レシピ 常備菜 野菜のおかず ごぼう 玉ねぎ にんじん にんにく 鶏ひき肉 オリーブオイル コンソメ・ブイヨン 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風

ごぼうのミートソース煮

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月


ごぼうのミートソース煮

今日は、ごぼうをペンネに見立ててミートソースで煮込むレシピをご紹介します。

ごぼうと相性の良い、鶏ひき肉ベースのミートソースで煮込みます。
ミートソースはトマトジュースを使い、速攻時短で仕上げます。

レシピについて

香味野菜のみじん切りを炒めて鶏ひき肉を焼き、乱切りにしたごぼうを加え、トマトジュースで煮込みます。

材料

4人分

  • ごぼう 大2本
  • にんにく 1片
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1/3本(5cm程度)
  • 鶏ひき肉 300g
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう 小さじ1/4
  • オリーブオイル 小さじ2
  • ■煮込み用調味料
  • トマトジュース(食塩無添加) 300ml
  • ブイヨンスープの素 1個
  • ■仕上げ用調味料
  • トマトケチャップ 小さじ4
  • しょうゆ 小さじ1

8人分

  • ごぼう 大4本
  • にんにく 2片
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 2/3本(10cm程度)
  • 鶏ひき肉 600g
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 小さじ1/2
  • オリーブオイル 小さじ4
  • ■煮込み用調味料
  • トマトジュース(食塩無添加) 450ml
  • ブイヨンスープの素 2個
  • ■仕上げ用調味料
  • トマトケチャップ 大さじ2+小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2

作り方

step
1
ごぼうは、たわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。

ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。

慣れれば、ごぼうを切る手順1~2は、手順7の鶏ひき肉を焼いている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

ごぼう

step
2
根元の硬い部分は切り落とし、4~5cm長さの乱切り(回し切り)にします。

4~5cm長さは指3本分の幅を目安にすると良いです。

ごぼう
ごぼう

ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合は変色を防ぐため水につけるとよいですが、必ずキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取ってから調理しましょう。油がバッシバシはねます。

step
3
にんにく、玉ねぎ、にんじんは、それぞれみじん切りにします。

玉ねぎ、にんじんはフードプロセッサーを使っています。

みじん切り
みじん切り
みじん切り

step
4
フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱めの中火で熱し、にんにくの周りがふつふつとして香りが出たら、


にんにく
にんにく

step
5
玉ねぎ、にんじんを加えて炒めます。むやみにかき混ぜる必要はありません。広げて油が回ったら放置し、3~4分ほどそのままにします。

炒めます
炒めます
炒めます

step
6
野菜から水分が抜けてかさが減り、しんなりとしたら、手前に寄せておきます。

火加減が一番弱い箇所に集めておきます。うちのコンロは手前です。

手前

step
7
鶏ひき肉に塩、こしょうを混ぜ込んでから、フライパンの空いた箇所に入れ、少し火を強め、そのままひき肉の周りが白くなるまで、6~7分ほど焼きます。

むやみにかき混ぜず放置しましょう。鶏肉をしっかり焼くことで、焦げ目が旨味になり、コクと旨味たっぷりに仕上がります。

焼く
焼く

step
8
ひき肉の周りが白くなったら、そろそろ焦げ目が付いている頃ですので、ひっくり返し、切るようにほぐしながら、野菜と混ぜ合わせます。


合わせ調味料
合わせ調味料
合わせ調味料
合わせ調味料

step
9
手順2のごぼうを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて、


ごぼうを加え
混ぜ合わせて

step
10
煮込み用調味料を加え、全体をかき混ぜてなじませたら、ふたをして強火にし、煮立ったら弱めの中火~弱火で12~13分ほど煮ます。


煮込み用調味料を加え
なじませ
煮ます

step
11
ふたをとり、いったん全体を底からかき混ぜ、


ふたをとり
全体を底からかき混ぜ

step
12
仕上げ用調味料を加え、水分を飛ばすように1~2分ほどざっとかき混ぜながら炒り煮にし、水分を煮飛ばします。


仕上げ用調味料を加え
炒り煮にし
煮飛ばします

step
13
保存します。

保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
  • シンクが狭い場合は、ごぼうの長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 慣れれば、ごぼうを切る手順1~2は、手順7の鶏ひき肉を焼いている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合は変色を防ぐため水につけるとよいですが、必ずキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取ってから調理しましょう。油がバッシバシはねます。
  • 鶏肉は、むやみにかき混ぜず放置しましょう。鶏肉をしっかり焼くことで、焦げ目が旨味になり、コクと旨味たっぷりに仕上がります。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:きのこ類/なす/セロリ(玉ねぎ、にんじんとともにみじん切りにして)
  • 煮込み時間をすっ飛ばすため、トマトジュース、トマトケチャップ、しょうゆを使っています。50分以上煮込めるのであれば、トマト缶400g1缶と白ワイン50ml、コンソメまたはブイヨンスープの素1個、ローリエに差し替え、弱火で50分~1時間ほど煮込み、塩で味を整えるとよいです。
  • チーズを混ぜ込んでオーブン焼きにも。
  • ひき肉は合い挽きでもOKですが、クドくなります。代用するなら豚肉か牛肉単独をおすすめします。

おすすめ食材、ツール

洋風煮込み料理を作る際は、マギーが一番おいしく仕上がります。コンソメは完成済みのスープ味が欲しいとき、ブイヨンは味付け前の出汁と香味が欲しいとき、という使い分けをしています。

ごぼうのレシピはこちらもどうぞ


ごぼうのミートソース煮
ごぼうのミートソース煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうをペンネに見立ててミートソースで煮込むレシピをご紹介します。 ごぼうと相性の良い、鶏 ...

ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め
ごぼうの柚子胡椒ウスターソース炒め

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうを柚子胡椒をきかせたウスターソースで炒めるレシピをご紹介します。 ウスターソースは ...

ごぼうのコンソメマリネ
ごぼうのコンソメマリネ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうをマリネでいただくレシピをご紹介します。 ごぼうを酢水で下ゆでし、コンソメ味のマリ ...

ごぼうと豚バラ肉の炒り煮
ごぼうと豚バラ肉の炒り煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうと豚バラ肉を、こってり甘辛味でいただくレシピをご紹介します。 しっかり焼いた豚バラ ...

ごぼうと大豆の甘辛炒め
食物繊維たっぷり ごぼうと大豆の甘辛炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうと大豆を甘辛く炒めるレシピをご紹介します。 少ししっかりめの味付けに仕上げています。 ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, ごぼう, 玉ねぎ, にんじん, にんにく, 鶏ひき肉, オリーブオイル, コンソメ・ブイヨン, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.