簡単メキシカン サルサ・メヒカーナ&ワカモレ

冷蔵4日

サルサ・メヒカーナ&ワカモレ
今回は、サルサのレシピを2種類ご紹介します。

「サルサ(salsa)」とは、ざっくりいいますと「ソース」の意味です。
今回ご紹介するサルサレシピは、「サルサ・メヒカーナ」と、「ワカモレ」の2種類です。

材料を刻んで混ぜ合わすだけ、簡単に作ることが出来て、かければ何でもメキシカンになってしまう、とても便利で魔法のようなソースです。
ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

メキシカンを代表するソースたちのレシピです。
まずは「サルサ・メヒカーナ」、後半で「ワカモレ」の作り方をご紹介します。
これらのサルサに合うチキンのレシピも併せてご紹介しますね。

1. サルサ・メヒカーナの作り方
2. ワカモレの作り方
3. おまけレシピ:グリルチキン

サルサ・メヒカーナの作り方

サルサ・メヒカーナ
まずは、基本となる「サルサ・メヒカーナ」の作り方です。
異国のレシピですので、「材料が手に入りにくい」「この食材は苦手」「小さい子どもはどうしたら」などの懸念点も併せてご説明しますね。

材料

具材 4人分 8人分
トマト 2個 4個
玉ねぎ 1/2個 1個
にんにく(※1) 1片 2片
ピーマン 1個 2個
青唐辛子(※2) 1本 2本
香菜(パクチー)(※3) 1/2束 1束
小さじ1/2 小さじ1
レモン汁(※4) 大さじ1 大さじ2

※1:にんにくは最近高価ですよね。瓶入りの「おろしにんにく」や、チューブ入りにんにくでもOKです。その場合の分量は、4人分小さじ1、8人分小さじ2が目安です。また、生でいただきますので、胃腸の弱い方、小さいお子さんがいらっしゃる場合は、省いてもOKです。

※2:青唐辛子が入手できない場合、タバスコ(緑色の「ハラペーニョソース」がベスト)4人分小さじ1、8人分小さじ2程度で代用できます。辛いものが苦手、胃腸の弱い方、小さいお子さんがいらっしゃる場合は、省いてもOKです。

※3:香菜(パクチー)は、乾燥ではなく、ぜひ生を使いましょう。好きな方は分量の記載以上に加えても良いです。苦手な方は省いてもOKですが、全体の香りに大きく影響しますので、ぜひ、みじん切り4人分大さじ1、8人分大さじ2ほどでも加えていただくことをおすすめします。

※4:手軽に入手できるレモン汁を記載しましたが、あればぜひ、ライムの絞り汁がベストです。

作り方

すべての材料をみじん切りにして、塩とレモン汁で和えるだけで完成しますが、それぞれ詳しくご説明します。

1 トマトを粗みじん切りにしますトマトを粗みじん切りにします。

トマトの粗みじん切りの方法は、スライスしてから、または、くし型に切ってから、どちらでも、やりやすい方でOKですよ。
スライスしてからのほうが、大きさが整います。くし型は、ヘタのまわりもムダなく使えます。

皮を湯むきしてからのほうが良い(舌触りが良くなる)らしいですが、皮つきのままで全然構いません。

2 トマトを粗みじん切りにします1cm~1.5cm角程度のサイズ、指の太さより大きくならない程度を目指すと、ちょうど良い仕上がりになりますよ。

3 玉ねぎをみじん切りにします玉ねぎをみじん切りにします。

このレシピは生でいただきますので、玉ねぎ独特の辛味が苦手な方は、みじん切りにした後、たっぷりの水に5分ほどさらしておきましょう。
その後、よく水気を絞って使います。

4 みじん切りにしますピーマンはヘタと種を取り除き、みじん切りにします。

5 青唐辛子のヘタを取ります青唐辛子です。
まず、ヘタを取ってから、みじん切りにしましょう。

青唐辛子は、種も取り除いたほうが良い(余分な辛味・雑味がなくなる)らしいですが、実際あまりありませんので、取り除ける程度でOKですよ。種ありでも構いません。

6 パクチーもみじん切りにしますパクチーもみじん切りにします。
生にんにくを使うのであれば、同じくみじん切りにします。

にんにく、青唐辛子、パクチーは、出来るだけ細かいみじん切りにしましょう。細かくすることで、より香りが立ち、その香りやクセが一点に集中せず、材料全体にまんべんなく行き渡りますので、クセを感じにくく、きちんと味と香りが馴染み、より美味しい仕上がりになります。

7 食材すべて下ごしらえした食材がそろいました。
濃い緑、白、赤。これはメキシコの国旗、mexicana color(メヒカーナ カラー)と同じ色です。

「えーイタリアも同じ色やん」実は、イタリアの緑のほうが薄く(明るく)、メキシコのほうが濃い(暗い)のです。
これについては、私のつたない説明よりも、【みんなの知識 ちょっと便利帳】国旗のデザインがほぼ同じ国・よく似ている国「イタリア」「ハンガリー」「ブルガリア」「メキシコ」が一目瞭然ですので、ご興味のある方は、そちらをぜひご覧いただければと思います。

8 食材すべてボウルに、下ごしらえした食材と、塩、レモン汁を入れます。

9 底からよく混ぜ合わせて底からよく混ぜ合わせます。

ここで、味見をします。
このレシピは、サラダとしてもいただけるよう、だいぶ塩分を控えめにしています。少しはっきりと塩味を感じるくらいが、ちょうど良く仕上がります。
トマトや玉ねぎの大きさによっては、若干、塩味が薄く感じることがあります。その場合は、塩をひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)ほどから加えてみましょう。

10 底からよく混ぜ合わせてよく消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作りたてではなく、ぜひ、最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう!
全体の味がなじんで、出来立てとはまるで違う旨味が出て、とても美味しくいただけますよ。

ワカモレの作り方

ワカモレ
ワカモレの作り方をご紹介します。
つぶしたアボカドに、サルサ・メヒカーナを少し加えて混ぜれば完成です。

材料

具材 4人分 8人分
アボカド 2個 4個
レモン汁 小さじ2 小さじ4
サルサ・メヒカーナ 大さじ4 大さじ8

作り方

つぶしたアボカドに、サルサ・メヒカーナを和えると完成です。

1 アボカドに、縦にぐるっと切れ目を入れてアボカドに、縦にぐるっと切れ目を入れて、

2 アボカドに、縦にぐるっと切れ目を入れてぱかっと割り、包丁の「あご」の部分(刃の根本の部分)で、種を引っ掛けて取り除きます。

3 皮を取り除き、マッシャーで実をつぶします皮を取り除き、レモン汁を振りかけ、マッシャーで実をつぶします。

4 サルサ・メヒカーナを加え、よく混ぜ合わせますサルサ・メヒカーナを加え、全体をよく混ぜ合わせて、なじませます。

5 サルサ・メヒカーナを加え、よく混ぜ合わせます出来上がりです。
すぐにいただけますが、作り置きとして保存する場合は、よく消毒した保存容器に入れて、変色を防ぐため、上からラップをぴっちりと覆い、さらにフタをして、冷蔵庫で保存します。

おまけレシピ:グリルチキン

グリルチキン
ご紹介したサルサは、魚介類やお肉にかけたり、トルティーヤやチップスにつけたり乗せたり、色々な方法で美味しくいただけますが、ここでは、安価な鶏むね肉を使ったグリルチキンのレシピをご紹介します。
写真はサルサ・メヒカーナをたっぷりかけていますが、ワカモレを添えても、もちろん美味しくいただけます。
分量は、2人分、4人分をご紹介します。

材料

具材 2人分 4人分
鶏むね肉 1枚 2枚
玉ねぎ 1/4個 1/2個
にんにく 1片 2片
(または)おろしにんにく・チューブ入りにんにく 小さじ1 小さじ2
レモン汁 大さじ1 大さじ2
砂糖 小さじ1 小さじ2
小さじ1/2 小さじ1
こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
大さじ1 大さじ2

作り方

玉ねぎとにんにくのすりおろしとレモンをベースにしたソースに、下ごしらえをした鶏むね肉を漬け込んでから焼きます。

1 玉ねぎとにんにくは、すりおろしておきます玉ねぎとにんにくは、すりおろしておきます。

2 皮にフォークでたくさん穴をあけます鶏むね肉は、まず、皮がついている側を上にして、フォークでたくさん穴をあけます。

3 包丁の「みね」(刃の反対側の部分)で、まんべんなく格子状に叩きますひっくり返して、包丁の「みね」(刃の反対側の部分)で、まんべんなく格子状に叩きます。肉の厚さが均一になるくらいに、よく叩くと良いです。

4 砂糖→塩→こしょうの順で、よくもみ込みます砂糖→塩→こしょうの順で、よくもみ込みます。

5 袋の上からよくもみ込みます袋に、玉ねぎとにんにくのすりおろし、レモン汁、手順4の鶏むね肉を入れ、袋の上からよくもみ込んで、冷蔵庫で30分以上置きます。

この段階で、冷蔵庫で2日間、保存が可能です。

6 フライパンに、油を薄くひいてから焼きます。

フライパンに、油を薄くひいてから、

7 皮を下にして置き水分を軽く切って、皮を下にして置きます。
袋のソースは、あとで使いますので、残しておきましょう。

8 弱火にかけます弱火にかけます。

9 ふたをしますふたをします。

このまま、ごく弱火のまま、焦げ目が付くまで、じっくりと焼きます。
焼き時間の目安は7分です。キッチンタイマーをかけると良いでしょう。

鶏肉は、ゆっくりと加熱するほど、柔らかく仕上がります。鶏肉のたんぱく質は65℃くらいから固まり始めるとのこと、また、その反動で肉汁が流れ出すことから、ごく弱火で鶏肉の温度を75~80℃前後に保ちながら焼くことで、肉汁を出来るだけ流れ出ることなく焼き上がります。

また、先に皮目を下にして、まずパリッと焦げ目を付けることで、とても香ばしく、旨味のある仕上がりになりますよ。

10 ひっくり返して、袋のソースも加えひっくり返して、袋のソースも加え、

11 ふたをしますふたをします。

さらに7分ほど、ゆっくりと加熱して、火を通します。

12 竹串を刺してみて、肉汁が出てくれば、中まで焼けています竹串を刺してみて、肉汁が出てくれば、中まで焼けています。

13 切りそろえます切りそろえます。

キッチンバサミで切ると、とても切りやすいです。
包丁で切る場合は、少し粗熱が取れたほうが、切りやすくなりますよ。

この段階で、冷蔵で5日間ほど保存が可能です。

14 切りそろえますサルサをたっぷりと添えて、お召し上がりくださいませ。
写真はサルサ・メヒカーナですが、ワカモレもとても良く合いますよ。

作り置きのコツ

  • にんにく、青唐辛子、パクチーは、出来るだけ細かいみじん切りにしましょう。細かくすることで、より香りが立ち、その香りやクセが一点に集中せず、材料全体にまんべんなく行き渡りますので、クセを感じにくく、きちんと味と香りが馴染み、より美味しい仕上がりになります。
  • ソースですので、少しはっきりと塩味を感じるくらいが、ちょうど良く仕上がります。トマトや玉ねぎの大きさによっては、若干、塩味が薄く感じることがあります。その場合は、塩をひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)ほど加えてみましょう。
  • サルサ・メヒカーナは、作りたてではなく、ぜひ、最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう。全体の味がなじんで、出来立てとはまるで違う旨味が出て、とても美味しくいただけます。
  • ワカモレを作り置きする際は、変色を防ぐため、上からラップをぴっちりと覆い、さらにフタをして、冷蔵庫で保存します。
  • 保存の際は、よく消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。
アレンジのヒント

  • いろいろなアレンジが楽しめます。下記に私が試しておいしかった内容をメモしておきますので、ご参考になれば幸いです。
タコス タコスミート(みじんぎりにした玉ねぎ1/4+にんにく1片&牛ひき肉(または合い挽き肉)200gを炒め、トマトケチャップ・ウスターソース各大さじ2+チリパウダー大さじ2で味付けします)、レタス、お好みのサルサを、トルティーヤで巻いていただきます。トルティーヤでなくても、ご飯に乗せればタコライス、また、パンに乗せたりサンドイッチとしてはさんでも美味しいですよ。タコスミートの他、チリコンカンもよく合います。
豚肉 おまけレシピでは鶏肉をご紹介しましたが、お好みの部位の豚肉を焼き、軽く塩こしょうで味付けしたものに、サルサ・メヒカーナを添えていただいても絶品です。もちろん、トルティーヤにも合いますよ。
たこ ぶつ切りにしたゆでだこに、サルサ・メヒカーナをたっぷりと和えていただきます。
オムレツ オムレツに、お好みのサルサをたっぷりと添えていただきます。
野菜チップス れんこんやかぼちゃ、にんじんなどの野菜チップスに、ワカモレをつけていただくと、さらに美味しいですよ。
刺身&ワカモレ 角切りにした刺身用のまぐろとワカモレを和えると絶品です。まぐろの他、えび、サーモン、帆立がよく合います。
サワークリーム ワカモレとサワークリームはとても相性が良いです。この組み合わせは、タコスにはもちろん、野菜をたっぷりと添えてサラダとしても楽しめます。
バーベキューのお供に サルサ・メヒカーナは、串刺しにした鶏肉や、シンプルに塩こしょうで味付けしたステーキ肉との相性ばっちりです。たっぷりと用意すると良いですよ。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。今回のように、サラダの具材を調味料とまんべんなく和える際は、具材と調味料が混ぜやすい形状ですので、大活躍します。

また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べら代わりとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

こちらのレシピもどうぞ

山形のだし

夏野菜たっぷり!山形のだし

冷蔵5日 今回は、山形のだしのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、ここ近年、毎年夏

レシピをみる

ししとうの焼きびたし

真夏の酒の肴「ししとうの焼きびたし」甘長唐辛子、万願寺唐辛子でもぜひどうぞ

冷蔵4日 夏になると、ツヤッツヤで緑色の濃い野菜がたくさん出回りますね。 その中でも今回

レシピをみる

おから野菜マヨみそサラダ

ポテサラみたい?もっとヘルシー!おから野菜マヨみそサラダ

冷蔵4日 今回は、おからと野菜を使った、体に優しいサラダのレシピのご紹介です。 おからが

レシピをみる

棒だらの煮付け

毎日食べたい常備菜 棒だらの煮付け

冷蔵10日 今回は、圧力鍋を使った、棒だらの煮付けのレシピをご紹介します。 私は関西人で

レシピをみる

さっぱりすっきり 即席しば漬け

サラダ感覚 即席しば漬け

冷蔵5日 今回は、即席しば漬けのレシピをご紹介します。 しば漬けは、年中出回っているよう

レシピをみる

葉野菜のおひたし

超簡単!葉野菜の速攻おひたし

冷蔵4日 今回は、すごく簡単に、副菜がもう一品完成する、葉野菜のおひたしのレシピをご紹介します

レシピをみる

里芋の梅和えサラダ

すっきり旨い!里芋の梅和えサラダ

冷蔵1週間 今回は、梅風味が美味しい、里芋の梅和えサラダのレシピをご紹介します。 このレ

レシピをみる

きゅうりの豆板醤漬け

ピリ辛!きゅうりの豆板醤漬け

冷蔵10日間 今回は、豆板醤の辛味とごま油の香りがおいしい、きゅうりの豆板醤漬けのレシピをご紹

レシピをみる

秘密のやわらかチキン

えっ何これ柔らかっ!鶏むね肉で作る、秘密のやわらかチキン

冷蔵5日 今回は、簡単に鶏むね肉が驚くほど柔らかくなり、和風であっさり、なのにジューシーに仕上

レシピをみる

生レタスサラダ

生レタスで作り置き?目からウロコの生レタスサラダ

冷蔵5日 今回は、レタスが生のまま、おいしく、しかも簡単に作り置きできるレシピのご紹介です。

レシピをみる

Comment

  1. ちよ より:

    スガさん、新レシピのアップ、ありがとうございます!メキシカン、意外と身近な素材で作れるんですね。チキンに添えるのもおいしそう。夏の間に作ってみます。応用方法を書いてくださるのがいつも助かっていますー。暑い日が続いていますが、どうかお体にお気をつけください!

    • スガ より:

      ちよさん
      スガです(´∀`)ノ 早速素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます!

      メキシカン、そうなんです!
      意外と身近な材料でウマー!なんです(´∀`人)
      色々楽しめますので、ぜひぜひです~!

      毎日暑いですね!
      ちよさんも、どうぞご自愛くださいませ(´∀`)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年3月27日の作り置き(11品)
2017年3月27日の作り置き(11品)

日曜日は終日出ていました。 土日動けなかった日も、月曜日

【感謝】雑誌「レタスクラブ」2017/4/25号特集記事を担当させていただきました
【感謝】雑誌「レタスクラブ」2017/4/25号特集記事を担当させていただきました

おかげさまで、なんと!なんと! あの「レタスクラブ」にデビューで

生レタスで作り置き2 トマトとひき肉の生レタスサラダ
生レタスで作り置き2 トマトとひき肉の生レタスサラダ

冷蔵5日 今回は、レタスが生のまま、おいしく簡単に作り置きできる

2017年3月21日の作り置き(6品)
2017年3月21日の作り置き(6品)

3連休は初日に野暮用を済ませ、あとはほとんどこもって作業してま

2017年3月12日の作り置き(16品)
2017年3月12日の作り置き(16品)

週末は関西に行ってました。 えらい寒かったですね。 東

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy