【感謝】「身につく作り置き」重版出来

公開日: : 書籍・メディア掲載


おかげさまで、2/13発売の新刊「身につく作り置き」が、なんと発売後3週間で重版が決定し、3/19に第2刷が完成しました。
本当にありがとうございます。

初版18,000部。
出版部数の判断は、もちろん私ではなく、出版社です。

私は書籍出版は2回目ですが、だいたい初版3,000~5,000部と言われている中で、初版18,000部という数は物凄いなと思いましたし、そしてそんな中で、前作の「ラクする作り置き」の1.6倍のペースで買っていただいていると伺っています。
本当に嬉しい限りです。

年度末の忙殺に遭い、大変遅くなってしまいましたが、
感謝の気持ちと、
この本に込めた思いを、つらつらと。

* * * * *

前作の「ラクする作り置き」は、初めての出版でした。
それは、編集の方からの、「ブログを書籍化しましょう」というお声がけから始まりました。まだこのWebサイトを立ち上げて1年と少し経った頃だったでしょうか。

初めての書籍化ということもあり、ページ数も大きさもある程度決まったフォーマットの中で、構成等を検討し。

編集、ライター、フォトグラファー、デザイナーといった方々を筆頭に、本当に様々なプロフェッショナルな方々に支えられ、何とか無事刷り上がり、リリースが出て、そして出版されました。

本を作っている時も、予約が始まっても、完成しても、店頭に並んでも、緊張感でおかしくなりそうな毎日が半年以上続いたと思います。

このサイト立ち上げてちょうど2年経つ頃に本が出版されるとか、すごいなぁ。
ぼんやりとそう考えていました。

それが、予想をはるか彼方に上回る売れ行きで、私はもちろん、編集長はじめ出版社の方々も度肝を抜かれ。
amazon書評や綴じ込みのご意見ハガキで、数々の激励のお言葉をいただきました。

でも、もちろんそれだけではありません。
「ブログが本にまとめられただけ。これならブログをみたほうがいい」
「ブログは詳しいのに本は雑」
「ブログ抜粋で出版とかふざけんな」
等といったご意見も、本当にたくさんたくさんいただきました。

「いや、ブログを単に書籍化しただけやから……」と、正直、最初こそ思いましたが。
読んでいただいている方にとっては、そりゃもちろん、そんな背景なんてどうでもよくて。

中には、すがりつくような思いで、高いお金を出して購入いただいたのに、「なんだよ!ブログみたら全部スマホで読めるじゃん!しねよ!クソが!」って方もいらっしゃいました。

そんな賛否両論で、ある意味着実に、「ラクする作り置き」の売上数字という“実績”が出来上がったのです。

そんな中で、また作り置きの本を作りましょう、と、編集の方からお声がけをいただき。
それから約1年近くをかけて、「身につく作り置き」を作りました。

“実績”が出来た私は、色々と「枠にとらわれずに」本を作ることが出来るようになったのです。
「枠にとらわれずに」というのは、たとえば「ブログを単純に書籍化する」といったことを順守しなくていい、ということです。

「ラクする作り置き」を、本当にたくさんの方々に買っていただいたおかげで、「身につく作り置き」を、かなり自由に作ることが出来たのです。

* * * * *

自由ということで、書籍のサイズは大きくしてOK、文字数も写真数ももちろん増やしてOK、そもそも構成を変えても全然OK。
編集とライターの方と、色々と議論して仕上げていきました。

私が、この本を作るにあたって、目指したところ。
食の「逃げ口」を作ることでした。
この本が、生活をする上での、生きていくための、「逃げ口」の一つになれば。

25年間主婦をやってきて、痛感したことのうちの一つ、
それは、「許すことを出来ない人」が何と多いことか。
つまり、「他人を許すことが出来ない人」、そして、「自分自身を許すことが出来ない人」の多さです。

たとえば、

「私は共働きで子ども2人抱えているのに、毎日ちゃんと出汁を取って毎日おかずを手作りしている。そもそも、だしの素を使うなんておかしい。」

「夕飯が出来上がるのが遅過ぎる。仕事から帰って来てから30分以上もかかるとかありえないんだけど。」

「私は妊娠9ヶ月まで働いた。つわりの時も間食でごまかしながら仕事した。なのにつわりで食事すら用意出来ないとか甘えてるんじゃないの。」

「子どもがいないのに惣菜買うとかありえない。夫婦2人の食事も作れないのかしら。」

「子どもがいるのに惣菜買うとかありえない。子どもに出来合いのものを食べさせるとか何考えてんのかしら。」

などなど。
もっといろいろありますが、書いてて気分が良くないですので、このあたりで。

こういった言葉は、肉親や他人から投げかけられるだけではなく、
自分自身にも「そうしないといけない、許されない」と、呪いをかけてしまっている方が、ものすごく多いなと思うんです。特に、食に対しては。

タイトルの「身につく」は、料理の基本が「身につく」というほかに、食べるものを自分で選ぶ力、基本をふまえておいしく作る力、自分を健康にする力といった「生きる力」が「身につく」という思いも込めました。

「はじめに」より

この本は、「作り置きレシピ」という切り口ではありますが、もちろん作りたてでもおいしく、作り置きもできる、というレシピばかりです。
また、私なりではありますが、おいしく仕上がる調理のポイントや、こんな時はこうすればいいのね、という解決法を詰め込んでいます。

生きていく上で、特に、食に関しては、本当に色々な考え方があります。
正解なんてないんです。

だから、生きていく上で、誰かのサンドバッグになる必要なんてないんです。
ましてや、自分で自分自身を締め上げる必要なんてないんです。

「食」という観点で、もし、許すことが出来ないという目に遭ったり、疲れたり、もうどうでもいいと思ったり。
そんな時に、この本が、逃げ口の一つになれば。

疲れたときには、砂をかむような食事ではなく。
ひと口食べて、鼻の奥がつんとして、喉の奥が痛くなって、だーだー涙が止まらなくなって、心身ともに「おいしいね」と感じることが出来る。
食に対して、「あ、これでいいんだ」と、許すことが出来たら。

「身につく作り置き」、ぜひ、お一人でも多くの方に、手に取っていただければ幸いです。
詳しい内容紹介は、こちらからどうぞ


前作「ラクする作り置き」は、おかげさまで2017年3月に第7刷発行、まだまだ好評発売中です。Kindle等の電子書籍でもお読みいただけます。

では、今後ともどうぞよろしくお願いしたします!

こちらのレシピもどうぞ

【感謝】雑誌「saita」リニューアル号の特集記事を担当させていただきました

【感謝】雑誌「saita」リニューアル号の特集記事を担当させていただきました

おかげさまで、なんと!なんと! 雑誌「saita」リニューアル号にて、全12ページの特集記事を

レシピをみる

【感謝】メディア掲載:ネッツ中央大阪のフリー情報マガジン Nets Mode #18

【感謝】メディア掲載:ネッツ中央大阪のフリー情報マガジン Nets Mode #18

おかげさまで、私のレシピがフリーペーパーに掲載されました!! ネッツトヨタ中央大阪(株)の

レシピをみる

【感謝】レシピブログmagazine Vol.12 春号掲載

【感謝】レシピブログmagazine Vol.12 春号掲載

おかげさまで、私の作り置きレシピが、なんと!なんと! ムック本「レシピブログmagazine

レシピをみる

【お知らせ】もっと使える!ジップロックで暮らし上手 KADOKAWAさんより8月6日発売

【お知らせ】もっと使える!ジップロックで暮らし上手 KADOKAWAさんより8月6日発売

お知らせです。 KADOKAWAさんより、「もっと使える!ジップロックで暮らし上手」という

レシピをみる

【宣伝】「ラクする作り置き」無事発売されました。そして売れてます。

【お礼】「ラクする作り置き」無事発売されました。そして、ごっつい売れてます。

このサイト「週末の作り置きレシピ」が本になりました! タイトルは「ラクする作り置き」、出版

レシピをみる

【お詫び&お礼】「ラクする作り置き」増刷出来、品切れでご迷惑をおかけいたしました

【お詫び&お礼】「ラクする作り置き」増刷出来!品切れでご迷惑をおかけいたしました

このサイト「週末の作り置きレシピ」が本になった「ラクする作り置き」、おかげさまで増刷が上がり

レシピをみる

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

食べ切り 今回は、特別編「鍋料理のレシピ」です。 本当にたくさんのリクエストをいただいていま

レシピをみる

【お礼】「ラクする作り置き」発売2か月で約4万部発行

【お礼】「ラクする作り置き」発売2か月で約4万部発行

このサイト「週末の作り置きレシピ」が本になった「ラクする作り置き」、おかげさまで、次々と増刷

レシピをみる

書籍化のお知らせ

書籍化のお知らせ

このサイト「週末の作り置きレシピ」が本になります! タイトルは「ラクする作り置き」、発売予

レシピをみる

【感謝】雑誌「レタスクラブ」2017/4/25号特集記事を担当させていただきました

【感謝】雑誌「レタスクラブ」2017/4/25号特集記事を担当させていただきました

おかげさまで、なんと!なんと! あの「レタスクラブ」にデビューです。 雑誌「レタスクラブ」本

レシピをみる

Comment

  1. マフィンママ より:

    二冊とも購入させていただき、なお、blogも毎週楽しみにしております。私も、主婦歴同じくらいですが、手際の悪いこと、、、スガさんの、素晴らしさに感動しつつ、大変参考にさせていただき、とても助かっています!1週間遅れでほぼ、真似している感じです。身につく作りおきは、ますます、分かりやすくて、保存用にあと一冊買いたそうかと思うほど。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします!色んな声もあるみたいですが、応援してる人、スガさんに助けられている、楽しみにしている人がほとんどだと思います!!

  2. みきのかあちゃん より:

    4月からフルでの仕事になり、帰ってからのバタバタを想像すると働く前からプレッシャーで押し潰されそうでした。
    そんな時にスガさんの事を知り、同時に本を出されている事も知り、一気に2冊買い(笑)
    巷では常備菜作りが流行っていて多くのブロガーさんがブログにのせていますね。
    でも、スガさんの作り置きは派手さはないけど、すごく身になります。
    その先に家族の食事の風景が見えるようです。
    すごくリアルです。
    カッコつけた常備菜がかすみます。
    新しい環境に踏み出す勇気をもらいました。ありがとうございます。

  3. funa より:

    本屋さんで見かけて身につく作り置きを購入しました。
    どれも作りやすくておいしく出来るので次々に作っています。
    レシピ本はたくさん持っていても眺めて終わるものも多いので私にしては珍しく折り跡をつけるほど活用しています。
    本でブログの事も知り楽しみが増えました。
    これからもっとおいしいご飯を家族に食べさせられそうです。
    ありがとうございました。

  4. すずき より:

    スガさん
    2冊の書籍、購入させて頂きました。
    普通の母さんが日々の暮らしで紡いできたレシピのお裾分け、ありがとうございます。
    作り置き流行りですが、本当に作り置きで暮らしていらっしゃるご様子があって「これはイケる!」と思ったのが購入動機です。普通の食材で普通に美味しくが嬉しいです。
    派手さはないけど滋味のあるレシピと文章が好きです。

    これからも更新を楽しみにしていますね。

  5. より:

    スガ様  ※長文です
    いつもブログ更新お疲れ様です。
    そして、遅ればせながら、書籍発行おめでとうございます。
    2冊とも購入させて頂いて、隅から隅まで拝読致しました。

    私はもう随分といい歳で、しかも独り暮らしだったのに料理を始めたのはここ2,3年で、1年半ほど前に結婚したのですが、レパートリーは少ないし手際も悪いし元々料理もあまり好きではなく、仕事から帰って食事を作るのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

    また、初めてスガさんのブログを拝見した時、「こんなに何品も短時間で作るなんて慣れた人だからできるのであって、私には絶対に無理だ。このブログは私には役に立たない」と思っておりました。
    ですが、手順を細かく書かれているので、「いつかこれくらいできたらなあ」という気持ちで、参考書というよりは読み物としてブログを読むようになりました。
    そこでスガ様が関西出身の薄味好み、そして大食い(笑)だと知り、共通点の多さに何点かのレシピを試しに作ってみたところ、薄味なのに物足りなさのない味付けがとても私と旦那の好みに合ったのです。

    料理を始めてから、少しでも料理を好きになろうと他の料理本も幾つか買っていたのですが、作ってみると私たちには味付けが濃すぎるものが多く、料理に慣れていない私はどうやれば「美味しい薄味」になるのかがわからなかったのも料理を好きになれなかった理由の一つでした。
    ですがスガ様のレシピはまさに「美味しい薄味」で、説明も丁寧、そして作り置きは手抜きではないと言ってくださる、私が求めていたそのものだったのです。

    「許せないこと」、私も多いです。私は自分自身に対して、「仕事をしていても毎日食事を作らなければならない」「毎日一汁三菜の食事を出さなければ」「作り置きなんて手抜き」などと、色々な制約を課していたように思います。そしてそれが原因で、余計に料理が嫌になり、食事作りを放棄しては自己嫌悪に陥る、というのを繰り返していました。一時は全く料理をしなくなったりもしました。
    でも、スガ様のブログや書籍を拝見しているうちに、徐々にその苦手意識が減ってきたのです。

    今も手際は悪く、レパートリーは少ないです。作り置きも、何品も作ったりすることはできず、週末に副菜を2、3品作る程度です。
    でもその2,3品をローテーションで副菜として、後は簡単な主菜(焼くだけとか)と味噌汁とご飯、という形で旦那は満足してくれています。
    スガ様のおかげで、毎日の食事作りがとても楽になりました。作業的にも、精神的にもです。
    昔ほど料理が嫌いではなくなりました。
    美味しい薄味の、野菜たっぷりの副菜を旦那に食べさせてあげることができるようになりました。
    本当に感謝してもし切れません。
    書籍化についてごちゃごちゃ言う方がいらっしゃるようですが、私は本当に書籍にして頂けて嬉しいです。
    本でもスマホでもいつでもどこでも読めるって最高です(笑)

    ちなみに、私と旦那のいちばんのお気に入りは豚汁です。
    私は豚汁が好きで、今までも色んなレシピを試していたのですが、スガ様の豚汁の美味しさは衝撃でした。豚肉を別茹でするとこんなに美味しくなるのかと感動しました。
    また、豚汁以外の汁物でも、根菜類は皮を剥かずに使うようになりました。皮に傷みがあったりして剥いたりすると、旦那が「皮剥いちゃったん?」って残念そうに言うようになりました(笑)

    「作り置きはこうしていただいてます」の記事が大好きなので、また2017年版もお時間ある時に教えて頂けると嬉しいです。
    アレンジや組み合わせ等も楽しく、またスガ様の食べっぷりが気持ちいいです(笑)

    長々と失礼致しました。
    これからも更新楽しみにしております。
    お体に気をつけて、どうぞご自愛ください。

  6. バーバ より:

    日々ご苦労様です。以前ブログに書かれていた文章が今も胸に残っています。「心身共に疲れている時でも、だし、を取ってそれを口にした時、とどめなく涙が流れた」思わず65歳のバーバも涙しました。子供二人も成人した55歳でシングルになりフルタイムの仕事に着いお一人様の食事は、しばらくは作りませんでした。ある日コンビニで買ったおてんの薄色のだしがとても美味しく身体中染み渡りました。家族の、色も味も濃い好みのおてんを作っていたので、そのだしの美味しさが驚きでした。シングルになって10年、パート勤務になりスガさんの本、ブロクで料理してます。人生、自分の目で見て、体験して、自分の足で進んで行き、また子供達もそうあって欲しいと願ってま~す。お体身お大事に!

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年8月14日の作り置き(10品)
2017年8月14日の作り置き(10品)

下の娘夫婦の家@関西での家政婦生活から、ゆうべ東京に戻って来ま

2017年8月7日の作り置き(14品)
2017年8月7日の作り置き(14品)

諸事情により、先週金曜日から、下の娘夫婦の家@関西で家政婦をし

2017年7月29日の作り置き(12品)
2017年7月29日の作り置き(12品)

これから野暮用ですので、早く仕上げました。 今年はおかげ

2017年7月24日の作り置き(12品)
2017年7月24日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 暑うございました。 ちょっ

2017年7月17日の作り置き(11品)
2017年7月17日の作り置き(11品)

週末は岐阜県の下呂温泉に行ってました。 ものすごくいい宿でし

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy