レシピ 野菜のおかず ごぼう 梅干し 野菜ひとつ 冷蔵1週間 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

梅ごぼう おせち料理にもどうぞ

投稿日:

冷蔵1週間/冷凍1か月


梅ごぼう

今日は、ごぼうを梅味でいただくレシピをご紹介します。

ごぼうをしっかりと酢水でアクを抜き、仕上げに調味料で火を通すことで、簡単に確実に味がしみ込みます。
梅でしっかりと日持ちしますので、もうあと一品の副菜やお弁当の副菜にはもちろん、おせち料理のたたきごぼうの変わり衣としても活用いただけます。

レシピについて

ごぼうを4~5cm長さのスティック状に切り、酢水でゆで、調味料を絡めて炒り煮にします。
できたてでもおいしいですが、粗熱が取れてから冷蔵庫で30分以上ねかせると、さらに味がしみ込んで、おいしく召し上がれます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ごぼう 大1本
  • すりごま 大さじ1
  • ■下ゆで用
  • 水 600ml(3カップ)
  • 酢 大さじ3(水200ml1カップに対し大さじ1)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 100ml
  • (または)水100ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/4
  • 梅肉 大さじ1(大2個分)
  • みりん 大さじ3
  • 酒 大さじ1
  • うすくちしょうゆ(なければ濃口しょうゆでも可) 小さじ1+1/2

8人分

  • ごぼう 大2本
  • すりごま 大さじ2
  • ■下ゆで用
  • 水 1000ml(5カップ)
  • 酢 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/3
  • 梅肉 大さじ2(大4個分)
  • みりん 90ml(大さじ6)
  • 酒 大さじ2
  • うすくちしょうゆ(なければ濃口しょうゆでも可) 大さじ1

作り方

step
1
フライパンか鍋に、下ゆで用の水と酢を入れておきます。


下ゆで用

step
2
ごぼうは、たわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。

ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
シンクが狭い場合は、長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。

ごぼう

step
3
根元の硬い部分は切り落とし、4~5cm長さ、太いものは縦4等分~2等分にして7~8mm幅程度に切り、切ったそばから1のフライパンに入れていきます。

4~5cm長さは指3本分の幅、7~8mm幅は人差し指の半分の幅を目安にすると良いです。
切ったらすぐに酢水に入れることで、変色を防ぎます。

ごぼう
ごぼう
ごぼう
ごぼう
ごぼう

step
4
ふたをして強火にかけ、沸騰したら少し火を弱め、強めの中火で3分間加熱し、


ふたをして強火にかけ
ふたをして強火にかけ

step
5
ざるにあげて水気を切ります。


ざるにあげて

step
6
フライパンか鍋に、合わせ調味料の材料を入れて強めの中火にかけ、充分に沸騰させます。

充分に沸騰させることで、みりんと酒のアルコール分を飛ばします。アルコール分が残ったままですと、雑味や余分な苦味が出てしまいます。
調味料は煮立ててからごぼうを加えることで、歯ごたえがおいしい仕上がりになります。

充分に沸騰させて
充分に沸騰させて

step
7
手順5のごぼうを加え1~2分ほど加熱し、煮汁が底に少し残り、ヘラでなぞれる程度まで煮ます。


煮ます
煮ます

step
8
すりごまを加え、全体をざっとかき混ぜて、ごぼう全体にすりごまが行き渡るように混ぜ合わせます。


すりごま

step
9
保存の際は、

保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。
充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。できたてでもおいしいですが、粗熱が取れてから冷蔵庫で30分以上ねかせると、さらに味がしみ込んで、おいしく召し上がれます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
  • シンクが狭い場合は、ごぼうの長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 切ったらすぐに酢水に入れることで、変色を防ぎます。
  • 充分に沸騰させることで、みりんと酒のアルコール分を飛ばします。アルコール分が残ったままですと、雑味や余分な苦味が出てしまいます。
  • 調味料は煮立ててからごぼうを加えることで、歯ごたえがおいしい仕上がりになります。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • マヨネーズ、かつお節と和えると、酒の肴にも合うサラダが出来上がります。
  • ごぼうは、斜め薄切りや、ささがきにして作っても。

おすすめ食材、ツール


S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく使いやすいです。

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

ごぼうのレシピはこちらもどうぞ


ひじきとごぼうのきんぴら
ひじきとごぼうのきんぴら

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ひじきとごぼうを使ったレシピをご紹介します。 ごぼうは縦半分に切ってから斜め切りにするこ ...

梅ごぼう おせち料理にもどうぞ
梅ごぼう おせち料理にもどうぞ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうを梅味でいただくレシピをご紹介します。 ごぼうをしっかりと酢水でアクを抜き、仕上げ ...

ごぼうのミートソース煮
ごぼうのミートソース煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうをペンネに見立ててミートソースで煮込むレシピをご紹介します。 ごぼうと相性の良い、鶏 ...

ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め
ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうを柚子胡椒をきかせたウスターソースで炒めるレシピをご紹介します。 ウスターソースは ...

ごぼうのコンソメマリネ
ごぼうのコンソメマリネ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうをマリネでいただくレシピをご紹介します。 ごぼうを酢水で下ゆでし、コンソメ味のマリ ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ごぼう, 梅干し, 野菜ひとつ, 冷蔵1週間, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.