オーブンなしのバレンタインレシピ マーブル模様の生チョコ

冷蔵4日/冷凍1か月

マーブル模様の生チョコ
今回は、リクエストにお応えして、マーブル模様が美しい、ブラックチョコとホワイトチョコが二層になった生チョコのレシピをご紹介します。

一見、プロっぽい仕上がりですが、コツは「ブラックチョコ3:動物性脂肪40%以上の生クリーム2の比率を守る」だけ。あとは「適当&大胆」です!

バレンタインには毎年、家族分、そしてパートナー家の分と、ケーキ2ホール&生チョコを作っていました。
とはいえ、東京に単身赴任して数ヶ月、ふと気づいたことが、「オーブンも電子レンジもない!フライパンと大鍋しかない!」ということでした。。
オーブンレンジは真っ先に買おうと思っていたのですが、意外と無くても困らなかったので、まぁ、このままでいいかなぁ……と思っていたのですが、お菓子を作ろうとすると、とても困りますね。

それでも、生チョコはオーブンもレンジも使わず作ることができること、また、日持ちするので、とても助かります。
今年は、東京で生チョコを作り、関西でケーキを作ろうかなぁと考えています。
# 考えているだけです

美味&マーブル模様&二層仕立ての生チョコのレシピです。
作り置きがききますので、バレンタイン前の休日にじっくりと作っておき、余裕を持って詰め合わせてからプレゼントできます。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

チョコレート2:動物性脂肪40%以上の生クリーム1=基本の生チョコです。
そして、ブラックチョコ3:動物性脂肪40%以上の生クリーム2=甘さ控えめで、カカオの香りと旨味たっぷり、コクがあって柔らかい口どけの生チョコです。

また、あくまで私の経験に基づくものですが、失敗とその原因、そして何度作っても同じように成功するプロセスをご紹介します。

材料

縦×横が145cm~160cm程度、高さが4cm以上ある型 1台分(※1)
■ガナッシュ/ブラック
ブラックチョコレート 120g
生クリーム(動物性脂肪分40%以上のもの)(※2) 80cc
ブランデー(なくてもOK) 小さじ1/2
■ガナッシュ/ホワイト
ホワイトチョコレート 80g
生クリーム(動物性脂肪分40%以上のもの)(※2) 40cc
オレンジリキュール(なくてもOK) 小さじ1/2

(※1)今回私は縦横21×7cmのパウンドケーキ型を使用しています。縦×横が145cm~160cm程度、高さが4cm以上ある型なら問題なく仕上がります。これ以上の分量を作る場合は、すべての材料を単純に掛け算でOKです。
(※2)動物性脂肪分30%台の場合は、ガナッシュ/ブラックは60cc、ガナッシュ/ホワイトは30ccに減らしましょう。脂肪分が少ないと、固まり具合がゆるくなるためです。

必要な道具

いずれもきれいに水分・油分を洗い落とし、拭き取っておきましょう
オーブンシート
サラダ油
はさみ
ハケ
計量カップ
計量スプーン
ボウル
ゴムべら
竹串
包丁
まな板
キッチンペーパー
ふきん

作り方

今回は、それぞれの節目に分けてご説明します。
1. 型の準備
2. ガナッシュの作り方
3. 二層生チョコの作り方
4. マーブル模様の作り方
5. 生チョコの切り方
6. マーブル模様の応用
7. 注意点など

1. 型の準備

この手順は無しで、型にラップを敷くだけでも出来ます。

もし、「よれたラップがチョコに食い込んでしまい、形が汚くなった」「ラップをはがす際にうまくはがれず悔しい思いをした」というご経験のある方は、ぜひお試しくださいませ。
ひと手間かかりますが、確実に美しく仕上がります。

1 オーブンシートを型より一回りほど大きめに切りますオーブンシートを型より一回りほど大きめに切ります。
2 底の形をなぞって印を付けます底の形をなぞって、オーブンシートに、しるしを付けます。
3 底の形で折り目を付けますなぞった底の形で、折り目を付けます。
4 側面の部分を、底の折り目まではさみで切ります側面の部分を、底の折り目のところまで、はさみで切ります。
5 いったん型にはめてみますいったん型にはめてみます。
6 側面のオーブンシートが何重にもなってしまった箇所は、1枚切り落とします側面のオーブンシートが何重にもなってしまい、だぶついている箇所は、1枚切り落とします。
7 ハケで薄くサラダ油を塗ります型に、ハケで薄くサラダ油を塗ります。
8 オーブンシートをぴったりと貼り付けます型にオーブンシートをぴったりと貼り付けます。

2. ガナッシュの作り方

生チョコは、この手順通りではなく、1)生クリームを沸騰直前まで温めて、2)適当に割ったブラックチョコを生クリームに投入して静かに混ぜて溶かし、3)流し込んで冷やすだけで完成します。

もし、「分離した」「固まらなかった」「ガチガチになった」「ツヤが消えた」というご経験のある方、また、私のように、「フライパンしかない」「キッチンが寒い」「二層&マーブルを作りたいけど鍋が1つしかない」という方は、この方法をぜひお試しくださいませ。
こちらもひと手間かかりますが、確実に、なめらかでツヤのある生チョコが完成します。

1 まな板にオーブンシートを敷きますまな板にオーブンシートを敷きます。
オーブンシートの大きさは、まな板より少し大きめが良いでしょう。
2 チョコレートを置きます手順1の上に、チョコレートを置きます。
3 チョコレートを細かく刻みますチョコレートを細かく刻みます。

片方の手を包丁の背に当てて、包丁の刃先より少し根元側を支点にするようなイメージで、刃の根元を左右に少しずつ動かしながら、真上から軽く体重をかけるように押しながら切ると、オーブンシートを破ることもなく、ごく細かくチョコレートを切ることができます。

4 できるだけ細かく刻みましょうできるだけ均一に、そして細かく刻みましょう。

チョコレートは均一に細かく刻むことにより、温度がまんべんなく行き渡ることから、チョコレート全体を同じ温度にすることが出来ます。そのため、全体がムラなく最適な温度で溶けて生クリームとなめらかに混ざり合い、つやのある仕上がりとなります。

ここで、小鍋を複数個お持ちの方は、手順7に進みましょう。

5 ボウルに入れますフライパンしかない、小鍋が一つしかない場合は、ボウルを使ってチョコレートを溶かします。

刻んだチョコレートをボウルに入れます。

ボウルには絶対に水気がないように、きれいに水分をふき取っておいたものを使用しましょう。

6 湯せんのボウルはチョコレートのボウルより小さいボウルでキッチンの室温が20℃以下の場合、かつ、小鍋が複数個ない場合は、チョコレートを湯せんにかけておきましょう。

チョコレートを湯せんにかける場合は、次の2つは必ず守りましょう。
1)湯せんのボウルは、チョコレートのボウルよりも小さいボウルで行い、水分が入らないようにすること
2)湯せんに使うお湯の温度は、50℃以下にすること

余計な水分が入ったり、高温でチョコレートを溶かすと、分離してしまいます。

理想は、室温を20℃以上に保ち、次以降の手順で使う、生クリームの温度だけで溶かすことです。

7 水分は拭き取りましょう生クリームを計量するカップは、充分に水気をふき取ってから使用しましょう。
8 火にかけて沸騰直前で火を止めます生クリームを弱火にかけて、沸騰直前で火を止めます。

写真のように、少し泡立ったところで、すぐに火を止めると良いです。チョコレートと生クリームの風味が活きた仕上がりになります。

9 チョコレートが入ったボウルに生クリームを注ぎますチョコレートが入ったボウルに生クリームを注ぎます。

小鍋を複数個お持ちの場合は、生クリームを沸騰させた小鍋に、手順4で細かく切っておいたチョコレートをすべて加えます。

10 生クリームは、鍋に残ったものもしっかり加えましょう生クリームをボウルに移す場合は、鍋に残らないよう、しっかりと、こそげ取って加えましょう。
11 ツヤが出るまで混ぜ合わせますツヤが出るまで、静かに混ぜ合わせます。泡立てないようにしましょう。

洋酒を加える場合は、チョコレートが完全に溶けてツヤが出たタイミングで加えて、全体を静かにまんべんなく混ぜ合わせます。

12 ボウルの底はふきんで水気を拭き取りますチョコレートが溶けたら、型に流し込みます。

その際、湯せんをした場合は、ボウルの底の水気をふきんできれいに拭き取ってから行いましょう。一滴でも水気が入ると、チョコレートが固まらない、その部分だけ分離するなどの不具合が発生します。

13 型に流し込みます一気に型に流し込みます。
型を前後左右に動かし、ガナッシュをできるだけ平らにします。

冷蔵庫に入れ、20~30分間冷やし固めます。

14 大さじ1程度を残しますガナッシュ/ブラックは、大さじ1程度を残しておきます。
写真のように、ボウルに中途半端に残った程度がちょうど良い量です。あとで使いますので、室温のまま置いておきましょう。

3. 二層生チョコの作り方

この手順も、1)生クリームを沸騰直前まで温めて、2)適当に割ったホワイトチョコを生クリームに投入して静かに混ぜて溶かし、3)先の手順で出来上がったガナッシュ/ブラックの上に流し込むだけで完成します。

ホワイトガナッシュの生チョコは「分離する」「固まらない」「おいしくない」という方、また、私のように、「フライパンしかない」「キッチンが寒い」「二層&マーブルを作りたいけど鍋が1つしかない」という方は、この方法をぜひお試しくださいませ。

ひと手間かかりますが、カスタードクリームのように濃厚で、そしてふんわりと柔らかな生ホワイトチョコが出来上がります。

1 まな板にオーブンシートを敷きますまな板にオーブンシートを敷きます。
オーブンシートの大きさは、まな板より少し大きめが良いでしょう。
2 チョコレートを置きます手順1の上に、適当に割ったチョコレートを置きます。
3 チョコレートを細かく刻みますチョコレートを細かく刻みます。

片方の手を包丁の背に当てて、包丁の刃先より少し根元側を支点にするようなイメージで、刃の根元を左右に少しずつ動かしながら、真上から軽く体重をかけるように押しながら切ると、オーブンシートを破ることもなく、ごく細かくチョコレートを切ることができます。

4 できるだけ細かく刻みましょうできるだけ均一に、そして細かく刻みましょう。

チョコレートは均一に細かく刻むことにより、温度がまんべんなく行き渡ることから、チョコレート全体を同じ温度にすることが出来ます。そのため、全体がムラなく最適な温度で溶けて生クリームとなめらかに混ざり合い、つやのある仕上がりとなります。

ここで、小鍋を複数個お持ちの方は、手順7に進みましょう。

5 ボウルに入れますフライパンしかない、小鍋が一つしかない場合は、ボウルを使ってチョコレートを溶かします。

刻んだチョコレートをボウルに入れます。

ボウルには絶対に水気がないように、きれいに水分をふき取っておいたものを使用しましょう。

6 湯せんのボウルはチョコレートのボウルより小さいボウルでキッチンの室温が20℃以下の場合、かつ、小鍋が複数個ない場合は、チョコレートを湯せんにかけておきましょう。

チョコレートを湯せんにかける場合は、次の2つは必ず守りましょう。
1)湯せんのボウルは、チョコレートのボウルよりも小さいボウルで行い、水分が入らないようにすること
2)湯せんに使うお湯の温度は、50℃以下にすること

余計な水分が入ったり、高温でチョコレートを溶かすと、分離してしまいます。

理想は、室温を20℃以上に保ち、次以降の手順で使う、生クリームの温度だけで溶かすことです。

7 水分は拭き取りましょう生クリームを計量するカップは、充分に水気をふき取ってから使用しましょう。
8 火にかけて沸騰直前で火を止めます生クリームを弱火にかけて、沸騰直前で火を止めます。

写真のように、少し泡立ったところで、すぐに火を止めると良いです。チョコレートと生クリームの風味が活きた仕上がりになります。

9 チョコレートが入ったボウルに生クリームを注ぎますチョコレートが入ったボウルに生クリームを注ぎ、ツヤが出るまで、静かに混ぜ合わせます。泡立てないようにしましょう。

小鍋を複数個お持ちの場合は、生クリームを沸騰させた小鍋に、手順4のチョコレートをすべて加え、同様にツヤが出るまで、静かに混ぜ合わせます。

10 生クリームは、鍋に残ったものもしっかり加えましょう生クリームをボウルに移す場合は、鍋に残らないよう、しっかりと、こそげ取って加えましょう。
11 洋酒を加えます洋酒を加える場合は、チョコレートが完全に溶けてツヤが出たタイミングで加えて、全体を静かにまんべんなく混ぜ合わせます。
12 ガナッシュ/ブラックの表面が固まっていることを確認します先の手順で冷やしておいた、ガナッシュ/ブラックの表面が固まっていることを確認します。
12 ボウルの底はふきんで水気を拭き取りますチョコレートが溶けたら、型に流し込みます。

その際、湯せんをした場合は、ボウルの底の水気をふきんできれいに拭き取ってから行いましょう。一滴でも水気が入ると、チョコレートが固まらない、その部分だけ分離するなどの不具合が発生します。

13 ホワイトガナッシュを流し込みますホワイトガナッシュを流し込みます。型を前後左右に動かし、ガナッシュをできるだけ平らにします。

ホワイトガナッシュが固まらないうちに次の手順に進み、マーブル模様を作ります。

4. マーブル模様の作り方

1 ドライヤーで温めますボウルに残ったガナッシュ/ブラックを溶かします。
50℃程度の湯せんで溶かします。端のほうの溶けにくい部分は、ドライヤーの弱風で溶かすと良いです。
2 ガナッシュ/ブラックを落としますガナッシュ/ブラックを、適当にポタポタと落とします。本当に適当で構いません。
3 竹串で表面をなぞります竹串で表面をなぞります。
コツは、おおざっぱ&適当に、また、深くなぞり過ぎないことです。
4 冷やし固めますこのまま冷やし固めます。
お急ぎの場合は冷蔵庫で最低1時間で固まりますが、できれば冷蔵庫で24時間冷やし固めたほうが、生チョコをきれいに切ることができます。

5. 生チョコの切り方

ここでは、温めた包丁を使って切る方法をご説明します。

生チョコは、この他に「糸で切る」という方法もあります。生チョコ+両手分の長さの糸を用意し、ピンと張り、押して引きながら切ります。
メリットは、糸は温めなくてもきれいに生チョコが切れること、包丁を拭いたり温め直したりする手間が省けること、何より生チョコが溶けるという心配がありません。1色でココアパウダー仕上げの場合は、糸で切る方法はおすすめです。

しかし、デメリットとして、カットそのものに時間がかかること、特に綿糸を使用すると、繊維にチョコが絡みやすくなるため、今回のように柔らかなホワイトチョコを使った場合、糸の種類によっては、つぶれたり色が混ざったりすること、という点が挙げられます。

これらのことから、今回のような二層&マーブル仕立てでは、温めた包丁を使った方法をご説明します。

1 ドライヤーで温めます生チョコをオーブンシートごと、まな板に乗せ、オーブンシートをゆっくりとはがします。
2 包丁を温めますお湯で包丁を温めます。
3 温めた包丁はふきんで水分を拭き取ります温めた包丁はふきんで水分を拭き取ります。
4 チョコレートに対して垂直に真っ直ぐ包丁を入れます生チョコを切ります。

長方形の型で作った場合は、長さの短い片から切っていきます。生チョコは切った面積が広いほどくっつきやすくなるため、短い片から切ります。

生チョコに対して垂直に真っ直ぐ包丁を入れて、切ります。

5 包丁を拭き取ります1度包丁を入れたら、チョコレートが残らないよう、きれいに包丁を拭き取ります。
6 包丁を温めます2~3列切ったら、再びお湯で包丁を温めます。
7 切る度に、包丁を拭き取ります包丁の水分を拭き取り、生チョコを切ります。

これらを繰り返して、1列1列、くっつかないように切っていきます。
ひと手間かかりますが、切り口に余計なチョコレートが付くことがなく、色も混ざらず、とてもきれいな切り口と形になります。

8 横方向にも切ります横方向にも切ります。
もし、生チョコが柔らかくなっていたら、オーブンシートごと冷蔵庫でしばらく冷やしてから、再び切るときれいに切ることができます。
9 出来上がりです出来上がりです。

6. マーブル模様の応用

1 横に線を描くようにガナッシュ/ブラックを置きます横に線を描くようにガナッシュ/ブラックを置きます。
2 横に線を描くようにガナッシュ/ブラックを置きますものすごくわかりにくいのですが、左半分が竹串を上下に動かしたもの、右半分が上から下の一方向に動かしたものです。

左半分の上下に動かしたものがシャープな模様、右半分の一方向は柔らかめの模様になります。

って、ものすごくわかりにくいですね(ノ∀`)
パウンドケーキ型のような幅のない型では、よほど線を細く描かないとキレイにならないですね。

3 出来上がりですとはいえ、切り揃えてみると、なかなか、これはこれで、大胆に力強く美しく見えるので不思議です。
マーブル模様は、仕上げの神だと思います。
4 ガトーショコラでもやっぱり、大きな面積でやると、とても美しいです。

写真は、ガトーショコラの仕上げに、マーブル模様のガナッシュをあしらったものです。
方法は、これまでにご説明したガナッシュを、ブラック2:ホワイト1の割合で用意し、まずブラックをまんべんなくかけてから、固まらないうちにすぐ、ホワイトを線状に落として、竹串を上下に動かして仕上げています。

この写真では、乳脂肪30%台の生クリームを使っていること、ブラックを下地に少量のホワイトチョコでマーブルを描いていることから、ホワイトがとても白い色に仕上がっています。
この写真と違い、今回のレシピのように、ホワイトチョコと動物性脂肪40%以上の生クリームを2:1で作ると、カスタードクリームのような濃厚な色と味に仕上がります。

7. 注意点など

1 生クリーム生チョコに使う生クリームは、動物性脂肪分40%以上の製品を使いましょう。なめらかでコクのある、口どけが柔らかいのに、しっかりと切りやすい程度にほどよく固まる仕上がりになります。

動物性脂肪分30%台の場合は、ガナッシュ/ブラックは60cc、ガナッシュ/ホワイトは30ccに減らしましょう。脂肪分が少ないと、固まり具合がゆるくなるためです。

このページに「ガナッシュ」の検索結果で訪れる方もいらっしゃるかと思いますので、もう少し補足します。
ケーキのデコレーションやトッピングで用いるガナッシュを作る場合は、それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、どちらを使うかを判断されることをおすすめします。

  • 乳脂肪分40%台【メリット】美味しい、泡立ちやすくてコクがある 【デメリット】混ぜすぎたり少しの高温で分離しやすい
  • 乳脂肪分30%台【メリット】分離しにくく扱いやすい、焼き菓子やムースなどに使いやすい 【デメリット】泡立ちが遅い、柔らかい仕上がりのためデコレーションが難しい場合あり

ガナッシュクリームも冷蔵庫で3~4日間ほど保存が可能ですが、もし、作って保存しておいたガナッシュクリームをデコレーションに使う場合、いきなり湯せんにかけると急激な温度差で分離します。ゆっくりと常温に戻してから、使用するようにしましょう。

2 ボウルの底はふきんで水気を拭き取りますチョコレートに水分は大敵!!です。一滴でも水気が入ると、チョコレートが固まらない、その部分だけ分離するなどの不具合が発生します。

  • チョコレートを湯せんにかける場合は、次の2つは必ず守りましょう。
    1)湯せんのボウルは、チョコレートのボウルよりも小さいボウルで行い、湯気などの水分が入らないようにすること
    2)湯せんに使うお湯の温度は、50℃以下にすること
  • 湯せんをした場合は、ボウルの底の水気をふきんできれいに拭き取ってから行いましょう。一滴でも水気が入ると、チョコレートが固まらない、その部分だけ分離するなどの不具合が発生します。
  • 生クリームを計量するカップは、充分に水気をふき取ってから使用しましょう。
3 湯せん「50℃以下のお湯を用意」は、沸騰したお湯と水を、1:1の割合で混ぜると出来上がります。
沸騰したお湯の代わりに、ポットのお湯でも構いません。
4 チョコレートが入ったボウルに生クリームを注ぎますチョコレートは絶対に直火にかけないようにしましょう。分離します。
特に、小鍋で温めた生クリームに直接チョコレートを加える際、すぐに溶けないからと直火にかけるのは止めましょう。静かにかき混ぜることで、生クリームと鍋そのものの余熱で、すぐに溶けます。
5 固まった状態で竹串でかき混ぜるとボロボロになりますマーブル模様は、チョコレートが固まる前に作りましょう。固まった状態で竹串でかき混ぜると、写真のようにボロボロになります。
作り置きのコツ

  • 保存する際は、なるべくすき間のない、しっかり密閉した状態で保存しましょう。すき間がありすぎると、生チョコに水滴が付いてしまい、また、香りも抜けてしまいます。
アレンジのヒント

  • マーブル模様は、チョコレート菓子だけではなく、お好み焼きのマヨネーズ&ソースでも大活躍します。その際は、ソースをたっぷり塗った上から、マヨネーズを線状に幾重にも描き、それを垂直方向に竹串で上下に動かすようにすると、とてもきれいな仕上がりになります。
おすすめ食材、ツール
子供たちの強いリクエストにより、関西の家に置いてきたため、今回の写真で一切出てこないのでまったく説得力がないのですが、愛用品のゴムべらです。
スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさで、ケーキの種や溶かしたチョコレートは、本当に一切ボウルに残りません。
また、耐熱温度が200℃なので、ホワイトソースや、こってりソースなどをフライパンで作った際も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。
……こう書いていて、何だか悔しくなってきました。もう、買います東京でも。

こちらのレシピもどうぞ

本格ハッシュドビーフ

休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月 ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、き

レシピをみる

ひじきと玉ねぎのツナマヨサラダ

鉄分&たんぱく質補給に!ひじきと玉ねぎのツナマヨサラダ

冷蔵5日 鉄分と食物繊維がたっぷりのひじきは、常備しておくと体調管理の心強い味方になります

レシピをみる

秋刀魚(さんま)の梅煮

骨までおいしい!秋刀魚(さんま)・いわしの梅煮

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使って、さんま、いわしが骨まで柔らかくおいしく食べられる、ご飯にお

レシピをみる

大好評!れんこんとひじきのマスタードツナサラダ

大好評!れんこんとひじきのマスタードツナサラダ

冷蔵5日 今回は、れんこんとひじきを、ツナとたっぷりの粒マスタードで和えたサラダのレシピをご紹

レシピをみる

かつお風味たっぷり 基本の数の子 

かつお風味たっぷり 基本の数の子 

冷蔵5日 今回は、基本の数の子のレシピを、より簡単な皮のむき方、苦くならないコツと併せてご紹介

レシピをみる

ほろ苦いのに柔らかな味 ふきの葉みそ

冷蔵1週間 今回は、ふきの葉を使った、ふきの葉みそのレシピをご紹介します。 ふきの煮

レシピをみる

大粒苺の濃厚アイスクリーム

果肉ごろごろ!大粒苺の濃厚アイスクリーム

冷凍1週間 たっぷりの苺がごろごろ入ったアイスクリームのレシピです。 アイスクリームメー

レシピをみる

おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ

おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ(田作り)

冷蔵1週間 今回は、ナッツがたっぷり入ったごまめ(田作り)のレシピをご紹介します。 子供

レシピをみる

里芋の梅和えサラダ

すっきり旨い!里芋の梅和えサラダ

冷蔵1週間 今回は、梅風味が美味しい、里芋の梅和えサラダのレシピをご紹介します。 このレ

レシピをみる

棒だらの煮付け

毎日食べたい常備菜 棒だらの煮付け

冷蔵10日 今回は、圧力鍋を使った、棒だらの煮付けのレシピをご紹介します。 私は関西人で

レシピをみる

Comment

  1. 森市子 より:

    はじめまして
    毎回楽しみに拝見してます
    料理の苦手な私でも簡単に作れるレシピなので、大変活用してます^o^
    今日は感謝の気持ちを伝えたくてコメしました
    ハッピーバレンタイン☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    • スガ より:

      森市子さん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです。

      なんて嬉しいコメント!ありがとうございます。・゚・(つД`)・゚・。
      毎回ご覧いただいているとのこと、また、簡単に作ることが出来ているとのこと、本当によかったです!
      こちらこそ、大感謝!!です。
      ハッピーバレンタイン・゜(n‘∀‘)η゚・

      ありがとうございます
      ではまた(´∀`)ノ

  2. ゴンタ より:

    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見しています。
    拝見し、作った気、食べた気になっています…。
    教えて下さい。
    オーブンもレンジも無いという事ですが
    温かく食べたいもの焼き物揚げ物など
    冷蔵庫から出してどのように召し上がっているのですか?

    今日こそは何か作ってみようと思います。

    • スガ より:

      ゴンタさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!なんとまぁ素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます(´∀`人)

      さて、まずは、ご質問いただきました、「オーブンもレンジも無いのに、温かく食べたいとき、一体どうしてるの?」について、ご説明しますね(´∀`)

      ■結論から……
      温めるだけならガスレンジ、パリッとさせたいときは魚焼きグリルです。
      ただし、オプションとして2種類の小道具が必要です。
      フライパン用ホイル、そして、アルミホイルです。

      ■煮物
      これは単純ですね。
      小鍋に食べる分だけ移し替えて(今、小鍋はないので、フライパンだったりしますが(ノ∀`)、ふたをして点火して、沸騰してきたら弱火にして、底や鍋肌から混ぜ合わせながら、できるだけ中身が空気に触れるよう、かつ具材の中まで火が通るよう、3分ほど沸騰させています。

      ■焼き物/少ししっとりと汁気がある料理を温めたい場合
      フライパンで温めます。
      でも、焼き物、照り焼き、炒め物などですから、「いや、汁気あれへんしww焦げやすいしwww」な状態なので、「フライパン用ホイル」を使います。
      クックパー http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/cookper/items/fryingpan.html や、キチントさん http://kurelife.jp/products/foilsheet/ などがあります。

      これはあくまで私の経験則ですが、ドラッグストアなどではキチントさん、ホームセンターなどではクックパーが安価に販売されています。

      これをフライパンに敷いて、その上から温めたいものを乗せて、ふたをして、弱火でゆっくりと加熱します。
      約5~6分程度、ものによっては3~4分程度で、少し良い感じに、具材の周りが細かくブクブクと煮立ってきます。

      そうしましたら、焼き魚などはこれで温め完了、照り焼きチキンなど、もう少し反対側も焼きたいなというおかずは、1回ひっくり返して、1~2分ほど加熱したら、出来上がりです。
      出来立てそのままの状態が再現できますよ(´∀`)

      フライパン用ホイルは、温めの際にも活躍しますが、もちろん調理の際にも活躍します。
      たとえば、ぶりの照り焼きといった、調味料が焦げ付きやすいのに、身が崩れやすい料理は、きれいに美味しく、本当にばっちり仕上がります!

      あと、ナンを焼く際は、フライパン用ホイルを敷いてから、魚焼きグリルで焼いています。
      ご参考→ http://mayukitchen.com/easy-nan/

      全く焦げ付かず、スッとひっくり返すことが出来ますので、ノンストレスでナンを作ることが出来ますよ(´∀`)

      ■焼き物・揚げ物/カリッ、パリッとさせたい場合
      魚焼きグリルで温めます。
      グリルの網に乗せ、こちらも弱火で約5~6分程度温めます。
      コロッケやカツなど、上が焦げてきそうな場合は、上からアルミホイルを被せて温めると良いです。
      コロッケやメンチカツみたいな厚みのあるおかずは、その後ひっくり返して、2分ほど加熱すると、中身まで充分に温まり、もちろん両面ともカラッとしますよ。

      また、網よりもおかずのサイズが小さい場合や、網にくっつきそうなおかずは、網の上に、先述のフライパン用ホイルを敷いて焼きます。

      ……と、このような感じです。

      正直、最初は、「オーブンレンジ買うまでの辛抱かなぁ」と思っていたんですが、実際とても美味しく温めが出来るので、東京に来てもう1年になりますが、買ってません(ノ∀`)

      「え~温め5分とか長いし(´Д` )」と思われるかもしれませんが、弱火でほったらかしですから、仕込んでから晩酌や食器の用意をしたり、追加の際は洗い物をしたりしているうちに、美味しく出来上がっていますよ(´∀`)

      私は、昔から温めは「ながら」で行うせいでしょうか。
      オーブンレンジのピーピー→フタ開けなかったらまたピーピー、が、なんかすごく焦らされる感じやったんですが、今の方法にしてから、なんか気持ち的にものんびり出来ているのが、嬉しかったりします(ノ∀`)

      書き連ねましたが、ご参考になれば幸いです(´∀`)

      ありがとうございました。
      あっ!
      もしこれから、何か作られて、よくわからない点や、うまくいかなかった点などありましたら、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ!
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  3. ゴンタ より:

    早速のお返事ありがとうございます。
    魚焼きグリルでしたか!
    目から鱗の回答でした…。
    作りおきをただ食べるんじゃなく
    その都度もう一手間かけていらっしゃるんですね。
    素晴らしい!
    ホイル買ってみます。
    また色々教えて下さいね。
    ありがとうございました。

    • スガ より:

      ゴンタさん
      スガです(´∀`)ノ わぁ(´∀`人) ご丁寧なご返信、ありがとうございます!!

      そうなんです魚焼きグリル、いいですよ~!
      余分な油と蒸気が落ちてカラッ!と仕上がるのが、とても気に入っています(´∀`人)

      フライパンなら卵でとじたり、野菜のおかずならベーコンや豚こま肉を合わせたり、仕上げにチーズをかけてとろけさせたり、魚焼きグリルなら仕上げにチーズや、ソースをかけても、アツアツにじゅわ~となって、すごく美味しく出来上がりますよ~(´∀`人)
      おかずによっては、味が馴染んでいる上に、さらに、美味しくなる魔法のような仕上がりになります!
      私は、季節すこし過ぎましたが、パンにラタトゥイユとチーズを乗せて、魚焼きグリルで炙ったものが大好きです(*´∀`人)

      また何かありましたら、ぜひコメントくださいませ!
      ありがとうございました
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年12月10日の作り置き(10品)
2017年12月10日の作り置き(10品)

週末は関西に行ってました。土曜日は冷蔵庫のように冷えてました。

2017年12月2日の作り置き(15品)
2017年12月2日の作り置き(15品)

これからしばらく野暮用対応なので、先に仕込みました。 今

2017年11月27日の作り置き(13品)
2017年11月27日の作り置き(13品)

怒涛の11月もあともう少し 今週末からは怒涛の12月

2017年11月20日の作り置き(12品)
2017年11月20日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 移動が多いと、新幹線のどの辺

2017年11月13日の作り置き(14品)
2017年11月13日の作り置き(14品)

もう11月も半ばです。 この時点で忘年会の予定が4本入ってお

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy