圧力鍋で作る レシピ しょうが お肉のおかず 豚肉 豚かたまり肉 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

圧力鍋で作る 豚足の煮込み

冷蔵5日/冷凍1か月


豚足の煮込み

今日は、圧力鍋で作る、豚足の煮込みのレシピをご紹介します。

下ゆでした豚足を、調味料とともに圧力鍋に入れて、じっくり煮込んで出来上がりです。

ぷるぷるトロトロ、コラーゲンのかたまりです。おかずにはもちろん、酒の肴としても箸が進む一品です。

レシピについて

豚足を下ゆでし、しょうが、調味料と一緒に圧力鍋に入れて、じっくり煮込んで出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

3~4人分

  • 豚足(※1) 2本(300g程度×2)※3本(900g~1kg)まで、この調味料の分量で出来ます。
  • しょうが 5~6cm角×1片(3~4cm角なら2片)
  • ■煮込み用調味料
  • 水 800ml
  • 焼酎(※2) 100ml
  • 醤油 50ml
  • みりん 50ml

(※1)豚足は、丸ごと、または縦半分に切ったものが販売されています。丸ごとの場合、豚足1つで約300gです。縦半分に切っているものなら、本数は倍量にしましょう。
(※2)芋焼酎、または泡盛がおすすめです。豚肉の臭みが抜け、自然な甘味が加わります。なければ日本酒150mlでも構いません。その場合の水の分量は変更ありません。

6~8人分

  • 豚足(※1) 4本(300g程度×4)※6本(1.8kg~2kg)まで、この調味料の分量で出来ます。
  • しょうが 5~6cm角×2片(3~4cm角なら4片)
  • ■煮込み用調味料
  • 水 1600ml
  • 焼酎(※2) 200ml
  • 醤油 100ml
  • みりん 100ml

(※1)豚足は、丸ごと、または縦半分に切ったものが販売されています。丸ごとの場合、豚足1つで約300gです。縦半分に切っているものなら、本数は倍量にしましょう。
(※2)芋焼酎、または泡盛がおすすめです。豚肉の臭みが抜け、自然な甘味が加わります。なければ日本酒300mlでも構いません。その場合の水の分量は変更ありません。

作り方

step
1
豚足は鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、沸騰したらふたをしないで中火で15分ほどゆでて、ざるにあげ、表面を水洗いします。

余分な臭みやアクを落とします。

豚足下ゆで
下ゆで
下ゆで下ゆで

step
2
しょうがは皮ごと2~3mm幅にスライスします。多少厚めでも構いません。

皮ごと使いますので、よく洗ってから切りましょう。

しょうがしょうが
しょうが

step
3
圧力鍋に手順1の豚足、手順2のしょうが、煮込み用調味料の材料を入れます。

6~8人分は、事故防止のため、5リットル以上の大きさの圧力鍋で、2回または2台に分けて作ることをおすすめします。

豚足豚足
豚足豚足

step
4
ふたをして高圧に設定し、中火にかけます。充分に圧力がかかったら、おもりが揺れる程度に火を弱めて15分加圧した後、弱火にして、さらに15分加圧します。

加熱する際は、強火ではなく、中火で加熱します。火が強すぎると、具材が焦げるだけでなく、圧力鍋の取っ手部分が溶けるおそれがあります。

私はアサヒ軽金属工業の「活力なべ」を使用しています。勢いよくおもりが揺れたら、おもりが揺れる程度に少し火を弱め、弱めの中火~中火程度で15分加圧後、弱火にし、さらに15分加圧します。

煮込み

step
5
火を止め、圧力が完全に抜けるまで、そのまま放置します。

圧力が抜けるまでの時間も、調理です。焦らず、洗い物や片付けをしたり、休憩しましょう。

煮込み

step
6
圧力が完全に抜けたら、上下を返し、弱火にかけます。全体が沸騰したら、時々煮汁を回しかけながら8~10分程度、煮汁が半分程度になるまで煮詰めます。


仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

すぐにいただく場合は、できるだけ手早く盛り付けましょう。コラーゲンたっぷりの煮汁のため、少しでも温度が下がると、すぐに表面に膜が貼ります。

step
7
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

保存します。

step
8
冷えると煮汁が固まります。再加熱の際は、煮汁ごとフライパンに入れてふたをして、弱めの中火でゆっくりと再加熱するとよいです。

表面に脂が白く固まりますが、煮汁のコラーゲンと同化して、脂だけを取り除くのは割と困難です。脂の量もそれほどではありませんので、煮汁ごと温めてしまうことをおすすめします。

その際、フッ素加工のフライパンで、少し焦げ目がつく程度まで温めると、香ばしく、また違ったおいしさでいただけます。もちろん、電子レンジ加熱後、オーブントースターで炙っても同様です。

再加熱再加熱
再加熱再加熱
再加熱再加熱

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 加熱する際は、強火ではなく、中火で加熱します。火が強すぎると、具材が焦げるだけでなく、圧力鍋の取っ手部分が溶けるおそれがあります。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:(手順3で加えます)大根/こんにゃく/(手順6で加えます)ゆで卵
  • いただく際に添えておいしい調味料:練り辛子/酢/一味唐辛子

おすすめ食材、ツール


豚肉を煮込んだり、下ゆでをして臭みを抜く際は、芋焼酎がとても合います。臭みが取れ、自然な甘味と旨味が加わります。
調理にしか使わない方は、使いやすい200ml入りの黒霧島25度をおすすめします。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

豚かたまり肉を使ったレシピはこちらもどうぞ


休日に作るトンポーロー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、じっくり煮込んで作る、トンポーロー(東坡肉)のレシピをご紹介します。 いろいろな作り方を何 ...

圧力鍋で作る 豚バラ大根のオイスターソース煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作る、豚バラ大根の中華風レシピをご紹介します。 豚バラ肉ブロックと大根を圧 ...

圧力鍋で作る 豚足の煮込み

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で作る、豚足の煮込みのレシピをご紹介します。 下ゆでした豚足を、調味料とともに圧力鍋 ...

圧力鍋で作る 豚バラ大根

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作る豚バラ大根のレシピをご紹介します。 豚バラ肉ブロックと大根を圧力鍋に入 ...

圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの白菜と、豚バラ肉ブロックを、圧力鍋で煮込んで作るレシピをご紹介します。 一滴の水 ...


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

発売予定日は2020年9月19日、予約注文が開始しました。全国の書店さんには9月20日頃から順次配送→陳列していただける ...

続きを見る

-圧力鍋で作る, レシピ, しょうが, お肉のおかず, 豚肉, 豚かたまり肉, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ