レシピ 常備菜 お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 ナンプラー 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

クセになる甘辛味 鶏むね肉のハニーナンプラー

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

鶏むね肉のハニーナンプラー
今日は、鶏むね肉をナンプラーとはちみつで仕上げるレシピをご紹介します。

むね肉に片栗粉をまぶしてゆっくりと焼き、最後にたれを絡めます。
クセになる独特の甘辛い味に仕上がります。

スポンサーリンク

レシピについて

鶏むね肉はできるだけさわらず、ほったらかしで焼きます。

材料

4人分
鶏むね肉 2枚(250~300g程度×2)
 小さじ1/2
片栗粉 大さじ3程度
サラダ油 大さじ2
■合わせ調味料
ナンプラー 大さじ2
はちみつ 大さじ3
 大さじ1
8人分
鶏むね肉 4枚(250~300g程度×4)
 小さじ1
片栗粉 大さじ6程度
サラダ油 大さじ4
■合わせ調味料
ナンプラー 大さじ4
はちみつ 大さじ6
 大さじ2

作り方

1 鶏むね肉は水洗いし、包丁のみね(刃と反対側の部分)でたたき、鶏むね肉は水洗いし、包丁のみね(刃と反対側の部分)でたたき、

2 厚さ1cm程度の一口大に、そぎ切りにします。厚さ1cm程度の一口大に、そぎ切りにします。

「そぎ切り」とは、鶏むね肉などの厚みのある材料を、そぐように切る切り方のことです。材料の左端から、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ると、うまく、そぎ切りに出来ます。

鶏むね肉は、そぎ切りにすると、表面積が大きくなり、厚さがそろうことから、短時間でまんべんなく火が通り、味も均一に行き渡りますので、今回のように鶏むね肉を一口大サイズで切って焼く料理には、おすすめの切り方です。

3 塩をもみ込み、塩をもみ込み、

4 肉全体に粉をまぶします。ポリ袋に片栗粉とともに入れ、袋の底をポンポンとたたくようにして、肉全体に粉をまぶします。
5 鶏肉を焼きますフライパンにサラダ油をひき、鶏肉を並べて弱火にかけ、混ぜたりせずに10分ほどじっくりと焼きます。

6 合わせ調味料の材料を合わせておきます。合わせ調味料の材料を合わせておきます。

7 鶏肉を焼きます鶏肉を一つずつ丁寧にひっくり返し、さらに8分ほど火を通し、中までしっかりと焼けたら、手順6の合わせ調味料を全体に絡め、1分ほど煮詰めます。

8 保存保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 手順5でフライパンに鶏肉を置いたら、さわらず、混ぜたりしないで、動かさずそのままじっくりゆっくり焼くのが、きれいに柔らかく焼くコツです。焦って強火にしてかき混ぜたりすると、衣がはがれるため肉の旨味が流れ出てしまい、また、肉が縮んで硬くなり、残念な仕上がりになります。
  • 保存容器は充分に消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • バインミー:ロールパンに薄くマーガリンを塗り、大葉、紅白なますを乗せ、ハニーナンプラーを乗せます。
  • このレシピではむね肉を使っていますが、もも肉でもできます。もも肉の場合は、片栗粉をまぶさず、そのまま焼いてOKです。
おすすめ食材、ツール
天秤マークが目印のバランスのナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、ヤムウンセンはもちろん、タイカレーの仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識が変わるくらい、とてもおいしくいただけます。

新刊「しみこむ作り置き」出版のお知らせ

「作り置きをするからこそ、おいしいレシピ」を一冊に。全116レシピ書き下ろし&撮り下ろし、この出版をもって初公開。2018/9/14発売、amazonにて予約受付中です。

予約受付中
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, ナンプラー, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.