味料を加え、全体をよくもみます。

この時も、空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておき、時々底を真下からポンポンとたたくようにしながらもむと、全体がよく混ざります。

キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
10
冷蔵庫で2時間以上ねかせます。

袋のまま保存しても構わないのですが、充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。理由は、保存中に調味料が漏れるなどの思わぬ事故を防ぐためです。また、保存容器のほうが、袋よりも取り出しやすいです。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 生のまま仕上げますので、ゆでたり蒸したり、湯通しするといった手順がありません。キャベツはしっかりと洗いましょう。
  • 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。
  • キャベツにもみ込み用調味料を加えてもみ、しばらく置いた後は、割とたっぷりの水分が出ます。一見そんなことなさそうですが、袋をしばらく(10~20秒ほど)下に向けていると、たっぷりと水分が落ちてきます。
  • 袋のまま保存しても構わないのですが、充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。理由は、保存中に調味料が漏れるなどの思わぬ事故を防ぐためです。また、保存容器のほうが、袋よりも取り出しやすいです。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:刻み昆布/きゅうり/かぶ
  • お弁当に詰める際は、水気をよく絞ってからにしましょう。
  • いただく際、オリーブオイルやごま油などお好みのオイルをかけると、サラダ感覚でいただけます。

おすすめ食材、ツール


私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。特に、味付けがシンプルな料理に使う際には、とても頼りになります。


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


昆布だしの素はこちらを愛用しています。たっぷり1kg、グルタミン酸の宝庫です。浅漬けやドレッシング、煮物など、和食から洋食、中華、韓国、エスニックまで、幅広く活躍します。

キャベツのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨサラダ
【野菜ひとつ】キャベツのごまマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、キャベツをごま風味でいただくレシピをご紹介します。 たっぷりのかつお節と、ごまの風味を活かしたマヨだれ ...

キャベツとトマトのマリネサラダ
キャベツとトマトのマリネサラダ

冷蔵5日 今日は、キャベツとトマトを使ったレシピをご紹介します。 トマトをごろごろ、ぜいたくに使ったドレッシングで、たっ ...

キャベツとりんごのマリネサラダ
キャベツとりんごのマリネサラダ

冷蔵5日 今日は、キャベツとりんごを使ったレシピをご紹介します。 りんごの甘酸っぱさを活かした、フルーティーで、あっさり ...

キャベツとツナのピリ辛和え
キャベツとツナのピリ辛和え

冷蔵5日 今日は、キャベツとツナを使ったレシピをご紹介します。 豆板醤と酢を使った、辛くて酸っぱい味付けです。暑い日や、 ...

【野菜ひとつ】キャベツの塩レモン和え
【野菜ひとつ】キャベツの塩レモン和え

冷蔵4日 今日は、キャベツとレモン果汁を使ったレシピをご紹介します。 黒こしょうをきかせた、あっさり、さっぱりとしたノン ...


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ
最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, しょうが, , 赤唐辛子, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

© 2020 スガ