レシピ 野菜のおかず キャベツ にんにく お肉のおかず 豚肉 豚ひき肉 ひき肉 ごま油 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 中華・エスニック スープ・汁物

キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月


キャベツとひき肉の旨塩スープ

今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。

私が「ずるい味付け」と称している、うちの塩鍋スープの味付けを使っています。

炒めた豚ひき肉と、ザク切りにしたキャベツを煮込んだら出来上がり、キャベツがたっぷりいただける具だくさんスープです。

最小限の材料でのご紹介です。いろいろな具材が合いますので、冷蔵庫一掃の具だくさんスープとしても、お好みで色々な具材を追加して、鍋料理としても活用できます。

レシピについて

炒めた豚ひき肉と、ザク切りにしたキャベツを、スープ材料で煮込んだら出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • キャベツ 1/2個(600~900g目安 巻きのゆるい春キャベツなら1個)
  • 豚ひき肉 300g
  • ■煮込み用調味料
  • 水 800ml
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • 和風顆粒だしの素※ 小さじ2
  • にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
  • 塩 小さじ1/4
  • ■仕上げ用調味料
  • ごま油 小さじ2(10ml)
  • こしょう 小さじ1

※かつおだしと昆布だしを半量ずつ使用すると、よりおいしく仕上がります。

8人分

  • キャベツ 1個(1200~1800g目安 巻きのゆるい春キャベツなら2個)
  • 豚ひき肉 600g
  • ■煮込み用調味料
  • 水 1600ml
  • 鶏ガラスープの素 小さじ4
  • 和風顆粒だしの素※ 小さじ4
  • にんにくすりおろし 小さじ2(2片分)
  • 塩 小さじ1/2
  • ■仕上げ用調味料
  • ごま油 小さじ4(20ml)
  • こしょう 小さじ2

※かつおだしと昆布だしを半量ずつ使用すると、よりおいしく仕上がります。

作り方

step
1
キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。

手順1~3でキャベツの下ごしらえをします。これらの作業は、手順4で豚ひき肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

キャベツキャベツの芯
キャベツの芯キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
4
フライパンか鍋に、油をひかずに豚ひき肉を広げ入れ、中火にかけます。周りの色が変わるまで、そのままさわらずに6~7分ほど焼いたら、ヘラで全体をほぐします。


豚ひき肉豚ひき肉
豚ひき肉豚ひき肉
豚ひき肉

step
5
手順3のキャベツ、煮込み用調味料を加えます。

キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。

キャベツキャベツ
キャベツキャベツ

step
7
ふたをして、強火にかけます。

煮込み

step
8
沸騰し、充分に蒸気が立ったら、弱めの中火にして、ヘラで底から上下を返し、


煮込み煮込み
煮込み煮込み
煮込み煮込み

step
9
再びふたをして、さらに6~7分ほど加熱します。


煮込み

step
10
キャベツがお好みの柔らかさになったら弱火にし、仕上げ用調味料を加えて、全体に行き渡るように混ぜ、1~2分煮込んで出来上がりです。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ
仕上げ

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:長ねぎ/玉ねぎ/お好みのきのこ類/ごぼう(ささがき)/もやし/水菜/にら/緑豆春雨/豆腐/薄揚げ・厚揚げ
  • 豚ひき肉と差し替えておいしい具材:豚こま切れ肉/豚ロース薄切り肉/豚バラ薄切り肉/鶏ひき肉/つくね/合いびき肉(少しクドめ)
  • 合う麺類:中華麺/うどん

おすすめ食材、ツール


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。


昆布だしの素はこちらを愛用しています。たっぷり1kg、グルタミン酸の宝庫です。浅漬けやドレッシング、煮物など、和食から洋食、中華、韓国、エスニックまで、幅広く活躍します。


にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。


最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】玉ねぎの冷製和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、玉ねぎで作る、冷たい和風スープのレシピをご紹介します。 玉ねぎをじっくりと酒蒸しにして、玉 ...

キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 私が「ずるい味付け」と称し ...

白菜とひき肉のコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメス ...

圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの白菜と、豚バラ肉ブロックを、圧力鍋で煮込んで作るレシピをご紹介します。 一滴の水 ...

圧力鍋で作る ポークシチュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作るポークシチューのレシピをご紹介します。 塩こしょうした豚ロースかたまり ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, キャベツ, にんにく, お肉のおかず, 豚肉, 豚ひき肉, ひき肉, ごま油, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック, スープ・汁物

© 2020 スガ