ほくほくとろとろ かぼちゃのそぼろ煮

冷蔵5日

かぼちゃのそぼろ煮
今回は、薄味、ノンオイル、だしいらず、お鍋ひとつで簡単に仕上がる、かぼちゃのそぼろ煮のレシピをご紹介します。

かぼちゃのそぼろ煮や、そぼろあんかけのレシピは色々ありますが、今回ご紹介するレシピは、子供たちが小さかった頃に、離乳食用として使用していたレシピを元に、味付けを大人向きにしたものです。

離乳食用に、かなり薄味に仕立てたはずのかぼちゃの煮物が、味見をしてみたら、あっさりしていて、とてもおいしかったので、これはそのままいけるんとちゃうか……と、しょうがを加えて大人用にアレンジしたら、あらおいしい。それ以来、ずっと作っています。

かぼちゃそのものが、とても素朴な甘味を持っていますので、それを活かし、そぼろの旨味をかぼちゃにたっぷりと吸わせて仕上げています。

作り置きしておけば、コロッケやグラタンなどにもアレンジ出来る、とても便利な一品です。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

甘さ控え目の、あっさり薄味に仕上げたレシピです。

材料

具材 4人分 8人分
かぼちゃ 種・皮付きで600g程度(1/2個目安) 種・皮付きで1200g程度(1個目安)
鶏ひき肉(豚ひき肉でもOK) 100g 200g
しょうが 1/2片(3~4cm) 1片(5~6cm)
200~250cc目安 250~300cc目安
■合わせ調味料
大さじ2 大さじ3
砂糖 大さじ1 大さじ1+1/2
しょうゆ 大さじ2 大さじ3
■とろみ用
片栗粉 小さじ1 小さじ2
小さじ1 小さじ2

作り方

1 かぼちゃは一口大に切りますかぼちゃは一口大、3cm角程度の大きさに切ります。
2 しょうがはみじん切りにしますしょうがはみじん切りにします。皮付きのままで構いません。
3 合わせ調味料で鶏ひき肉をほぐします煮込み用鍋に、合わせ調味料、しょうが、ひき肉を入れて、弱めの中火にかけます。
菜箸4~5本を使うなどして、ひき肉をよくほぐしながら、ひき肉の色が変わるまで火を通します。
4 かぼちゃとひたひたの水を加えますひき肉の色が変わり、充分にほぐれたら、かぼちゃを加え、ひたひたの量の水(水からかぼちゃが少し頭を出す程度の量・分量の目安は「材料」記載の通り、4人分200~250cc、8人分250~300cc目安です。)を注ぎます。
5 中火で煮込みます火加減を中火にします。煮立つまでにアクが出てきますので、アクを取り除きます。

ふたをして煮込みます。煮立ったら、ふたを少しだけずらし、7~10分ほど煮込みます。ふたのゴトゴトを防ぎ、そして、余分な水分を飛ばしましょう。

仕上がりの目安は、煮汁が1/3~半分くらいにの量になるまで煮た状態です。
煮立っている状態ですと、倍以上に煮汁が多いように見えますので、7~10分ほど煮込んで、竹串を刺してスッと通るようなら、火を止め、煮立ちを静かにした状態で確認しましょう。また、かぼちゃは冷めると煮汁を吸いますので、少し多いかな?という程度で問題ありません。

もし、かぼちゃが柔らかくなる前に、煮汁が少なすぎる状態になってしまったら、適宜水を足しましょう。

6 とろみ用の片栗粉を水で溶きますとろみ用の片栗粉を水で溶きます。
7 水溶き片栗粉を加え、ざっと混ぜ合わせますかぼちゃがやわらかくなったら、水溶き片栗粉を加え、軽くざっと全体を混ぜ合わせて、出来上がりです。

水溶き片栗粉を加える際に、水が少なすぎるようなら、お好みの量の水を加えてひと煮立ちさせてから、水溶き片栗粉を加えれば、問題なく仕上がります。

作り置きのコツ

  • 煮込みの仕上がりの目安は、煮汁が1/3~半分くらいにの量になるまで煮た状態です。煮立っている状態ですと、倍以上に煮汁が多いように見えますので、7~10分ほど煮込んで、竹串を刺してスッと通るようなら、火を止め、煮立ちを静かにした状態で確認しましょう。また、かぼちゃは冷めると煮汁を吸いますので、少し多いかな?という程度で問題ありません。もし、かぼちゃが柔らかくなる前に、煮汁が少なすぎる状態になってしまったら、適宜水を足しましょう。
  • 手順7で水溶き片栗粉を加える際に、水が少なすぎるようなら、お好みの量の水を加えてひと煮立ちさせてから、水溶き片栗粉を加えれば、問題なく仕上がります。
  • 煮込み鍋のまま常温保存する場合は、1日1回、弱火で満遍なく火を通しましょう。保存容器に移し変えて冷蔵庫で保存する場合は、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 鶏ひき肉であっさりと仕上げていますが、豚ひき肉でもコクがありおいしく仕上がります。
  • グラタン:グラタン皿に敷き、チーズをかけてとろけるまでオーブントースターなどで焼きます。
  • コロッケ:火にかけて水分を飛ばし、粗熱が取れたら成型し、小麦粉、卵、パン粉を付けて油で揚げます。
  • お弁当にもよく合います。よく冷ましてから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。
耐熱温度が200℃ですので、今回のような、ひき肉をそぼろ状に煮る場合も、手早く、ダマにならずに仕上げることが出来ます。また、鍋料理などの穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際にも充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

こちらのレシピもどうぞ

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

冷蔵4日 今回は、わらびと薄揚げの煮物のレシピを、わらびのアク抜きの方法もあわせてご紹介します

レシピをみる

ほろ苦いのに柔らかな味 ふきの葉みそ

冷蔵1週間 今回は、ふきの葉を使った、ふきの葉みそのレシピをご紹介します。 ふきの煮

レシピをみる

冷めてもコクうま柔らか あっさり照り焼きチキン

冷めてもコクうま柔らか あっさり照り焼きチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、鶏もも肉を使った照り焼きチキンのレシピをご紹介します。 こ

レシピをみる

野菜たっぷりポテトサラダ

アレンジ、リメイクも満載!野菜たっぷりポテトサラダ

冷蔵5日 今回は、たっぷりの野菜で和えたポテトサラダのレシピをご紹介します。 来客時には

レシピをみる

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

【特別編】鍋料理 お手軽野菜たっぷりスンドゥブチゲ

食べ切り 今回は、特別編「鍋料理のレシピ」です。 本当にたくさんのリクエストをいただいていま

レシピをみる

もやしとわかめのナムル

スープやラーメンの具にもどうぞ!もやしとわかめのナムル

冷蔵5日 もやしは1年中安価で、たっぷりの量をいただくことができる優秀な食材ですが、足が速く、

レシピをみる

根菜たっぷり豚汁

野菜の旨味がたまらない!根菜たっぷり豚汁

冷蔵5日 今回は、豚汁のレシピをご紹介します。 子供の頃、豚汁がとても苦手でした。 脂

レシピをみる

野菜たっぷりグリーンカレー

簡単速攻!爽やかな辛さ!野菜たっぷりグリーンカレー

冷蔵5日 カレーは何だかんだ手間がかかります。 香辛料を揃えて丁寧に挽いて、もしくはちょっと

レシピをみる

おせち料理特集

おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。

レシピをみる

ふきの炊いたん

ふきの炊いたん ふきのあく抜き・下ごしらえもご紹介

冷蔵5日 今回は、ふきのあく抜き・下ごしらえと、薄味で仕上げるふきの煮物のレシピをご紹介します

レシピをみる

Comment

  1. モナミ より:

    はじめまして。
    いつも更新楽しみにしています。
    作りおきできるレシピを探していて、このサイトに出会ってから、とても参考にしています。
    今回のかぼちゃのレシピは、早くアップされないかなぁ、と楽しみに待っていました。
    早速、作ってみたいと思います。

    • スガ より:

      モナミさん
      はじめまして(´∀`)スガです。コメントありがとうございます!

      記事を参考にしていただいているとのこと、とても嬉しいです。
      気が引き締まります!

      かぼちゃのレシピは、やさしい味ですが、悪く言えば、他のレシピよりも、だいぶ薄味かもしれません。
      もし、物足りないようでしたら、各調味料を、少しずつ同じ比率で足してみてくださいませ(´∀`)

      更新を楽しみにしていただいているとのこと、ありがとうございます!
      遅筆ですが、これからもどうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  2. いずみゆう より:

    これから…冷凍食品のクリかぼちゃで挑戦してみます!

    • スガ より:

      いずみゆうさん
      いつもありがとうございます(´∀`)ノ

      冷凍食品の栗かぼちゃでもおいしくできると思います!
      いいですね~かぼちゃ

      最近、少し安価になりましたが、昨年は高かったので、ほとんどいただくことができませんでした(ノ∀`)
      今年は安く入手したいものです。

      おいしくできるといいですね~!
      応援してますよー(´∀`)ノ

      ではまた/

  3. jarinko より:

    はじめまして。
    先日、スガ様のサイトに出会って
    常備菜づくりがこんなに楽しいものなのか~!!!
    と生活が変わりました!
    毎回何作ろう・・・と悩んでた日々がうそのようです。
    あれもこれも作りたくなって。
    ホントにありがとうございます。

    さて、こちらのレシピで質問ですが、
    煮汁の量がどうも多くなってしまいます。
    かぼちゃが頭を出すくらい・・・にして10分ほど煮ても
    煮汁の量が半分以下にならず・・・
    水気を飛ばすために炊き続けると、形がなくなってしまうのでは?
    といつも煮汁大目にやめてしまいます。
    気持ち少な目にしてはいるのですが
    いつも作る量が違って、「頭を出すぐらい」基準なので
    どうしても適量が見つからず・・・
    これははじめたら水を少な目に煮るのがいいものでしょうか?
    煮汁が多めなので、ほっくりした感じが出し切れてないような・・・

    良きアドバイスをお願います!

    • スガ より:

      jarinkoさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!すてきなコメントをいただきまして、ありがとうございます~(´∀`人)
      ご返信が遅くなりましてごめんなさい!(´Д` )

      まず、常備菜づくりを楽しんでいただいているとのこと、本当に本当に嬉しいです!!(ノД`)
      私は若い頃、「おかず作るんメンドクセ(‘A`)」と、週に1回は、キッチンの壁に「本日休業」と貼り付けて、店屋物天国にしていた時期があったんです。
      でも、いろいろ周りの方から教えていただいたりして、ほんの少しだけ要領が良くなり、そして、美味しいと思えるようになってきた頃から、「作る=あれっ?もしかして楽しいやんコレ」っていうように思えるようになり、だんだんと本当にものすごく楽しくなってきたんです。あの「お料理右肩上がり(?)」の気持ちが共有できて、本当に嬉しいです!!

      また、ご指摘ありがとうございます!
      水の量、私の「アバウトぐせ」が出てしまい、至らず恐縮です><

      今一度、試してみました。
      あくまで私の鍋とコンロ環境ではありますが、4人分(かぼちゃ1/4個)200~250cc目安、8人分(かぼちゃ1/2個)250~300cc目安です。かぼちゃの大きさや、お鍋の大きさや深さ、コンロの状況にもよるかもしれませんが、いったんの目安にはなると思います。

      そして、煮込んで沸騰したら、ふたを少しだけ、ずらすと良いです。
      これで、余分な空気や蒸気が抜けます。ただし、水分が飛ぶこと、かぼちゃは仕上がって冷めるほど、どんどん煮汁を吸いますので、手順5に記載しましたように、煮立ちを少し弱めた状態で、煮汁が1/3~半分くらいにの量になるまで煮た状態で、片栗粉を溶かした水を加えると良いです。本っ当にかぼちゃは、少し冷めるだけで、といいますか、火をとめて「ふう」と一息つくだけで、煮汁をあっという間に吸うんです。。私はそれを恐れているところがあります。

      でも、jarinkoさんの仰るように、「いやなんか煮汁いっぱいやし、ほっくりとか程遠いんやけど……」という場合は、片栗粉水を入れる前に、ふたを完全に取り去り、少し火を強めて、ざっと全体をかき混ぜて煮汁を飛ばすようにしてから、いったん火を弱火にして、片栗粉水を加えて、さらにざっとかき混ぜると良いですよ。だいぶと水分がない状態になるはずです。

      こちらで一度、お試しいただけると幸いです(´Д` )

      今回は本当にありがとうございました!
      またお気付きのことがあれば、ぜひお気軽にコメントいただけますと幸いです!!

      ではまた(´∀`)ノ

  4. jarinko より:

    ご丁寧なアドバイスありがとうございます!!!
    水の量がもしかしたら、こちらの分量を見ると多かったかもしれません。
    細かいところまで、ご確認いただいて本当に感謝です!!!
    お鍋の性質上、蓋をきっちりしめるのがいい!と思ってたので
    きっちりしておりました。
    今度からはずらして、やってみます。
    スガ様が「アバウト・・・」だなんて・・・
    レシピもとても細かいところまで書いてくださってるので
    すごく参考になってうれしいです。
    きっと、自然と手がチャチャっと動かれるのでしょうね~

    私も週末にこんなにたくさん、チャチャっと作れるようになりたいです!
    また、しょーもない質問をしてしまいますが
    どうぞよろしくお願いします!!!

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2018年1月15日の作り置き(15品)
2018年1月15日の作り置き(15品)

秋から葉物高いわ~って避けてたら、11月末からロクに葉物食べて

切干大根のイタリアン風 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
切干大根のイタリアン風 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、切干大根の洋風煮物のレシピをご紹介

2018年1月9日の作り置き(10品)
2018年1月9日の作り置き(10品)

野菜が全部高いままですね。台風の後、年末と年始を挟んだので、時

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろ

2017年12月25日の作り置き(8品)
2017年12月25日の作り置き(8品)

メリークリスマスです。 24日は昼から贅沢に、「火鍋」を

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog