レシピ 常備菜 野菜のおかず トマト 青ねぎ めんつゆ 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

食欲増進 トマトのねぎマリネ

更新日:

冷蔵5日

トマトのねぎマリネ
今日は、トマトを使った、ごま油とねぎの香りたっぷりのレシピをご紹介します。

トマトを切って、めんつゆベースの調味料と刻んだ青ねぎで和えて出来上がります。
ねぎは小口切りのパックを使っても構いません。
ごま油とねぎの香りが食欲を増進するこのレシピ、蒸し暑く食欲の落ちる時期にも、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

切ったトマトと青ねぎを、めんつゆ、ごま油、少しの砂糖を加えて和えて出来上がりです。

材料

4人分
トマト 4個
青ねぎ 1/2束(5~6本程度)
■合わせ調味料
めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ1
ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1/4
8人分
トマト 8個
青ねぎ 1束(10~12本程度)
■合わせ調味料
めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ2
ごま油 大さじ2
砂糖 小さじ1/2

作り方

1 ねぎは小口切りか、みじん切りにします。ねぎは小口切りか、みじん切りにします。
写真のようにフードプロセッサーで粗めに刻んでもよいですし、ねぎの小口切りのパックを使っても構いません。

2 トマトを洗い、トマトを洗い、

3 キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。
水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。

4 トマトはくし型に4つに切り、トマトはくし型に4つに切り、

5 ヘタを切り落とし、ヘタを切り落とし、

6 3~4つに切ります。3~4つに切ります。

7 ボウルにトマト、手順1のねぎ、合わせ調味料を入れて、ボウルにトマト、手順1のねぎ、合わせ調味料を入れて、

8 ゴムベラなどで底から全体を混ぜ合わせます。ゴムベラなどで底から全体を混ぜ合わせます。

9 切ったトマトは、手順1の合わせ調味料に漬け込みます。できたてもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上ねかすと、味が馴染んで、よりおいしくいただけます。
保存の際は、充分に消毒した容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、洗ったトマトの水気は、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取りましょう。
  • できたてもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上ねかすと、味が馴染んで、よりおいしくいただけます。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 具材を足してもおいしいです。きゅうり/もやし(ゆで)が合います。
  • お好みで一味唐辛子をかけてもOKです。
  • ミニトマトでも作れます。ヘタを取り、半分~4つに切って漬け込みます。
  • 1~2cm角に切って作ると、ドレッシングとしても活用できます。野菜はもちろん、冷奴、グリルした肉や魚、パスタなどに、たっぷりとかけてどうぞ。
おすすめ食材、ツール
ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

こちらは、愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

お菓子作りの際にも大活躍します。ケーキの種や溶かしたチョコレートなどは、本当に一切ボウルに残りません。
単身赴任の際、子供たちの強いリクエストにより、関西の家に置いてきたのですが、色々と不便だっため、東京でも購入し、とても便利に使っています。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, トマト, 青ねぎ, めんつゆ, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.