レシピ 常備菜 野菜のおかず 小松菜 にんにく 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

大量消費 小松菜のにんにく蒸し煮

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月

小松菜のにんにく蒸し煮
今日は、小松菜がびっくりするくらい大量に食べられるレシピをご紹介します。

小松菜をザクザク切って、小松菜の水分と調味料で蒸し煮にして出来上がりです。
一見パンチのきいた味付けですが、小松菜の辛味と歯ごたえとマッチして、もりもり食べられます。

スポンサーリンク

レシピについて

ザクザク切った小松菜を、小松菜の水分と調味料で蒸し煮にして出来上がりです。
出来立てよりも、2時間以上なじませると、よりおいしくいただけます。

材料

4人分
小松菜 2把(200g×2束)
■合わせ調味料
 大さじ1
ごま油 大さじ1
すりおろしにんにく(チューブ可) 2片分(小さじ2)
鶏がらスープの素 小さじ1
 小さじ1/2
こしょう 小さじ1/2
(お好みで)輪切り唐辛子 1本分(小さじ1)
8人分
小松菜 4把(200g×4束)
■合わせ調味料
 大さじ2
ごま油 大さじ2
すりおろしにんにく(チューブ可) 4片分(小さじ4)
鶏がらスープの素 小さじ2
 小さじ2/3~小さじ1
こしょう 小さじ1
(お好みで)輪切り唐辛子 2本分(小さじ2)

作り方

1 小松菜は根元を切り、小松菜は根元を切り、

2 水気をよく拭き取ります。3~4cm幅に切ります。
指2本分の幅を目安にするとよいです。

3 たっぷりの水につけて洗い、土を落とします。たっぷりの水につけて洗い、土を落とします。
4 ざるにあげます。ざるにあげます。
土がかぶらないように、手ですくってあげるとよいです。

5 フライパンに、合わせ調味料と、水気をよく切った小松菜を入れ、フライパンに、合わせ調味料と、水気をよく切った小松菜を入れ、

6 よく混ぜ合わせてからふたをして、弱めの中火にかけ、5~6分ほどそのままにします。よく混ぜ合わせてからふたをして、弱めの中火にかけ、5~6分ほどそのままにします。

7 小松菜がしんなりとしたら、ざっと混ぜ合わせます。小松菜がしんなりとしたら、ざっと混ぜ合わせます。
ここで味見をして、物足りないようなら、塩少々(親指と人差し指でつまんだ量 小さじ1/8目安)を加え、ざっと混ぜ合わせて調整します。

8 冷蔵庫で保存煮汁ごと充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存します。
できたてもおいしいですが、2時間ほど落ち着かせると、よりおいしくいただけます。

作り置きのコツ

  • 小松菜を洗ってざるにあげる際は、土がかぶらないように、手ですくってあげるとよいです。
  • 小松菜の水気はできるだけ切ってから、フライパンに入れましょう。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 具材を足してもおいしいです。お好みのきのこ類・きくらげ/にんじん千切り/豚こま切れ肉が合います。最後に片栗粉でしめてもよいです。
  • 卵とじでいただいてもおいしいです。卵液には煮汁を足して溶くとよいです。
  • スープの具材として活用できます。
おすすめ食材、ツール
にんにくすりおろしは、これを使っています。
普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, 小松菜, にんにく, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.