- 週末の作り置きレシピ - https://mayukitchen.com -

蒸しなすの青じそ和え キンキンに冷やしてどうぞ

冷蔵5日/冷凍1か月


今日は、たっぷりの大葉を使った蒸しなすのレシピをご紹介します。

なすは酒蒸しにします。キンキンに冷やしていただきますので、はっきりめの味付けです。
作っておくと、食欲が落ちた時にもさっぱりといただけます。

レシピについて

なすをフライパンで酒蒸しにして、調味料で煮立てます。
後半に、大葉の刻み方を詳しくご説明いたします。

材料

4人分
なす 5個(長なすなら3本)
大葉(千切り) 10枚分
 大さじ2
■合わせ調味料
しょうが (すりおろす)  1片(3~4cm角)分
しょうゆ 大さじ1+1/2
酢(米酢がおすすめ) 大さじ1
砂糖 小さじ1
ごま油 小さじ1
8人分
なす 10個(長なすなら6本)
大葉(千切り) 20枚分
 大さじ4
■合わせ調味料
しょうが (すりおろす)  2片(3~4cm角×2)分
しょうゆ 大さじ3
酢(米酢がおすすめ) 大さじ2
砂糖 小さじ2
ごま油 小さじ2

作り方

1 なすはガクを取り除きます。
鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。

2 縦半分に切ってから、

3 さらに縦3~4つに切ります。

4 4~5cm幅に切りそろえます。
指3本分の幅を目安にするとよいです。

5 切ったなすは、どんどんフライパンに入れます。
火はまだつけません。

6 分量の酒を加えてから、

7 フタをして、弱めの中火にかけます。
このまま3~4分ほど放置します。

8 なすがしんなりとしたら、ざっと全体を混ぜて、

9 合わせ調味料を加え、

10 ざっと全体を混ぜ、なす全体に煮汁を行き渡らせ、2分ほど煮ます。

11 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、

12 完全に粗熱が取れたことを確認してから、刻んだ大葉を加えて混ぜ込みます。
大葉は、できれば完全に蒸しなすの粗熱が取れてから加えましょう。先の手順11で、冷蔵庫で冷やしてから加えるくらいがよいです。
熱いうちに加えると、その時には素晴らしく香りが立ちますが、時間が経つと香りが飛び、また、残念な色になります。

大葉の刻み方

1 大葉は根元の茎を切り落としてから、

2 横半分に切り、

3 重ねます。

4 手前から、くるくると巻いて、

5 端から千切りにしていきます。

  • 大葉は、できれば完全に蒸しなすの粗熱が取れてから加えましょう。熱いうちに加えると、その時には素晴らしく香りが立ちますが、時間が経つと香りが飛び、また、残念な色になります。
  • 保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫に入れましょう。

  • 具材を足してもおいしいです。ピーマン/ししとう/オクラ/豚こま切れ肉が合います。具材100g追加ごとに、しょうゆ小さじ2、酢小さじ1、砂糖小さじ1/3ずつ追加するとよいです。
  • 大葉を、青ねぎ、みょうがを刻んだものに替えたり、さらに加えたりしてもよいです。

内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。