レシピ おせち料理

2日目以降のおせち料理のいただき方

更新日:

せっかく用意したおせち料理。ところが正月も2日になると「飽きた」「違う味が欲しい」、という声も聞こえてくるのではないでしょうか。

おせち料理の準備を、「どうせ全部食べられないかも……」という懸念があって疎遠になっている、という方もいらっしゃるかもしれません。

うちでの正月2日のいただき方をご紹介します。ご参考になれば幸いです。

盛り付けを変える

盛り付けを変える

お重ではなく、大皿や、小鉢に盛り付けます。(日光が入り過ぎて写真が白くてごめんなさい……)

普段は棚の奥に眠っているような豪華な大皿や、小鉢、大ぶりの湯飲みセット、ありませんか?
ぜひ、活用しましょう。うちでは、この時とばかり総動員しています。

この、盛り付けの際に、少し手を加えています。

スポンサーリンク

温かいものは温かくしていただく

大皿&小鉢の良いところは、熱いものを気を遣わずに盛り付けることが出来る点です。
ちなみに写真の「小鉢」は、実は湯飲みです。

お重に詰める際は、熱いものと冷たいものを同居するわけにはいきませんので、全て同じ温度でいただくのも、飽きがくる一つの要因ではないかと思います。

焼き物はアルミホイルをかぶせてオーブンやグリルで温めて、煮物はお鍋で温めて、温かいもの、冷たいもの、それぞれ小鉢に、もしくは大皿にどーんと盛り付けましょう。
よく味が染みたお品が、よりいっそう、美味しくいただけますよ。

大皿に筑前煮
温めた筑前煮を、大皿にどーんと盛り付けて、きぬさやをあしらうと、とても豪華で、華やかですよ。
普段の食卓の際にも、筑前煮は、このようにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。お正月も、この盛り付けは、全然ありですよ。

ちょっとだけ丁寧に盛り付ける

笹や南天とお皿に盛り付ける際、普段しないような「おめかし」をすると、気分がアガります。

写真では笹と南天を使っていますが、安価な裏白、お正月用のバランやアルミカップでももちろん構いません。
いつもの百均のお皿たちも、ハレの日はえぇ感じにドレスアップして活躍しますよ。

葉物野菜を使ってアレンジする

おせち料理はもともと、正月の火を神聖なものとして迎え、煮炊きすることを避けるために、昔ながらの日持ちするメニューが使われています。そのため、緑色の生野菜を摂ることがありません。
また、鍋料理に傾きがちな年末のメニューからも、そろそろ生野菜が恋しくなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

うちでは、五色なますや、酢れんこん菊花かぶといった酢の物メニューたちを、ゴイクン(生春巻き)にして、スイートチリソースにつけていただいています。

生春巻き&スイートチリソースの懐は深いです。おせち料理は、酢の物メニューがいくつもあるため、酢の物好きのご家庭でも余りがちになりますが、これらがどれも、美味しくいただけますよ。簡単ですが、手順をご紹介します。

1 スイートチリソースを用意しておきますスイートチリソースを用意しておきます。もちろん、市販のものでも構いませんよ。

2 ライスペーパーをぬるま湯につけてライスペーパーをぬるま湯につけて、クリアファイルくらいの硬さになったら、

3 洗って水気を切ったフリルレタス、2~3cm程度に刻んだなますたち、そして、たんぱく質な具材を乗せます洗って水気を切ったフリルレタス、お好みで香菜(パクチー)、2~3cm程度に刻んだ酢の物たち、そして、たんぱく質な具材を乗せます。
【たんぱく質な具材例】えびの旨煮(殻と頭を取って)、生ハム、薄く切ったハム、サーモン、チーズ、クリームチーズ

酢の物たちはライスペーパーの1/4くらいまでに乗る量にしましょう。レタスは横からはみ出すくらいがキレイに仕上がりますよ。

4 くるんと巻きますくるんと巻きます。

5 4~5cm(指3本分程度)の長さに切って出来上がりです4~5cm(指3本分程度)の長さに切って出来上がりです。
盛り付けて、スイートチリソースを付けてどうぞ。

黒豆はデザートとしていただきます

黒豆×クリームチーズ

うちでは、黒豆は赤ワインで炊きますので、2日目からはクリームチーズやヨーグルトと和えて、デザートとしていただいています。
クリームチーズとの和え方をご紹介します。

1 黒豆の赤ワイン煮は、軽く汁気を切っておきます黒豆の赤ワイン煮は、軽く汁気を切っておきます。その間に、

2 クリームチーズを2cm角程度の大きさに切りますクリームチーズを2cm角程度の大きさに切ります。
写真はkiriクリームチーズのブロックタイプを4等分しています。

3 軽く汁気を切った黒豆、切ったクリームチーズを和えて出来上がりです軽く汁気を切った黒豆、切ったクリームチーズを和えて出来上がりです。ガラスの器に盛り付けるとキレイですよ。

甘さ控えめで、ほんのり赤ワインの香りがする黒豆に、クリームチーズのコクと酸味が加わり、とても美味しいデザートになります。
酒飲みで甘いものが苦手な私ですが、これはお酒が入った後のデザートとして、美味しくいただいています。

終わりに

いくつか書きましたが、おせち料理は少し工夫すると、がらっと趣が変わり、見た目も味も、とても美味しくいただけます。
ポイントは次のようなことでしょうか。

  • お重ではなく、大皿や、小鉢に盛り付けます。普段は棚の奥に眠っているような豪華な大皿や、小鉢、大ぶりの湯飲みセットが活躍します。
  • 温かいものは、きちんと温めて、それぞれ小鉢に、もしくは大皿にどーんと盛り付けましょう。
  • 安価な裏白、お正月用のバランやアルミカップなどを使い、ちょっとだけ丁寧に盛り付けましょう。
  • 余りがちな酢の物メニューのアレンジ・リメイクには、この時期疎遠になりがちな、葉物野菜を使って、生春巻きはいかがでしょうか。生春巻き&スイートチリソースの懐は深いです。
  • 黒豆は赤ワインで炊くと、おかずとしてはもちろん、デザートとしてもおいしくいただけます。

おせち料理、最後まで美味しくいただきましょう(´∀`)ノ

おせち料理特集
「おせち料理特集」はこちら

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, おせち料理

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.