2016年1月31日の作り置き(12品+ソース類)

公開日: : 最終更新日:2016/02/07 作り置きメニュー

2016年1月31日の作り置き

今週は、週末の土日、どちらも東京に居て、どちらも予定なく過ごすことが出来ました。
こんな週末は、約2か月弱ぶりでしょうか。

年が明けて1か月、やっと今年のペースがつかめそうです。
そして、やっと今年を迎えた気がします。

おしながき
鶏つくね(塩ダレ)
炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)
菜の花のおひたし
野菜たっぷり根菜汁
きゅうりの豆板醤漬け
キャロット・ラペ(玉ねぎみじん切り入り)
ひじきたっぷり炒り高野
・菜の花(酢味噌和え用)
・うるい&深谷ねぎ&油揚げ(酢味噌和え用)
速攻おひたし(さやいんげん)
セロリの浅漬け
タンドリーチキン(出来上がり予定:2/3頃)

写真にはありませんが、酢味噌があります。
主食は「最強飯」を炊きます。

今週もがんばりますー(´∀`)ノ

スポンサーリンク

今週買った食材と値段

計:2,440円(消費税8%換算込み)
【内訳(消費税8%換算込み)】
■野菜類・乾物・穀類
・菜の花2束 100円
・うるい1束 100円
・深谷ねぎ 10本 200円
・大根1本 80円
・きゅうり4本 120円
・セロリ1本 80円
・さやいんげん 100円
・しょうが2片 106円

■肉・魚・豆製品・乳製品・調味料
・鶏むね肉4枚 799円
・卵10個 203円
・豆乳1L 203円
・納豆4パック×3個 308円
・豆腐1丁 41円

私の使っている食材の単価や考え方、持ち越し方法などは、こちらをご参照くださいませ。

使った食材と持ち越し

※調味料は含みません

作り置き
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
きゅうり 4本
菜の花 2束
うるい 1束
深谷ねぎ 3+1/2本
大根 1/2本 
セロリ 1本
さやいんげん 15本
しょうが 1/2片
ごぼう 1本
にんじん 1本
玉ねぎ 1個
じゃがいも 3個
徳用こんにゃく 1/2枚
乾燥ひじき 30g
高野豆腐 1個
油揚げ 3枚
鶏むね肉 3枚
油揚げ 2枚
豆腐 1/2丁
休日のおかず(塩鍋・チゲ鍋)
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
深谷ねぎ 6+1/2本 鶏むね肉 1枚(皮なし)
豆腐 1/2丁
朝とお弁当用
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
納豆4パック×3個
豆乳 1L
持ち越し
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
大根 1/2本 卵 10個

作り置きでの使い方

※調味料は含みません

作ったもの 買い置き 買い足し
鶏つくね(塩ダレ) 深谷ねぎ 1/4本
鶏むね肉 1枚分(皮なし)
炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め) じゃがいも 3個 深谷ねぎ 1/4本
菜の花のおひたし 菜の花 1束
野菜たっぷり根菜汁 ごぼう 2/3本
にんじん 2/3本
油揚げ 1枚
大根 1/2本
鶏皮 1枚分
きゅうりの豆板醤漬け きゅうり 3本
キャロット・ラペ(玉ねぎみじん切り入り) にんじん 2本
玉ねぎ 1/2個
ひじきたっぷり炒り高野 ひじき 30g
にんじん 1/3本
ごぼう 1/3本
高野豆腐 2個
徳用こんにゃく 1/2枚
鶏皮 1枚分
菜の花(酢味噌和え用) 菜の花 1束
うるい&深谷ねぎ&油揚げ(酢味噌和え用) 油揚げ 2枚 うるい 1束
深川ネギ 3本
速攻おひたし(さやいんげん) さやいんげん 15本
セロリの浅漬け セロリ 1本
きゅうり 1本
タンドリーチキン ヨーグルト 150g
玉ねぎ 1/2個
鶏むね肉 2枚

作り置きの段取り・手順

今週はこうやって作りました。ご参考になれば幸いです。

作り置きに関するQ&Aは、こちらをご参照くださいませ。
冷凍庫・冷蔵庫を活用した、保存方法と食材の在庫管理方法は、こちらをご参照くださいませ。
■買い物や家事を含めた1日の段取りなどについては、家族同居編単身赴任編をご参照くださいませ。

※大まかな手順は、下ゆでするもの→きざむもの→煮込む・ゆでるもの→ひき肉を使うもの、です。が、週によって、いろいろですね。
※ワンルームのキッチンですので、下ごしらえが少しずつしかできません。洗い物は、ほぼ手順の都度行っています。
※火力は2口コンロのみ、電子レンジもオーブンもありませんので、3口コンロや、レンジやオーブンなどがあるご家庭では、さらにスピーディーにできるかもしれません。

【所要時間:約2時間00分】

1時間目

今日は肉、野菜からです。

  1. タンドリーチキンの肉の下処理をし、塩とレモン汁に漬けます。
  2. 高野豆腐、乾燥ひじきを戻します。
  3. 深谷ねぎ、うるい、菜の花、さやいんげんをゆでて刻みます。油揚げを湯通し、刻みます。
  4. 菜の花のおひたし速攻おひたし(さやいんげん)を作ります。
  5. タンドリーチキンを漬け汁に漬けます。
  6. きゅうりを切って、塩でもんでおきます。
  7. 炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)を作ります。
  8. きゅうりの豆板醤漬けを仕上げます。

2時間目

  1. 鶏肉をひきます。皮は細かく切ります。
  2. ひじきたっぷり炒り高野を作ります。野菜たっぷり根菜汁の根菜をゆでます。
  3. 鶏つくね(塩ダレ)を作ります。
  4. キャロット・ラペ(玉ねぎみじん切り入り)を作ります。
  5. セロリの浅漬けを作ります。
  6. 野菜たっぷり根菜汁を仕上げます。

作った感想

今回はペース良く進みました。根菜汁の根菜をゆでている間に、色々他のことをすると、いい感じで進めました。
でも、にんじんを千切りにするのは、やっぱり嫌いですね。今回は2本なのですぐに終わりましたが、とはいえ、10本くらい千切りにしていた時のトラウマがよみがえりますね……。

おすすめ食材、ツール
作り置きのおかずは、ジップロック コンテナーに収納しています。
とても優秀な容器で、冷凍から電子レンジまでOK、半透明で中身が見えること、パチンとフタが閉まること、食材を入れて重ねて冷蔵庫に収納できます。
使わない際は、容器、ふたをそれぞれ重ねてコンパクトに収納できるのも、とても嬉しいですね。

ボウルとして
狭いキッチンでは、ボウル代わりとして大活躍しています。
ワンルームのキッチンでも、写真のように角型を活用することで、何種類ものおかずを同時進行で作ることが出来ます。

青魚の下処理
あくを抜く
洗いやすく、においがつきにくいですので、青魚の下処理や、野菜のあく抜きなどにも大活躍しています。

ジップロック コンテナーは、「角型 大946ml」「ロング角型 特大1200ml」「ロング角型 特大 1890ml」「ロング角型 特大2400ml(関西の家のみ・廃版)」、そして最近仲間入りした「角型 小258ml」、それぞれ8~12個ほど持っています。

野菜室
野菜は、週末に、お気に入りの近所の安い青果店でたくさん買っておき、作り置きで余った分は、この「愛菜果」に入れて包み、野菜容器で保存しています。例えば、土曜日に購入したレタスが、次の週の金曜日くらいまでなら、みずみずしくいただけるので、本当に重宝しています。

「愛菜果」は、本当に生野菜が長持ちしますので、私はLサイズ3枚ほどに、いろいろな野菜を適当に詰めて、封の口だけ開かないように、ざっとまとめています。
野菜の余分な水分をよく拭き取ってから保存するのがコツです。

根菜類
根菜類も「愛菜果」に入れて、常温保存しています。玉ねぎやじゃがいも、里芋なども傷まず、とても長持ちしますので、特価日に購入して余っても安心です。

こちらのレシピもどうぞ

2017年2月5日の作り置き(12品)

2017年2月5日の作り置き(12品)

特に先週は日々色々なことが重なり、 従来比3倍くらいの濃さの毎日でした。 そのせいか

レシピをみる

2016年12月4日の作り置き(9品)

2016年12月4日の作り置き(9品)

えーと 下の娘が嫁ぐことになってですね。 そんなわけで、急遽関西に行って、 つまり

レシピをみる

2015年11月1日の作り置き(11品+ソース類)

2015年11月1日の作り置き(11品+ソース類)

今週末も関西に行っていました。 どうも先週あたりから、ひさびさに、「これが終わったら寝

レシピをみる

2015年3月1日の作り置き

2015年3月1日の作り置き

この週末は久々に関西へ行ってました。 音楽をやったり、子供と話したり、パートナーとメシ

レシピをみる

2014年12月7日の作り置き

2014年12月7日の作り置き

一気に寒くなりました。 魚がとても安価に手に入ったり、温かいものがよりいっそう美味しく

レシピをみる

2014年9月15日の作り置き

2014年9月15日の作り置き

今日は何だか照明が面白いことになっています。 今週は稼動日が4日で、明日は飲み会。

レシピをみる

2015年9月6日の作り置き(10品+ソース類)

2015年9月6日の作り置き(10品+ソース類)

先週は記事がまったく書けなくてごめんなさい。。。 なんか、あまり家にいませんでした……。

レシピをみる

2015年7月5日の作り置き(11品+ソース類)

2015年7月5日の作り置き(11品+ソース類)

今週は飲みの日が多いので、さっぱり・すっきり・野菜たっぷり、品数控えめです。 帰っ

レシピをみる

2015年8月16日の作り置き(10品+ソース類)

2015年8月16日の作り置き(10品+ソース類)

楽しい楽しい夏休みが終わりました。 今の仕事を始めてから一番長い夏休みでしたが、あっという

レシピをみる

2016年12月11日の作り置き(7品)

2016年12月11日の作り置き(7品)

キツいすね12月 会社関係の忘年会は今のところ6本 うち2本クリア でもあと2本増えそう

レシピをみる

Comment

  1. あらたま より:

    スガさん、こんにちは。
    連続のメッセージで失礼します・・・。

    今回初めて最強飯を炊きました!コレステキです!!
    もしかしたらオットは好きじゃないかなと思ったのですが、
    「おいしいね~!」とのことでした。
    今朝はヒジキたっぷり炒り高野を混ぜて、ムスメにはおにぎりに、
    オットにはそのまま出したところふたりともペロリ。
    私は初お弁当持参しました。
    スガさんを真似て、炒り高野と卯の花ほかで。
    感想は「うわ~おいしい!」です。
    大豆のふわっとした食感と玄米のプチプチした食感のコラボがたまりませんでした。
    そこで質問なのですが、1:1:1の比率はこちらがベストですか?
    大豆多め、麦多め、等だとどうなるんだろうとふと思いました。
    前回のメッセージと同じになりますが、
    栄養満点の食事を頂いていると思うだけでさらに健康になりそうです。

    そして、スガさんはもしかしておばあちゃまになられるのですか?
    おめでとうございます。
    ご長男は海外と書かれていた気がするのですが、現地での出産ですと
    いろいろ慣れないこともあるのかもしれないですね。

    私は7月末が予定日ですが、
    一人目が帝王切開だったのでふたりめも同様、7月中ごろに誕生予定です。

    スガさん、新しい楽しみが増えますね。
    妊婦さんでご覧になっている読者さんもたくさんおられると思います。
    これからも応援しています☆

    • スガ より:

      あらたまさん
      スガです(´∀`)ノ またまたとても素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます~!!(´∀`人) で、相変わらず返信差し上げるのが遅くなり、ごめんなさいです!!(´Д` )

      わぁ(´∀`*)
      最強飯、召し上がっていただいたんですね(´∀`人)
      しかも、みなさんで美味しく召し上がっていただけたとのこと、ほんま何よりです~ヽ(´∀`)ノ

      加えて、炒り高野と混ぜても、召し上がっていただいたとのこと。あれ、フフフな感じやと思います( ´艸`)
      あれ、レシピと文章だけみると、なんといいますか、「んーなんだか健康そう!でもなー」感があふれているんやと思うんです。
      けど口にすると、結構とりこになる方が多いんです。たとえば「玄米は苦手やけど、これはOK!」とかですね。

      そこで、ご質問いただいた「割合」のお話です。
      結論から申し上げますと、大豆が、麦+玄米の割合より多くならない限りをおすすめします。
      また、大豆抜きで、麦+玄米でも美味しいです。この場合は、麦:玄米を2:1まで試しまして、美味しくいただけました。つまり、玄米より麦の量を逆転、倍量になるくらいに多くしても、変わらず美味しくいただけたということです。

      もしかすると、「えー大豆好きなんで、大豆多いほうがいいと思うたのに?」と思われるかもしれません。
      実は、大豆かなり多めでも、美味しいです。大豆2:麦+玄米で1でもいいくらいです。私が大豆好きやからかもしれません。個人的にとてもかなり美味しいので、レシピのアレンジ欄でご紹介しようとも思いました。でも、色々調べてみてやめました。理由は次の通りです。

      大豆は主な栄養がたんぱく質ですので、主食にはならないんです。
      理由のひとつが、糖分が穀類の中でも少ないためです。なんとなくダイエットによさそうかもしれませんが、何より糖分が不足しますので、腹持ちは最悪ですし、次の食事であほほど食べてしまう恐れがあります。あほほど食べるくらいならえぇんですけど、体質によっては、脳や身体に糖分が行き渡らなくなったりしますし、それに、実はグラムあたりのカロリーが高いのです。

      ブラジルの主食は米と大豆といわれていますが、食事の量は日本人の4倍と言われています。ってソースは島耕作(社長やったか会長やったか)なんですが(ノ∀`)
      大豆と白米そして大量の肉、そして激甘のコーヒーを飲んで、でも豊満で美しいボッキュンボン体型を維持出来るのは、ブラジル人のDNAだからこそやと思うてます。日本人がやると、たぶん次回の健康診断で単に叱られるかもしれません(ノ∀`)

      ということで、最強飯の割合は、大豆が、麦+玄米の割合より多くならない限り、もしくは、麦+玄米でもOKです。その割合はテキトーOKです。水の量は同じです。

      あっ
      私、おばあちゃんには、ならないんです(まだ)(ノ∀`)
      誤解のある書き方をしてしまい恐縮です。
      「下の子と同じくらいの予定日」と書いてしまったのは、21年前に下の子がお腹にいた際の、という意味でした。

      でもなんでそんな中途半端な書き方になってしまったのかというのは、「お体にくれぐれも気を付けてくださいませ、私が下の子を産んだ年は」という、私の、ちょっと暗めな話を書きそうになって、だいぶデリートしたせいなんです。。

      ここまで書いてしまったので、書いちゃいますとですね、
      上の子がいて、下の子をまだ妊娠4か月くらいの時でしたでしょうか、なんしかまだ安定期やなかった頃、つまり21年前の1月、あの阪神・淡路大震災があったんです(ノ∀`)
      家は半壊やし、立ち入れるようになっても、まだ小さい上の子とバギーを背負って、自宅の9Fまで階段しか使えなく(ノ∀`)
      いやーもう毎日ちょくちょく「出る?やばい?」みたいなミョーなお腹の痛さでした(ノ∀`) でも婦人科なぞ開いてもなく、開いててもまぁお察しくださいな状況ですし、ましてや特段何かあったわけでもなく、しかもごっつい若い妊婦が行くのは、なぁんか気が引けましてですね(ノ∀`)
      よく無事に産まれて無事成人してくれたもんです(笑)

      あと、私の記事では濁していますが、うちの子たち、実は2人とも女の子です。
      「健康で大食いの大学生」という書き方をしていましたので、まるでデカい男の子たちが居てるように見えますね(ノ∀`) 小柄な女の子たちです。
      で、2人ともしっかり人生を謳歌してはるんで、私がおばあちゃんになるのは、実はもう時間の問題なのかもしれません……(ノ∀`)

      あらたまさん帝王切開さんとのこと、(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ です!
      今は医学もかなり進んでおり、昔ほど出産・産後はキツくないとは耳にしていますが、とはいえ出産ですので、どうぞご自愛なさってくださいませ。
      そして無事にお産まれになること、お祈り・応援しています(´∀`)ノ

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  2. りんご より:

    スガさん

    はじめまして。
    新米主婦、なのに生後4ヶ月男の子のママ(!)、りんごと申します。

    この春から、仕事を復帰します。
    自営業なので、いや、だからこそ、家庭のことが、特に食事が疎かになってしまわないかと、
    産休中から、こちらのブログを拝見していました。

    スガさんも、働くお母さん。
    単身赴任のご様子ですし、かなりお忙しそうですが、
    楽しみながら、でもきっちりされていて、素敵です、憧れます!

    そんな中、
    レシピの最後におすすめの食材やツールをご紹介いただいているのですが

    わがままながら
    それを、ひとつのページで見れたらな、と思います。

    特に、調味料、油、どれを購入したらいいのか
    いつもスーパーで迷います。
    (最強飯のため、乾物はネット購入してみました)

    ぜひ、ご検討いただき、ご紹介いただけると、うれしいです。

    • スガ より:

      りんごさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます~(´∀`人)

      あっ!
      おすすめ食材&ツールたちは、次のページでご紹介しています。リンクがわかりにくくてごめんなさい(´Д` ) 次回から、作り置き紹介ページからもリンクをはっておくようにしますね。

      ■いつも使用している調味料 ~基礎調味料・和食編~ http://mayukitchen.com/basic-seasoning/

      ■いつも使用している調味料 ~洋・中・エスニック料理編~ http://mayukitchen.com/western-chinese-ethnic/

      ■いつも使用している調理器具のご紹介 http://mayukitchen.com/introduction-of-cookware/

      調味料やツール等は、これらをご参照いただければ幸いです(´∀`)

      りんごさんは、新米主婦さん&生後4ヶ月男の子のママさんとのこと!
      きっと、目が回るような毎日ではないでしょうか(ノ∀`) いや、これからかな……(ノ∀`)

      この春からお仕事復帰されるんですね(´∀`)
      自営業をなさっているとのこと、あー確かに、りんごさんのご懸念、お気持ちわかるような気がします。
      私はずっとサラリーでして、仕事にまず時間と場所の制約があるんですが、いやーほんまそれが前提で良かったわぁ、と思うことがしょっちゅうでした(ノ∀`)

      昔、一時的に、家で仕事できる環境だったんですが、いやーこれが仕事しないんです私。それは、すれば良いだけなんで、まだいいんですが……
      問題は、仕事したら、切り替えを付けるのが大変でした。で、結局、すごく育児家事が疎かになるわこれ!と判断し、速攻で仕事環境は放棄したことがあります(ノ∀`)

      そんなこともあって、りんごさんのご懸念、なんか、わかるような気がするのです。
      そして、りんごさんの素晴らしいところは、お仕事復帰前から、きちんと懸念を認識されていて、どうにかしようと思ってらっしゃるところです!
      応援しています!!(´∀`)ノ

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年7月24日の作り置き(12品)
2017年7月24日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 暑うございました。 ちょっ

2017年7月17日の作り置き(11品)
2017年7月17日の作り置き(11品)

週末は岐阜県の下呂温泉に行ってました。 ものすごくいい宿でし

2017年7月8日の作り置き(14品)
2017年7月8日の作り置き(14品)

ちょっとこれから野暮用ですので、早めに仕込みました。 暑

2017年7月2日の作り置き(15品)
2017年7月2日の作り置き(15品)

個人的に怒涛の6月~7月ですが、新作をゴリゴリ開発中です。

2017年6月25日の作り置き(14品)
2017年6月25日の作り置き(14品)

梅雨まっさかりですが、新作をゴリゴリ開発中です。 # レシピ

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog