あっさり肉味噌

レシピ お肉のおかず 豚肉 豚ひき肉 ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

あっさり肉味噌

冷蔵5日/冷凍1か月


あっさり肉味噌

今日は、あっさりと仕上げる、肉味噌のレシピをご紹介します。

豚ひき肉を一度下ゆでをしてから作ります。一見ひと手間かかるように思えますが、ダマにならず、余分な脂やアクが取れて、すっきりとした口当たりに仕上がります。
ひき肉そぼろを作り置きすると、いざ使おうとしたら脂が固まって使いづらい、という悲劇を防ぎます。

くどくなりすぎず、あっさりとして、たっぷり食べられる味付けにしています。ご飯のお供やお弁当にはもちろん、なすやピーマン、もやしなどお好みの野菜と炒めたり、麺類や具だくさんスープの具材としても活用いただけます。もちろん、そのままでもお召し上がりいただけます。

レシピについて

ゆでた豚ひき肉を、調味料で味付けして仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 豚ひき肉 400g
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ2
  • みそ※ 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1

※みそは、だし入りのみそは避けましょう。だしの旨味が豚肉の旨味とぶつかり、旨味が強すぎるため、飽きる味になってしまいます。

8人分

  • 豚ひき肉 800g
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • みそ※ 大さじ4(72g)
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 小さじ2

※みそは、だし入りのみそは避けましょう。だしの旨味が豚肉の旨味とぶつかり、旨味が強すぎるため、飽きる味になってしまいます。

作り方

step
1
ひき肉下ゆで用のお湯(4人分で2リットル程度)をフライパンで沸かします。

ひき肉をゆでる際は、鍋ではなく、フライパンを使うことをおすすめします。鍋は脂とアクを洗い流すのが難儀します。

お湯

step
2
お湯が沸騰したら、ひき肉を入れ、ほぐしながら中火で充分に再沸騰するまでゆで、ざるにあげます。

ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まる悲劇を防ぎます。

お湯が沸騰したら
ひき肉を入れ
ひき肉を入れ
再沸騰
ざるにあげ

step
3
フライパンをキッチンペーパーなどできれいに拭き、合わせ調味料の材料を入れ、

まだ火はつけません。
説得力のない写真ですが、みそが出来るだけダマにならないようにしましょう。

フライパン
合わせ調味料
合わせ調味料

step
4
手順2の豚ひき肉を加え、全体をよく混ぜ合わせてから、弱めの中火にかけます。

手順4で、写真のようにみそがダマ気味だった場合は、ここで混ぜ合わせながらしっかりとほぐしてから、火にかけましょう。

豚ひき肉
豚ひき肉

step
5
ひき肉を断ち切るようにほぐしながら、調味料を炒りつけて、水分を飛ばします。


豚ひき肉

step
6
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ひき肉をゆでる際は、鍋ではなく、フライパンを使うことをおすすめします。鍋は脂とアクを洗い流すのが難儀します。
  • ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まる悲劇を防ぎます。
  • 合わせ調味料は、みそが出来るだけダマにならないように混ぜ合わせましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • あっさり仕上げですので、少々味付けが濃くてもカバーできます。4人分小さじ1追加しても:豆板醤/しょうがすりおろし/にんにくすりおろし/オイスターソース
  • 一緒に炒めておいしい野菜(野菜を炒めてから肉味噌を加えます):なす/ピーマン/もやし/ズッキーニ/小松菜/ほうれん草
  • そぼろ丼はもちろん、のっけ弁/おにぎり・おにぎらずの芯/卵焼き・オムレツの具材/食パンにチーズと乗せて/中華麺やラーメンに乗せて/ぶっかけそうめん/パスタ/冷奴/納豆
  • 酒の肴に、おつまみに、そのままどうぞ。
  • いただく際、一味唐辛子や、お好みの量のマヨネーズをかけても。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

ひき肉のレシピはこちらもどうぞ


鶏ごぼう大判つくね
鶏ごぼう大判つくね

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのごぼうを使った、大きな鶏つくねのレシピをご紹介します。 ごぼうはささがきではなく ...

キャベツとひき肉の旨塩スープ
キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 私が「ずるい味付け」と称し ...

白菜とひき肉のコンソメスープ
白菜とひき肉のコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメス ...

厚揚げのバターしょうゆそぼろ煮
厚揚げのバターしょうゆそぼろ煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、厚揚げとひき肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 厚揚げが甘じょっぱいボリュー ...

じゃがいものミートソース煮
じゃがいものミートソース煮

冷蔵5日 今日は、じゃがいもとひき肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 合い挽き肉を炒めて、ひと口大に切った ...

もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

おせち料理
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, お肉のおかず, 豚肉, 豚ひき肉, ひき肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ