休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月

本格ハッシュドビーフ
ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、きのこ、特価牛肉を軽く煮込み、仕上げに、リーペリンのウスターソース+ケチャップ+バター各大さじ1を投下すると、速攻絶品ハッシュドビーフが出来上がります。が、それはそれとして……

今回は、ホテルのシェフに教えてもらったレシピをもとにした、ハイクオリティのレシピをご紹介します。
じっくり煮込んだソフリットとソースが、肉のおいしさをひき立てます。

すごく手間がかかりますが本当においしく、煮込みハンバーグやドリア、オムレツなどの贅沢なソースとしても大活躍しますので、時間のとれる休日などに、ぜひお試しいただきたい一品です。

スポンサーリンク

レシピについて

Cpicon 本格!ハッシュドビーフ(ハヤシライス) by まゆ庵
ホテルのシェフに教えてもらったレシピをもとに、砂糖をカラメルにアレンジしてみました。

材料

具材 3人分 6人分
■牛肉
牛薄切り肉 200g 400g
少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
サラダ油 大さじ1/2 大さじ1
バター 8g(大さじ1/2) 15g(大さじ1)
■きのこ
しいたけ、しめじ、マッシュルームなど、2種類以上あるとおいしいです 計1パック 計2パック
白ワイン 大さじ1 大さじ2
少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
サラダ油 大さじ1/2 大さじ1
バター 8g(大さじ1/2) 15g(大さじ1)
■ソフリット
玉ねぎ 1/4個 1/2個
セロリ 1/4本 1/2本
にんじん 1/4本 1/2本
にんにく 2片 3片
サラダ油 大さじ1/2 大さじ1
バター 8g(大さじ1/2) 15g(大さじ1)
■ソース
赤ワイン 150cc 300cc
デミグラスソース缶 1缶(290g) 2缶(290g×2)
固形スープの素 1/2個 1個
50cc 100cc
■香辛料
少々(親指と人さし指でつまんだ量・味をみて) 少々(親指と人さし指でつまんだ量・味をみて)
こしょう 少々(親指と人さし指でつまんだ量・味をみて) 少々(親指と人さし指でつまんだ量・味をみて)
ローリエ 1枚 1枚
■隠し味のカラメル
グラニュー糖 小さじ1 小さじ2
■仕上げ
バター 15g(大さじ1) 30g(大さじ2)
ご飯 1人分あたり軽くお茶碗1杯 1人分あたり軽くお茶碗1杯
パセリ(粉末またはみじん切り) お好みで お好みで

作り方

1 野菜をきざみますソフリットを作ります。
玉ねぎ、セロリ、にんじん、にんにくを、それぞれ少し大きめのみじん切り(7~8mmくらいの大きさ)にします。フードプロセッサでガーとやると楽ですね。

ソフリットとは、玉ねぎ、セロリ、にんじんなど、炒めたら甘みの出る野菜を、オリーブオイルでじっくりと炒めて作る、イタリア料理の旨味の元として使われるものです。野菜の旨味や甘みをお料理に加えることができますので、煮込み料理などによく使われます。

2 フライパンにサラダ油とバター、にんにくを入れ、弱火にかけますフライパンに、ソフリット用のサラダ油とバター、にんにくを入れ、弱火にかけます。
3 じっくり炒めます1~2分ほど炒めると、いい香りがしてきますので、にんじん→セロリ→玉ねぎの順に炒めます。
約30分間ほど、焦がさないようにじっくりと茶色になるまで炒めます。

これで出来上がったものが、ソフリットです。

4 赤ワイン投下ソフリットに赤ワインを加えます。
5 煮詰める赤ワインの水分がなくなるまで、充分に煮詰めます。
6 デミグラスソース投下デミグラスソース缶と水を加えます。
このあたりで、煮込み用の鍋に移し変えて弱火にかけ、香辛料と固形スープの素を入れます。
沸騰したら、時々かき混ぜつつ、アクを取りながら、約20分間煮込みます。
7 こす野菜が溶けてくずれるようになったら、ザルなどで煮汁をこします。

こさなくても充分おいしいですが、こすとびっくりするくらいホテルレストランのクオリティになります。あーそーかーホテルレストランってこーやってるのかーって妙に納得します。

8 牛肉薄切りに塩こしょう牛肉に塩こしょうを両面から軽く振っておき、下味を付けておきます。
9 きのこを切るきのこは石づきを取り、しいたけ、マッシュルームなら5mmくらいの薄切りにします。
10 牛肉を炒める牛肉を炒めます。
充分に熱したフライパンに、牛肉炒め用のサラダ油とバターを加え、牛肉を手早く炒めます。
11 牛肉投下牛肉の赤みが消えたら、手順7の煮込み用鍋に加えておきます。
まだ加熱しません。
12 バターを熱するきのこを炒めます。
牛肉を炒めたフライパンに、きのこ炒め用のサラダ油とバターを加えて弱火にかけます。
13 きのこを炒めるバターがふつふつと泡立ってきたら、手順9のきのこを加えて炒めます。
14 白ワイン投下きのこがしんなりとしたら、白ワインを加えます。
15 きのこを炒めるじっくりと、水分がなくなるまで炒めます。
16 きのこ投下炒めたきのこは、手順7の煮込み用鍋に加えておきます。
煮込み用鍋を弱めの中火にかけましょう。
17 カラメルを作ります煮込んでいる間に、隠し味のカラメルを作ります。
テフロン加工か鉄製の小鍋もしくはフライパンにグラニュー糖を入れて、そのまま混ぜないで、ごく弱火にかけます。
18 カラメルを作ります砂糖が溶けて茶色くなってきたら、フライパンをゆするか、木ベラを使って焦げないようにします。特に、ふちが焦げやすいので注意しましょう。
19 カラメルを作ります5mm~1cmくらいの大きめの泡がブツブツ立って濃い焦げ茶色になったら、煮汁をおたま1杯分入れます。

この時、ものすごく大きくジュワーッ!!!!!って音がしますが、大丈夫です。成功の音です。あせらないで、よくかき混ぜてから煮込み鍋に加えましょう。

20 バター投下かき混ぜながら加熱します。

ひと煮立ちしたら火を止め、塩、こしょうで味を整え、仕上げ用のバターを落として、溶けるまで混ぜます。

21 ハッシュドビーフお皿にご飯を盛って、ハッシュドビーフをかけて、お好みでパセリを振りかけたら、完成!です。

お疲れさまでした。
ホテルレストランのクオリティを、おいしくお召し上がりくださいませ(*´∀`人)

作り置きのコツ

  • 慣れれば、ソフリットを作る手順3もしくは手順6の煮込みと、具材を切って炒める手順8~15は同時に進めることができます。その際、ソフリットやソースは、くれぐれも焦がさないようにしましょう。炒めた具材は、別皿に取っておくと良いです。
  • 手順6の煮込みは、圧力鍋でも美味しく仕上がります。低圧設定で沸騰後1分加圧後、余熱調理でOKです。
  • ソースはこさなくても味は充分おいしいです。その場合、フードプロセッサーにかけておくと、なめらなソースになります。
  • 保存する際は、必ずよく冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。冷凍庫で保存する際は、一人分ずつ(おたま1杯強)に小分けにして保存すると良いです。
アレンジのヒント

  • 手順7でソースをこした後のソフリット達は、卵2~3個と塩こしょう、牛乳、チーズと混ぜ、フライパンにバター大さじ1を熱してオムレツにすると、とてもおいしいオムレツが出来上がります。
  • 煮込みハンバーグのソースとして使うと、贅沢でおいしい煮込みハンバーグが出来上がります。
  • ドリアにしてもおいしいです。油を熱したフライパンに、玉ねぎ、にんじんなど、お好みの野菜を刻んだものを炒め、ご飯を加えて炒めたものを、油を塗った耐熱容器に入れ、ハッシュドビーフ、チーズをかけてオーブントースターで8分ほど焼くと出来上がりです。
  • パスタソースでもおいしいですよ。フライパンにハッシュドビーフを温め、茹でたパスタを加えてざっと炒め、器に盛り、お好みでパセリ、粉チーズをかけて出来上がりです。
  • オムライスのソースとしても贅沢に使えます。
おすすめ食材、ツール
デミグラスソースはハインツがおいしいですね。常備しておけば、ビーフシチューや煮込みハンバーグなどの牛肉料理はもちろん、鶏肉の煮込み、豆料理、ロールキャベツ、ドリア、ワンプレートにも使えたりと、とても便利です。

こちらのレシピもどうぞ

鮭あらの旨煮

骨までほろっほろ 臭みなし 鮭あらの旨煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価な鮭のあらを、ほろほろに柔らかく煮付けたレシピをご紹介します

レシピをみる

かぼちゃのコンソメサラダ

簡単!きれい!おいしい!かぼちゃのコンソメサラダ

冷蔵1週間 今回は、かぼちゃをコンソメスープでゆでてサラダにした、とてもシンプルで簡単に、おい

レシピをみる

ぶりの照り焼き

フライパンでぶりの照り焼き

冷蔵4日 今回は、ぶりの照り焼きのレシピをご紹介します。 関西に住んでた頃、お気に入りの

レシピをみる

鶏つくねの甘辛照り焼き

こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ

冷蔵4日/冷凍1か月 今回は、お安く簡単に、しかも確実においしく出来る、こってりでふわふわ、な

レシピをみる

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

サラダ棒々鶏(バンバンジー)

ボリュームたっぷり!でもヘルシー!サラダ棒々鶏(バンバンジー)

冷蔵5日 今回は、たっぷりの野菜と鶏むね肉で作る、サラダ棒々鶏(バンバンジー)のレシピをご紹介

レシピをみる

うどのきんぴら

絶賛の歯ごたえと香り!うどのきんぴら

冷蔵1週間 今回は、うどのきんぴらのレシピをご紹介します。 私は、うどは、「もしかしてき

レシピをみる

きゅうりの豆板醤漬け

ピリ辛!きゅうりの豆板醤漬け

冷蔵10日間 今回は、豆板醤の辛味とごま油の香りがおいしい、きゅうりの豆板醤漬けのレシピをご紹

レシピをみる

鶏肉のマヨポン炒め

奇跡の味 鶏肉のマヨポン炒め

冷蔵5日 今回は、私が、一人でも多くの方に知っていただきたいと絶賛する、鶏肉のおかずレシピのご

レシピをみる

筑前煮

筑前煮 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含めます

冷蔵4日 今回は、筑前煮のレシピをご紹介します。 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含

レシピをみる

Comment

  1. あき より:

    こちらのレシピを参考に作らせていただきました!とても美味しくできました^^ありがとうございます。

    • スガ より:

      あきさん
      スガです(´∀`)ノ ご丁寧にコメントをいただきまして、また、ご参考にしていただいたとのこと、ありがとうございます!

      美味しくできたとのこと、よかったです(´∀`人)
      とても手間がかかったかと思います。
      ハッシュドビーフって、すごいごちそうですよね。
      最近はなかなか手が出せず、私も疎遠気味なのですが、あきさんのコメントを拝見し、久々に食べたくなってきました(´∀`)

      ありがとうございました。
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年3月21日の作り置き(6品)
2017年3月21日の作り置き(6品)

3連休は初日に野暮用を済ませ、あとはほとんどこもって作業してま

2017年3月12日の作り置き(16品)
2017年3月12日の作り置き(16品)

週末は関西に行ってました。 えらい寒かったですね。 東

【感謝】雑誌「saita」リニューアル号の特集記事を担当させていただきました
【感謝】雑誌「saita」リニューアル号の特集記事を担当させていただきました

おかげさまで、なんと!なんと! 雑誌「saita」リニューアル号

【感謝】レシピブログmagazine Vol.12 春号掲載
【感謝】レシピブログmagazine Vol.12 春号掲載

おかげさまで、私の作り置きレシピが、なんと!なんと! ムック本「

休日に作るローストビーフ
休日に作るローストビーフ 肉汁とソースの旨味を閉じ込めます

冷蔵4日 今回は、ローストビーフのレシピ、そして、お問い合わせを

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy