作り置きメニュー

2018年3月19日の作り置き(12品)

更新日:

2018年3月19日の作り置き

やっと大根が買えましたーーーめちゃくちゃうれしいです。
1本税込194円なので例年よりまだ高めですが、200円切っているのを見て迷わず買いました。
ということで今年初のおでん&なますです。炒り高野にも大根入れました。もう大根づくしにしたかったですが、さすがに1本では足りなかったです。

東京では桜の開花宣言がありました。
週末は関西に行ってましたが、関西の桜は、まだつぼみが硬かったです。もう少しですね。

花豆にすっかりハマっています。
レシピの問い合わせも多くいただいています。ありがとうございます。現在書き起こし中ですので、しばらくお時間いただけますようお願いいたします。

おしながき
ひじきたっぷり炒り高野
・小松菜のナムル(大根の葉入り)
菜の花のおひたし
切干大根の煮物
五色なます
関西風おでん
たたきごぼう
・白花豆のそぼろ煮
・紫花豆のひたし豆風
・ミニトマトのマリネ
・ぶどう(冷凍します)
・鶏もも肉の漬け込み

主食は「最強飯」を炊きます。
今週もがんばりますー(´∀`)ノ

※一部レシピが追い付いていません。どうかご了承くださいませ。
※たくさんのコメントありがとうございます。ご返信は、お待たせして本当に申し訳ございません。今、ようやく2017年1月中旬~下旬頃にいただいたコメントへのご返信に取り掛かっています。まずい。返信が書けましたら、記載いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。

スポンサーリンク

今週買った食材と値段

計:2,935円(消費税8%換算込み)
【内訳(消費税8%換算込み)】
■野菜類・乾物・穀類
小松菜 1把 86円
大根 1本 194円
ごぼう 2本 216円
ミニトマト 1盛 216円
菜の花 1把 86円
ぶどう 1盛 378円
大豆もやし 800g 142円
れんこん 1節 84円

■肉・魚・豆製品・乳製品・調味料1
鶏もも肉 2枚 398円
鶏手羽先 約650g 453円
豚こま切れ肉 約150g 128円
板こんにゃく 1枚 59円
油揚げ 5枚 95円
厚揚げ 2個 84円
卵 10個 138円
納豆3パック×3個 178円

私の使っている食材の単価や考え方、持ち越し方法などは、こちらをご参照くださいませ。

使った食材と持ち越し

※調味料は含みません。

作り置き
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
小松菜 1把
大根 1本
ごぼう 1本
ミニトマト 1盛
菜の花 1把
ぶどう 1盛
れんこん 1節
しょうが 1片
にんじん 1本
切干大根 40g
干し椎茸 6枚
乾燥ひじき 30g
昆布 2枚
乾燥白花豆 1カップ
乾燥紫花豆 1カップ
高野豆腐 2個
鶏もも肉 2枚
鶏手羽先 約650g
板こんにゃく 1枚
徳用こんにゃく 450g
油揚げ 2枚
厚揚げ 2個
卵 6個

休日のおかず(もやし鍋)
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
大豆もやし 800g 豚こま切れ肉 約150g
朝とお弁当用
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
納豆3パック×3個
持ち越し
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
ごぼう 1本 卵 4個
油揚げ 3枚

作り置きでの使い方

※調味料は含みません

作ったもの 買い置き 買い足し
ひじきたっぷり炒り高野 乾燥ひじき 30g
高野豆腐 2個
干し椎茸 2枚
ごぼう 1/2本
にんじん 1/2本
大根 1/4本
板こんにゃく 1枚
鶏皮 2枚分
小松菜のナムル(大根の葉入り) 小松菜 1把
大根の葉 1本分
菜の花のおひたし 菜の花 1把
切干大根の煮物 切干大根 40g
にんじん 1/2本
油揚げ 1枚
五色なます 干し椎茸 4枚
にんじん 1/2本
大根 1/4本
れんこん 1節
油揚げ 1枚
関西風おでん 徳用こんにゃく 450g
昆布 2枚
大根 1/2本
鶏手羽先 約650g
卵 6個
厚揚げ 2個
たたきごぼう ごぼう 1本
白花豆のそぼろ煮 乾燥白花豆 1カップ 鶏もも肉(挽いて)1/3枚
紫花豆のひたし豆風 乾燥紫花豆 1カップ
ミニトマトのマリネ ミニトマト 1盛
ぶどう(冷凍します) ぶどう 1盛
鶏もも肉の漬け込み 鶏もも肉 1+2/3枚

作り置きの段取り・手順

■お困りごとの解決、もっと知りたいこと、きっとこちらにあります(´∀`)つ
コツ・ポイント 作り置きのコツ・ポイント
作り置きに関するQ&A
調理に関するQ&A
1週間の食事例
食中毒を防止するために 知識と実践
作り置きに関する失敗あれこれ
だしの取り方 だしの取り方&だしがらの活用法
保存方法と食材の在庫管理方法 冷蔵庫・冷凍庫の中身と収納について
買い物や家事を含めた1日の段取りなど 家族同居編
単身赴任編
いつも使用している調味料のご紹介 基礎調味料・和食編
洋・中・エスニック料理編
いつも使用している調理器具のご紹介 いつも使用している調理器具

今週はこうやって作りました。ご参考になれば幸いです。

※大まかな手順は、下ゆでするもの→きざむもの→煮込む・ゆでるもの→ひき肉を使うもの、です。が、週によって、いろいろですね。
※ワンルームのキッチンですので、下ごしらえが少しずつしかできません。洗い物は、ほぼ手順の都度行っています。
※火力は2口コンロのみ、電子レンジもオーブンもありませんので、3口コンロや、レンジやオーブンなどがあるご家庭では、さらにスピーディーにできるかもしれません。

【所要時間:約2時間20分】(豆類と干し椎茸は前日から水に浸けておきます)

前半(今回は約1時間10分)

  1. 紫花豆のひたし豆風を作りながら、小松菜+大根の葉、菜の花を順にゆでていきます。
  2. 関西風おでん用の大根、卵を下ゆでします。小松菜のナムル(大根の葉入り)、菜の花のおひたしを仕上げます。
  3. 油揚げ、厚揚げを油抜き、こんにゃくを下ゆでします。
  4. 切干大根の煮物を作ります。乾物を戻します。

後半(今回は約1時間10分)

  1. ごぼうを洗います。たたきごぼうひじきたっぷり炒り高野を作ります。
  2. 関西風おでんを作りながら、白花豆のそぼろ煮を作ります。
  3. ミニトマト、ぶどうを洗い、ぶどうは保存袋に入れ、ミニトマトのマリネを仕上げます。
  4. 鶏もも肉の漬け込みを作ります。

作った感想

久々のおでんは作るだけでもテンション↑↑です。が、久しぶり過ぎてそもそも材料の買い忘れ多過ぎですね。どこ行った竹輪ごぼ天はんぺんちくわぶ

お知らせ

この度、クックパッドTV LIVE配信 @cookpad_tv に出演させていただく運びとなりました。
初回配信は明日3月25日(日)お昼12時開始です。
今回は、「五色なます」と、そのアレンジ2品~生春巻きとツナサラダの計3品を、20分間でイチから作ってリアル完成するようですね(←他人事)。

料理のLIVE配信です。配信中リアルタイムにみなさまからメッセージを投稿いただくことができ、料理を作りながら、ご質問等に可能な限りすぐにお答えするようです。ってマジか。
今後は日曜日の12時ごろから出演予定です。

クックパッドTVアプリ(無料)ダウンロードにて視聴いただけます。アプリに掲載されている、緊張で固まっている写真は今日撮り直しに行きます(ノ∀`)
ぜひ応援いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめ食材、ツール
作り置きのおかずは、ジップロック コンテナーに収納しています。

とても優秀な容器で、冷凍から電子レンジまでOK、半透明で中身が見えること、パチンとフタが閉まること、食材を入れて重ねて冷蔵庫に収納できます。
使わない際は、容器、ふたをそれぞれ重ねてコンパクトに収納できるのも、とても嬉しいですね。

ボウルとして
狭いキッチンでは、ボウル代わりとして大活躍しています。
ワンルームのキッチンでも、写真のように角型を活用することで、何種類ものおかずを同時進行で作ることが出来ます。

青魚の下処理
あくを抜く
洗いやすく、においがつきにくいですので、青魚の下処理や、野菜のあく抜きなどにも大活躍しています。

ジップロック コンテナー、現在は2016年2月のリニューアル後のものも使っています。
割と評判はけちょんけちょんのようですが、私はかなり機嫌良く使っています。軽い、薄い、冷蔵庫内で無理なくコンパクトに積み重ね出来るので、旧型使用時よりもさらに冷蔵庫が広々としています。
私の使用している型は、「長方形 1100ml」「正方形 700ml」「長方形 300ml」です。

野菜室
野菜は、週末に、お気に入りの近所の安い青果店でたくさん買っておき、作り置きで余った分は、この「愛菜果」に入れて包み、野菜容器で保存しています。例えば、土曜日に購入したレタスが、次の週の金曜日くらいまでなら、みずみずしくいただけるので、本当に重宝しています。

「愛菜果」は、本当に生野菜が長持ちしますので、私はLサイズ3枚ほどに、いろいろな野菜を適当に詰めて、封の口だけ開かないように、ざっとまとめています。
野菜の余分な水分をよく拭き取ってから保存するのがコツです。

根菜類
根菜類も「愛菜果」に入れて、常温保存しています。玉ねぎやじゃがいも、里芋なども傷まず、とても長持ちしますので、特価日に購入して余っても安心です。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-作り置きメニュー

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.