小松菜と油揚げの煮びたし

レシピ 野菜のおかず 小松菜 油揚げ 冷蔵4日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

小松菜と油揚げの煮びたし

冷蔵4日/冷凍1か月

小松菜と油揚げの煮びたし

今日は、小松菜の煮びたしのレシピをご紹介します。

たっぷりと使った油揚げに、だしがしみ込んで、控えめの味付けでも旨味とコクたっぷり、小松菜の風味とよく合います。

切った小松菜と油揚げを、だし汁、しょうゆ、みりんで、さっと煮たら出来上がりです。手軽に出来て、たっぷりの野菜とたんぱく質も摂れる、ほっとする味わいのおかずです。

もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかずにも、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

油揚げを調味料で煮て、切った小松菜を加えて、ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 小松菜 2把(200g目安×2)
  • 薄揚げ(薄く安価なもの、厚めの京揚げ、どちらでも構いません) 4枚
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうゆ※ 大さじ2(30ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

8人分

  • 小松菜 4把(200g目安×4)
  • 薄揚げ(薄く安価なもの、厚めの京揚げ、どちらでも構いません) 8枚
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 800ml
  • (または)水800ml+顆粒和風だしの素 小さじ2
  • しょうゆ※ 大さじ4(60ml)
  • みりん 大さじ4(60ml)

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

作り方

step
1
小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落とし、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。

特に根元に土が付いていることがありますので、しっかりと洗いましょう。

切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。

小松菜小松菜
小松菜小松菜
小松菜小松菜

step
2
薄揚げは油抜きをしません。気になる方は、キッチンペーパーで表面を押さえて、油分を抜き取っておくとよいです。

青菜など素材が淡白なものと煮付ける際や、薄揚げだけを煮付けたりする際は、油抜きをせず、そのままのコクを活かしたほうがおいしいと、私は思います。

油揚げ油揚げ

step
3
縦半分に切ってから、端から1.5cm幅(人差し指の幅目安)に刻みます。

油揚げ油揚げ
油揚げ油揚げ

step
4
鍋かフライパンに、手順3の薄揚げ、合わせ調味料の材料を入れ、ふたをして強めの中火にかけます。

先に薄揚げを煮ることで、薄揚げの旨味を最大限に引き出します。

油揚げ油揚げ

step
5
蒸気が充分に出て全体がよく沸騰したら、中火にしていったんかき混ぜて、手順1の小松菜を茎、葉の順に入れ、再びふたをします。

小松菜を加える際、できるだけ余分な水気が入らないようにしましょう。水っぽい仕上がりになってしまいます。

小松菜小松菜
小松菜小松菜
小松菜小松菜

step
6
1~2分ほど経ち、蒸気が充分に出て全体が沸騰したら、底から上下を返すように全体をかき混ぜて、葉全体が煮汁に浸かり、煮汁がふつふつと沸騰したら火を止めます。

つゆごといただける、控えめの味付けです。味をみて、薄く感じるようであれば、しょうゆ、みりん各小さじ1/2ずつ程度を加えて調整します。

小松菜小松菜
小松菜小松菜

step
7
保存します。

できたてでもおいしいですが、冷める際に味がしみ込みますので、いったん粗熱が取れるまで冷ましてから軽く温めると、よりおいしくいただけます。

保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落としましょう。
  • 煮汁に小松菜を加える際、できるだけ余分な水気が入らないようにしましょう。水っぽい仕上がりになってしまいます。
  • つゆごといただける、控えめの味付けです。味をみて、薄く感じるようであれば、しょうゆ、みりん各小さじ1/2ずつ程度を加えて調整します。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷める際に味がしみ込みますので、いったん粗熱が取れるまで冷ましてから軽く温めると、よりおいしくいただけます。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/にんじん(千切り)/ちくわ
  • いただく際にかけておいしい具材:七味唐辛子/かつお節/とろろ昆布
  • うどん、そばの具材や、かけつゆとしても。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

うすくちしょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京にはうすくちしょうゆがなかなか売っていないので、amazonが重宝しています。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

小松菜のレシピはこちらもどうぞ


小松菜とちりめんじゃこの煮びたし
小松菜とちりめんじゃこの煮びたし

2021/10/14

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜の煮びたしのレシピをご紹介します。 ちりめんじゃこの旨味が溶け込んだ出汁で、たっぷり ...

【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え
【野菜ひとつ】小松菜のカレーマヨ和え

2021/10/10

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜とカレー粉を使った和え物のレシピをご紹介します。 スパイシーなのにマイルド、ご飯にも ...

【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え
【野菜ひとつ】小松菜の練りごま和え

2021/10/3

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜の和え物のレシピをご紹介します。 練りごま、しょうゆ、砂糖のシンプルな味付け、ごまの ...

小松菜とツナの粒マスタード和え
小松菜とツナの粒マスタード和え

2021/9/26

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜とツナを使ったレシピをご紹介します。 マヨネーズ不使用、たっぷりのツナと粒マスタード ...

【野菜ひとつ】小松菜のごましょうが和え
【野菜ひとつ】小松菜のごましょうが和え

2021/6/1

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、小松菜の和え物のレシピをご紹介します。 ごまとしょうがの、風味豊かな和え衣を使った一品です ...


もっと見る