レシピ 野菜のおかず スナップえんどう 鶏肉 鶏むね肉 マヨネーズ オイスターソース 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月


スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め

今日は、スナップえんどうと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

オイスターソースとマヨネーズで味付けします。下ごしらえしたあとは、マヨネーズでゆっくりと炒め、ほとんどほったらかしで作ります。甘味調味料は使用せず、調味料も控えめの分量ですが、豆の香りと甘さが引き立ち、かなりしっかりとした、コクたっぷりの味に仕上がります。

そのままはもちろん、丼飯にしたり、ボリュームサラダの具材として、たっぷりとお召し上がりくださいませ。

レシピについて

鶏むね肉を細切りにし、片栗粉をまぶして、溶かしたマヨネーズで、じっくり、ゆっくりと焼き、筋をとったスナップえんどうを加え、最後に調味料を絡めて出来上がりです。
鶏むね肉は、ゆっくりと焼くことで、柔らかく仕上がります。鶏むね肉は細切りにしますので、火の通りが早く、手早く仕上がります。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • スナップえんどう 300g(40本程度)
  • 鶏むね肉 2枚(300g目安×2)
  • 片栗粉 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • オイスターソース 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • (お好みで)一味唐辛子 小さじ1/4~

8人分

  • スナップえんどう 600g(80本程度)
  • 鶏むね肉 4枚(300g目安×4)
  • 片栗粉 大さじ4
  • マヨネーズ 大さじ4
  • ■合わせ調味料
  • オイスターソース 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • (お好みで)一味唐辛子 小さじ1/2~

作り方

step
1
スナップえんどうの筋を取ります。ヘタ(帽子のような形をしたほう)を下にして、上側の先を爪でポキッと折って、弓なりの内側(短いほう)に、スーッと引っ張って、太い筋を取ります。

スナップえんどうの筋は硬いです。普段きぬさや、さやいんげんの筋は取らないという方も、スナップえんどうの筋は、しっかりと取りましょう。
写真は撮影の都合から片手でアクロバティックなことになっていますが、しっかり両手を使って行いましょう。

この作業は、手順12で鶏むね肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

えんどう
えんどう
えんどう

step
2
ヘタ側も同じように爪でポキッと折って、弓なりの外側(長いほう)に、スーッと引っ張って、細い筋を取ります。

ヘタの反対側から内側の筋を取ってから、ヘタ側から外側の筋を取ると、途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。

えんどう
えんどう

step
3
慣れないうちは、途方もないような作業に感じるかもしれませんが、慣れると、2拍×2の4拍で1本分の筋が取れます。

4人分なら4秒×40本=160秒、2分40秒くらいで全部取り除けます。

えんどう

step
4
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉
鶏肉

step
5
皮は、はいでから4~5cm長さに切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮の生姜焼き鶏皮ねぎ酢もおすすめですが、ひじきたっぷり炒り高野に、ひき肉代わりに、キッチンバサミで細かく刻んで入れると、ものすごくコクが出ます。

皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。

鶏肉
鶏肉

step
6
1.5cm厚さ(人差し指の幅目安)の、大きめのそぎ切りにします。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

あとでさらに細切りにしますので、ここでは大きめにそぎ切りにします。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のように鶏むね肉をカットする際や、野菜では、キャベツの芯に近い硬い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

鶏肉

step
7
さらに1.5cm幅に切ります。

ここでも包丁の刃を右側に寝かせるようにして切るとよいです。
繊維を断ち切るように切っても、繊維と同じ方向でも、どちらでも構いません。

鶏肉
鶏肉

step
8
鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

鶏むね肉
鶏むね肉
鶏むね肉

step
9
合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

この作業は、手順12で鶏むね肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
10
フライパンに炒め用のマヨネーズを入れて弱火にかけ、ゆっくりと溶かします。

マヨネーズの周りがふつふつとしてきたら、ヘラで伸ばしながら混ぜるようにすると、なめらかに溶けます。

マヨネーズ
マヨネーズ
マヨネーズ

step
11
手順8の鶏むね肉を広げ入れ、

多少くっついても構いません。あとの工程で、はがれます。

鶏むね肉

step
12
ふたをして、弱火のまま、4~5分ほどほったらかしにします。

鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。また、火が強いとマヨネーズが焦げてしまいます。
炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし
ほったらかし

step
13
表面が白く変わり、軽く焼き色がついたら全体をざっとかき混ぜ、

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
調味料を絡める際にほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

鶏むね肉
鶏むね肉

step
14
手順3のスナップえんどうを加えて、全体を混ぜ合わせ、再びふたをして、蒸気が充分に立つまで2~3分ほど加熱します。

えんどう
えんどう
えんどう
えんどう

step
15
手順9の合わせ調味料を加えて全体になじませて、煮汁を煮詰めるように、1分ほど炒め煮にします。

調味料がなじんだら、放置します。

えんどう
合わせ調味料
炒め煮
炒め煮

step
16
ざっと混ぜて煮汁を全体に絡めます。

煮汁が少し残っているように見えることがありますが、それは鶏の脂とマヨネーズの油ですので、加熱しすぎると調味料が焦げます。「まだ煮汁があるのでは」という状態でも構いませんので、ヘラをフライパンの端や底に入れてかき混ぜて様子を見るとよいです。
写真のように、フライパンの底をヘラでなぞれるようになるまで煮詰めます。

鶏むね肉

step
17
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • スナップえんどうの筋は、ヘタの反対側から内側の筋を取ってから、ヘタ側から外側の筋を取ると、途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。
  • 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏肉の皮は、キッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。
  • 鶏むね肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 煮汁が少し残っているように見えることがありますが、それは鶏の脂とマヨネーズの油ですので、加熱しすぎると調味料が焦げます。「まだ煮汁があるのでは」という状態でも構いませんので、ヘラをフライパンの端や底に入れてかき混ぜて様子を見るとよいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:炒り卵/きくらげ/ナッツ類
  • いただく際、さらに一味唐辛子やマヨネーズをかけても。
  • ご飯にたっぷりとかけて、丼飯としても。
  • お好みの野菜と一緒にレタスで巻いたり、お好みの野菜や、ゆで卵、ナッツ類、生食用シュレッドチーズなどを添えて、ボリュームサラダの具材としても。

おすすめ食材、ツール


愛用品のキッチンバサミです。皮やスジ付き、調理済みの肉、骨付きの魚、ヌルヌルのイカも、皮ごと滑ることなくスパッと切れます。カーブがあるので、まな板、バットやお皿に乗っているままの食材も切りやすく、また、野菜などはこれでスパスパ切っています。錆びないのも嬉しいですね。使い方のコツは、大きく刃を開いて一気に切ることです。面白いように切れます。紙を切ったり、刃先だけで切るのは不得意ですので、完全に調理用専用バサミとして使用しています。


愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。


私の使っているオイスターソースは、李錦記一択です。オイスターソースは中華調味料で、グルタミン酸の宝庫です。これをイノシン酸の旨味を含む肉料理や魚料理に加えると、こめかみが痛くなるほどの旨味になります。李錦記はおいしく安定の仕上がりになります。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

スナップえんどうのレシピはこちらもどうぞ


スナップえんどうの酒蒸し
スナップえんどうの酒蒸し

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを酒蒸しでいただくレシピをご紹介します。 スナップえんどうは、シンプルに塩 ...

スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め
スナップえんどうと鶏むね肉のオイマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 オイスターソース ...

スナップえんどうとちくわのごま照り焼き
スナップえんどうとちくわのごま照り焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうとちくわを使ったおかずのレシピをご紹介します。 スナップえんどうとちくわに ...

スナップえんどうとパプリカのペペロンチーノ風
スナップえんどうとパプリカのペペロンチーノ風

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを使った、カラフルなおかずのレシピをご紹介します。 スナップえんどうとパプ ...

【野菜ひとつ】スナップえんどうのごま和え
【野菜ひとつ】スナップえんどうのごま和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、スナップえんどうを、たっぷりのごまで和えるレシピをご紹介します。 豆の旨味と甘味を最大限に ...


もっと見る

\ たちまち増刷 / 新刊「やさしい作り置き」ご紹介動画

全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧いただけますと幸いです。

最新刊
やさしい作り置き

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, スナップえんどう, 鶏肉, 鶏むね肉, マヨネーズ, オイスターソース, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.